サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

ケルトの封印 上(竹書房文庫)

ケルトの封印 上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

遺伝子組み換え作物に関する謎を巡って、世界各地での事件が徐々に一点に収束

2016/11/29 09:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭から激しい活劇でワクワク。そのまま遺伝子組み換え作物に関する謎を巡って、世界各地での事件が徐々に一点に収束し、その過程でギルド対シグマの戦いであることが明確になって来る展開は従来通り。やっと、古代の遺跡に辿り着いて、謎に行き着くかと思いきや、外的対策の罠に嵌ってなかなか謎に行き着けない展開は正に手に汗握るでした。今回、セイチャンは冒頭から登場してグレイを凌ぐ主役級の扱いである。徐々にその実態が明らかにされてくるに従って善玉に変身してくるのがちょっと不満。後半が宗教的(キリスト教的)説明がどうも長々としてるせいか、少々だれた感じでした。
それにしても、本シリーズの主役達は実に良く窮地に陥り、しかも結構大きな怪我をする。このままでいくと、2・3回でボロボロになって交代しなければならないのではと心配になって来る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/25 15:14

投稿元:ブクログ

初めての作家さんです。

ちょっと頭の中整理つかなくて、読み返したり時間かかりました。

でも、面白いです。

下巻楽しみ(^^♪

2014/06/01 22:55

投稿元:ブクログ

ケルトというワードに思わず反応して手に取った本作は、シグマフォースというシリーズの5作目。これまでの作品を全く知らずに読み始めたけど、前作までの知識が無いと読めない内容ではなくて安心。

中世アイルランドに発生した疫病。イタリアで発生した神父殺害事件。そしてアフリカはマリ共和国で発生した農場襲撃。それらがどのように関連してくるのかが気になる伝奇的ミステリ、という印象。

そうしたミステリアスな部分を期待していたので、海外ドラマ的な(?)アクション場面は個人的に蛇足気味。事件の確信を紐解いて行くシーンはとても面白いので、アクションシーンをばっさりカットして真相探索場面のみにしてコンパクトにまとめてくれた方がよかったかなー、というのが正直な感想です。

事件の真相も気になりますが、グレイソンとレイチェル、セイチャンの微妙な三角関係などの人間ドラマ部分もなかなか気にさせてくれる作品。最終的な印象は後編次第ではありますが、現状まではなかなか楽しめる内容になっていると思いました。

2014/06/15 12:24

投稿元:ブクログ

グレイソンは元恋人レイチェルの求めでイタリアへ向かい、モンクは遺伝子組み換えに関する聞き取り調査のため大学の研究室へ。そこで例によって事件に巻き込まれ……という展開。前振りとして出て来た中世アイルランドの国勢調査と現代アフリカでの虐殺事件がどう絡んでくるか。

2014/03/13 10:14

投稿元:ブクログ

とっても気になってるけど、全く読んだコトがないジェームズ・ロリンズ。。。

ジェームズ・ロリンズ〈シグマフォース〉シリーズ
http://www.takeshobo.co.jp/sp/sigmaforce/05.html

2014/10/06 00:09

投稿元:ブクログ

ジェームズ・ロリンズによるシグマフォースシリーズ第5弾の上巻。
アフリカで遺伝子操作トウモロコシを栽培していた研究施設が何者かに襲われた。同じ頃、イタリアではヴィゴーのもとを訪れた神父が何者かに殺され、ヴィゴーも生死の境をさまようことになる。
食糧と人類の増加問題をテーマの一つとし、そこに歴史的な要素や細菌戦の要素を付け加え、スケール感たっぷりに物語は展開する。
前作でとらわれの身となったセイチャンは体内に発信機を埋め込まれ、その活動を監視されることになった。こうしてグレイやレイチェルと行動をともにすることになるのだが、本作ではセイチャンの過去や内面の葛藤も描かれており、より生身のセイチャンに親近感が持てるようになっている。
一方、グレイとレイチェルも心を通わせていた一時期を取り戻すかのように寄り添い会いながらもそれ以上近寄れないというもどかしい関係が続いている。
こうした人間関係がスピード感溢れる物語の中でも描かれていて、緩急の付け方は絶妙だ。ギルドとの関係も含め、下巻での物語の行方もますます気になる。

2014/11/03 14:05

投稿元:ブクログ

「シグマフォース」シリーズの5巻目
最先端の科学知識と史実を元に構成され、謎を解きながらギルドとの戦いを描くアクションものです。
この巻は、シリーズを読んでいないと話に入り込めない部分が多いので初読を考える方はご注意。

http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4050.html

2016/07/03 17:27

投稿元:ブクログ

読者の期待に背かず(?)世界遺産破壊~そしてド直球な質問でセイチャンをうろたえさせるコワルスキは最強(笑)

8 件中 1 件~ 8 件を表示