サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 女性向けコミック
  4. うた変。 超訳百人一首「うた恋い。」〈異聞〉 2

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

うた変。 超訳百人一首「うた恋い。」〈異聞〉 2
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/12
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:21cm/158p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-067000-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

うた変。 超訳百人一首「うた恋い。」〈異聞〉 2

著者 杉田 圭 (著),渡部 泰明 (監修)

うた変。 超訳百人一首「うた恋い。」〈異聞〉 2

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

【期間限定価格】超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2

540(税込)

【期間限定価格】超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2

ポイント :5pt / 紙の本より540おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「うた変。 超訳百人一首「うた恋い。」〈異聞〉 2」が含まれるセット商品

うた変。 2巻セット

うた変。 2巻セット

  • 杉田圭 著
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,10619pt
  • 発送可能日:1~3日

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

恋愛恋愛

2015/08/29 17:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐季 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔の人はすごいなっておもいました。とにかく恋ばっかりしています。恋しかしてない気すらしてきました。今の現代では考えられないです。最近和物がすきなので色々と背景とかきになります。
うた変。 2 超訳百人一首「うた恋い。」〈異聞〉
杉田 圭 (著)
登録日:2014/09/23

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/07 01:51

投稿元:ブクログ

うた変。第2弾。面白い解釈をされるなーと毎回感心して読んでる。本編に戻って読むとより楽しめる。今回も貞明様と綏子のふたりが可愛い。当子内親王と道雅もいい。

2014/10/09 00:28

投稿元:ブクログ

やっぱりこの人の作品は面白い、と思わざるを得ない。コメディなんだけれど、その中にその時代にありそうなところを織り込んでいく。流石である

やっぱり貞明と綏子のやりとりがほんと可愛い。いじり倒したくなる。可愛い。この二人が好きなだけでも読むべき。
ほんと可愛い。可愛い。可愛い。

2014/09/23 00:56

投稿元:ブクログ

いやあもう、ほっんとサイコーですね。どの話もきゅんとしたり笑い転げたり切なくなったり、素晴らしかった。本編も大好きだけど、うた変ならではのギャグ路線も良いです。著者がキャラクターたち皆に愛情たっぷりなのがよく分かる作品。これからも続編待ってます!

2014/10/12 14:06

投稿元:ブクログ

『うた恋い。』スピンオフ。
好き勝手描かれているようで、ちゃんと資料や本筋から離れていないので
本編とはまた更に違った新解釈、のように読めないでもない。
『うた恋い。』本編含め、また読めて良かった。

2014/09/24 20:34

投稿元:ブクログ

小野篁と比右子の初夜、貞明と綏子の愛情夫婦生活、清少納言の恋愛遍歴、藤原定家と式子内親王の一夜…などなど、抱腹絶倒のスピンオフ第2巻。

本編も面白いけどこの異聞もほんと面白くて好きだ~!
時代順になっていて、まず宗貞さんが普通に篁さんと話してるのにびっくりした! そうか、この二人同じ時代なのか…(笑) 宗貞・篁・吉子・比右子…とご縁が広がっていって中々興味深いコミュニティができました。
篁さんが意外に余裕なくって、求婚するまでに時間がかかった過程にきゅんと来てしまいました(笑)
それにしても篁さんってば割と強引に物事進めたみたいで、宗貞さんじゃなくてもちょっとハラハラしちゃいましたが。それだけ比右子さんのこと誰にも渡したくなかったってことで(笑)

しかしほんと貞明と綏子のエピソードは毎回秀逸過ぎる…!
貞明のツンデレっぷりと綏子の天然っぷりが見事にマッチした最強カップルだわ(笑)
綏子が馬になったり病気になったりしても、最後にはちゃんと素晴らしい台詞を言って下さる貞明さんほんと萌え。
特に病気になった時のデレっぷりがステキでした。

道隆と義孝+貴子の図が好きかもしれない(笑)
なんかこの三人、意外にいいトリオですよね!
義孝さんのアイフォンのカメラのシャッター音が「南無三!」なのに地味に笑いました。
それにしてもこの人本気で女の人落とそうとしたら、末恐ろしいですね(笑) 女たらしだったら業平さんよりもすごかったかもしれない(笑)

本編でまともだったら諾子の兄がまさかあんな面倒くさい人だったとは…!(笑)
しかしさすが行成ですね。一番上手くかわした!(笑)
ちょっとうざったいですけど、あんなお兄さんが傍に居てくれたら楽しそうではありますね(笑)

定家にお姉さんが居た!(笑)
お父さんと一緒でこれは気苦労が絶えない…(笑)
間に挟まれてる分お姉さんの方がもっと大変かも(笑)

それにしても全然ネタが尽きなくて、相変わらずの面白さ!
これからも続けていってほしいです。

2015/08/06 11:02

投稿元:ブクログ

うた恋い。本編の雅なイメージを一変させる、超スピンオフ四コマ第二弾!

今回も相変わらず様々なキャラのエピソードが散らばっていて面白かった。
ギャグに走ってはいるけど、何だかんだ恋愛色の強いエピソード多くて素晴らしい。個人的にはやっぱり貞明様と綏子のちょっとすれ違い気味なラブラブぶりが好きだなあ。メンタル強そうで弱い貞明様が可愛い。
後は小町と宗貞さんのなんちゃって兄妹が大好き。沈思するお兄さま大人げなさすぎる。

2015/04/30 16:41

投稿元:ブクログ

ひと、多いよね…。

図書館でとびとびに借りてるから
よくわかんなくなってきちゃったよ。
百人一首とか、『ちはやふる』でしか知らんしな。

ま それでも結構面白く読めるから良いけどさ。

2014/11/01 20:38

投稿元:ブクログ

スピンオフが、時に本編をバックリと食っちゃうほど面白いってのはお約束だが、この作品も例に漏れず
『うた恋い』は百人一首、その和歌の深さ、可笑しさ、悲しさ、様々な感情を含めた良さを語っているが、こちらの『うた変』は詠み手の性格、性質、変態性をこれでもかってくらい、オープンに描いていて、詠み手に同情混じりの親近感が湧くと共に、『うた恋い』を読み返す際に、それぞれが和歌に込めた想いを鮮やかに読みとれるようになれるだろう
ギャグ色が強いこちらを読むと、改めて思うが、杉田先生の絵柄は歴史系に合っている
その反面、話間の現代パロも、そのキャラの個性が反映されていて面白いな、とも思う
どの話も面白いが、私はくずしろ先生の『姫のためなら死ねる』が好きだからか、81pからの清少納言と、彼女の兄・致信(むねのぶ)のエピソードがお勧め
何はともあれ、時代が大きく開こうが、男と女の恋はいつでも前途多難ってトコは不変か

2014/10/10 21:00

投稿元:ブクログ

このうた恋い。で枕草子と源氏物語急に全部読みたくなりました。清少納言と藤原行成がどんな書かれ方してるのかとかが気になって仕方なくて。千年後まで恋仲なのか議論されるとは…
清少納言と藤原行成がいいコンビすぎて好きです。でも藤原義孝も好き。行成に負けず劣らず素晴らしい性格しているので。
主なエピソードごとに参考書を教えてほしい。(卒論のごとく。大変すぎて無理だと思うけど)撫子の君の面影とか。

壬生忠岑もかなり好きなのだけれど、手持ちの資料が少ない…。忠岑がどれくらい卑官だったのかがいまいちわからないのがちょっと不満。
わが魂を君が心に入れかへて思うとだにも知らせてしがな は知ってる和歌だったけれども、なにで読んで知っていたのかさっぱり思い出せない…
まあでも優れていれば「詠み人知らず」扱いにしても、卑官だとしても、ここまで資料が大量に残っているのは本当に素晴らしい。

2014/12/01 23:51

投稿元:ブクログ

ただのセルフパロディかと思いきや、あちらこちらに古典や史実を組み込んでいて、二重三重に楽しめます。史実の捉え方のセンスが素晴らしいんだ、と思います。

2014/09/23 16:13

投稿元:ブクログ

うた恋い4巻までのキャラ&サブキャラのお話。
どのお話も良いけど、中でも陽成院と綏子のエピソードにニヤニヤ。
ホントにこの二人いいなぁ。
p65では現代verで描かれていたので、この設定のお話も読みたい!
描いたりしないのかなぁと期待中。

表紙がつながっているのに今気づいた…伊勢さんの右にある手は当子ちゃんだよね??

2014/10/28 17:58

投稿元:ブクログ

ジョジョ官。ますますエロ本。杉田の描く手が好きです。筋肉も好きですが。貞明可愛い。
道雅とまさこちゃん好きなので新作読めて嬉しい。好きですよ!

2014/09/20 01:59

投稿元:ブクログ

うた恋本編のフルキャストによる短編番外編集。

文屋康秀のような友達がわたしもほしい。三人で川の字で寝るときも烏帽子は取らない、それが大人のマナー(?)なんですね。
香と藤子の妄想劇、多くの子どもが似たようなことやる(やってきた)よなぁ。笑えるしなつかしいし、癒されます。

2015/01/23 22:46

投稿元:ブクログ

スピンオフ的なの第2段。
本編読んだあとに読むと、また本編を読み直したくなる。
特に義孝さんは本編よりもいい味を出していて、ますます好きになった。
巻末の百人一首を見てみると、まだ描かれていないラブもたくさんあるので、本編もスピンオフも続編を期待したい。

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む