サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 新約とある魔術の禁書目録 11
新約とある魔術の禁書目録 11(電撃文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2014/10/10
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/273p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-866938-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

新約とある魔術の禁書目録 11 (電撃文庫)

著者 鎌池 和馬 (著)

「そういえば初めて『あの人』と出会ったのも、あの交差点だったかしら」食蜂操祈が初めて上条当麻と遭遇したのは、数多の魔道書を司る白いシスターが魔術の世界から逃げ出し空から降...

もっと見る

新約とある魔術の禁書目録 11 (電撃文庫)

594(税込)

新約 とある魔術の禁書目録(11)

594(税込)

新約 とある魔術の禁書目録(11)

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「新約とある魔術の禁書目録 11」が含まれるセット商品

新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫) 16巻セット(電撃文庫)

新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫) 16巻セット

商品説明

「そういえば初めて『あの人』と出会ったのも、あの交差点だったかしら」食蜂操祈が初めて上条当麻と遭遇したのは、数多の魔道書を司る白いシスターが魔術の世界から逃げ出し空から降ってくる、ずっと前のことだった。今でも、食蜂操祈は覚えている。ツンツン頭の少年との想い出を。はじめは、新手のナンパかと思った。ある時は、水着を見られた。ある時は、バッグで頭をぶん殴った。ある時は、間接キスを経験させられた。そして、最後に―。命を救われた。それは、彼女の人生の中でも、一、二を争う『幸せな時代』。精神系最強の能力者『心理掌握(メンタルアウト)』の、大切な『記憶』だった。食蜂操祈の過去を紐解く物語が、今始まる。【「BOOK」データベースの商品解説】

食蜂操祈が初めて上条当麻と遭遇したのは、白いシスターが空から降ってくる、ずっと前のことだった。それは、彼女の人生の中でも一、二を争う「幸せな時代」。精神系最強の能力者「心理掌握」の、大切な「記憶」だった…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

一冊まるまる食蜂操祈!

2015/11/09 14:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちうか食堂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一冊まるまる食蜂操祈の巻です。
超電磁砲の方ではお馴染みな彼女の過去の話が載っています。
超電磁砲のみの読者の方も、この巻だけ買って読むという読み方もいいんじゃないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/06 22:23

投稿元:ブクログ

読書環境が変わって、シリーズ物を追いかける程度しか出来なくなった。しかし、こういうのって図書館でなかなか順番が回ってこない(笑)
「とある魔術・・」は登場人物、伏線てんこ盛りだが、前巻までのオティヌス編のスケールが大きすぎて、これからどない書くつもりだと心配していたが、今回は食蜂メイン。御坂の中学でのライバルで、実はってのも今更なんだけど、強引に上条と過去を繋げてしまう。まぁ、むしろ「とある科学の・・」を期待してる僕としては、伏線としていいかな?(笑)

2014/10/13 13:27

投稿元:ブクログ

とある科学の運痴女王、読了。まさかの食蜂さんメイン。肉体派でもないのに頑張りました。表紙とか口絵とかバインバインじゃない中学生に違和感が。…言ってることが間違ってる気がしてきた(笑)コミック超電磁砲の方も含めて、さすがに超能力者ともなると修羅場をくぐり抜けてるのね。しかしこんなかたちで我らがヒーローと絡みがあったなんて。最近頑張ってる美琴の立場も少し危うくなってくるんじゃなかろうか。あ、図書館さんは座っててください。オティヌス関連で魔術寄りだった分今回は科学寄りだったけど、次はまた魔術と科学の世界大戦か?

2014/11/25 13:39

投稿元:ブクログ

このまま少女まんがにして欲しい内容。ここで書きたくなるようなことは、あとがきにありました。能力の機械化、量産化は、この作品のテーマのひとつなんですかね。

2014/10/29 13:19

投稿元:ブクログ

魔術サイドの話が続いていたけあって、科学サイドのみの話はとても新鮮だった。
第5位がメインヒロインでも、第3位は超えないだろ。と思っていたが、御坂美琴超えたな!
かわいさでいったら、食蜂操祈だな!

しかし、ヒーローはすごいな。どこにでもベストタイミングで現れるな。

2014/10/27 20:11

投稿元:ブクログ

精神的なバトルを繰り広げるので、精神的に疲れていて、人を疑ってしまうような心理状況である場合はあまり読むことをおすすめしないけど、やっぱり上条さんはかっこいい。ヒーローとしてシンボル化してしまっている。

2014/11/27 00:03

投稿元:ブクログ

第5位「心理掌握(メンタルアウト)」食蜂操祈の過去を紐解くお話、しかし彼女の過去にまで上条クン関わってるってどうなの?インデックスとも美琴とも出会う前だよね~

まぁヒーローだからね、でもって食蜂操祈ちゃんファンも増えるかな?そんなお話でした。

くだらないのだけど、もし自分が超能力使えるなら。能力をもらうとか覚醒するとか、なんでもいいのだけれど、断然「心理掌握」がいい!X-MENでいうならプロフェッサーの能力ね!アクセラとかレールガンとか全然欲しくない、強いていうならテレポートはちょっと魅力的かな?

テレパシスト最強です、ていうか俗な意見なので使い道は言いません、ご想像ください。

2015/03/31 00:12

投稿元:ブクログ

http://kawataka-giken.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/isbn4048669389.html

2015/05/29 23:14

投稿元:ブクログ

ここに来て食蜂操祈が主役という意外な展開。食蜂は美琴のライバル扱いで『超電磁砲』の登場人物というイメージだったが、上条さんと過去に繋がりがあったらしい。いや、何度かちょっかいを出していたけれども、この設定はどこまで後付なのだろうなあ。

2014/10/12 22:34

投稿元:ブクログ

うーん。つまらなくはないんだけど「面白い!」と言うほどでもない。最強の精神系能力者である食蜂さんがウニ頭と出会った時の記憶を元にして「実は自分の記憶が改ざんされているんじゃないか」というところから始まり、紆余曲折を経て結局ウニ頭がおいしいところをかっ攫っていったというそう言うお話。似たような話は、昔映画や海外小説で嫌と言うほど読んだので個人的には「ふーん」で終了。ただ「ラノベとして」「禁書ファンとして」なら、それなりに楽しめる内容。むしろ個人的には、たった一年でどんだけお胸が(以下略)

2015/03/12 23:23

投稿元:ブクログ

食蜂さんヒロイン力たけぇ!
こりゃ美琴さんの立場も危ういぞw
ヒロインから見た上条さんのかっこよさは異常ですわ。
今後も上条さんとのイチャつきが見たいけどなー。
幸薄いんっすよ。
しかし一年で成長しすぎだろ!

魔術全然出てこねぇ!

2014/10/12 09:44

投稿元:ブクログ

食蜂さんはどこで知り合ったのか前から知りたかったのでなかなかいいのですが、正直オティヌスが加わってからの上条さんの方がみたかったですね笑

2014/10/25 01:19

投稿元:ブクログ

まさかの食蜂さんメインの話。前回までとつながりが無さ過ぎて・・・。気楽に読めたけど。
このシリーズどうやったら終わるのだろう?

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む