サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ナミさんのレビュー一覧

ナミさんのレビュー一覧

投稿者:ナミ

751 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

紙の本首都感染

2016/11/26 10:20

良き意味での“サムライ”の話でした。

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

良き意味での“サムライ”の話でした。素晴らしいの一言。ただ、少々気になる点を挙げるなら、中国が悪者過ぎる(まあ、実際にそういう国なんだから仕方ないが)ことと、日本が格好良すぎるというか、現実にこんな“サムライ”がいないだろうというのが悲しい。
 確かに、新型インフルエンザのパンデミックを扱ったものではあるが、それに対する態度が正に毅然としており、理想的な“サムライ”の姿勢のように私には見えたのである。現実に、このような致死率が異常に高く、変異速度の早い(耐ワクチン型のウイルスが速やかに出現してくる)ウイルスがパンデミック(感染)を引き起こしたなら、このような既然とした政策を実行できる人物が複数いなければ日本は全滅してしまうだろうな。いやはや、怖い作品でしたが、毅然としたヒーローの格好よさと、それを取り巻く人間物語に感動させられました。
 高嶋哲夫の作品は、『ミッドナイトイーグル』(2003)で注目し、その後『M8』(2004)、『命の遺伝子』(2007)などかなり読んでいるが、ハズレのない秀作揃いでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本パラダイス・ロスト

2016/12/07 10:34

期待を裏切らない面白さでした。注目したいのは、3話「追跡」である。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

期待を裏切らない面白さでした。短編であるので要点が明確だし、読んでいても集中力の続く内に完結するのも良い。さて、シリーズ3として注目したいのは、3話「追跡」である。イギリスの新聞記者であるスパイが、D機関の“魔王”こと結城中佐の実体に迫るのだが、逆に結城中佐の罠に嵌ってスパイとしての自分の身分を暴かれてしまい、もっとというより最悪の事態として、これまで日本国内で作り上げてきたスパイ網(アセット=資産)情報まで奪われてしまう。多分、結城中佐の側では、彼が周囲を嗅ぎまわり始めた瞬間から彼を無力化すると同時にアセットの“乗っ取り”を画策したという筋書きと推測した。彼は、限り無く結城中佐の実体に肉迫したと思うのだが、それに目を奪われてもっと大きなゲームに敗れたと言ったところか。あのジョン・ル・カレが膨大な紙面を使って描き出す世界を短編で楽しませてくれるのだから堪らない。
 更にもう1作は4・5話「暗号名ケルベロス 前・後編」である。まず、珍しく120ページだから中編と言うべきことと、その内容である。要は、アメリカから日本へ向かう客船の中で、ドイツのエニグマ暗号の秘密を解き明かすため日本へ向かう英国情報部員とD機関の戦いが主題なのだが、そこへエニグマを盗むために忙殺された船員の妻が敵である英国情報部員を殺害するという横槍が入ると筋書きである。結局、D機関員の鋭い推理で犯人は捕まるのだが、その際、自決を覚悟した妻から“幼女”と“愛犬”を託されてしまう。存在しない存在であることを旨とするD機関員にとって、現実の存在である“幼女”と“愛犬”を託されるということは大変なことである。今後の展開が気になる。なお、本編では、欧州での第二次世界大戦が熾烈さを増しつつも、日米開戦はまだでアメリカも参戦していないという微妙な状況下で、大西洋航路と参戦国間の交流が途絶えている中で唯一残った交流路である太平洋航路の微妙な状況が描かれている点が興味深い。
 さて、この『ジョーカー・ゲーム』(2011)でスタートした短編集は、『ダブル・ジョーカー』(2014)で終わったと思っていたのだが、どうも好評につき [ジョーカーゲームシリーズ]として継続されるようである。既に4作目である『ラスト・ワルツ』(2015年1月、角川書店)が発刊されている。なお、ウィキペディアでは、本シリーズを「D機関シリーズ」と称しているので私もそれに倣うことにする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本闇に香る噓

2019/03/23 22:51

緻密な構成に裏打ちされた謎が謎を呼ぶ展開に脱帽です。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

緻密な構成に裏打ちされた謎が謎を呼ぶ展開に脱帽です。人格自体を特定することが困難な満州残留孤児(引き揚げ者も含む)を対象とし、更に謎を解明すべき主人公を視覚障害者とすることで、謎を更に根深いものとして描くことに成功している。周囲で起きている事象を的確に認識・判断することの困難さから、主人公がどんどん疑心暗鬼に陥っていく心理描写も凄い。そして全編を通じて貫かれる国を超え、家族愛すら超越した人間愛に感動でした。中国側からみたら何を日本を美化してるんだと言われそうですがね。こんな人達がもう少し沢山いれば戦争なんて亡くなるだろうになあ。いや、そんなことより単なる推理小説としても実に素晴らしい出来でした。流石、第60回(2014年)江戸川乱歩賞受賞です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

またも一気読みに近い面白さでした。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

またも一気読みに近い面白さでした。真賀田四季博士と西之園萌絵との不思議な緊張した面会場面の後、犀川博士と萌絵との奇妙なコンビのやりとりを経て、一気に不穏な殺人事件へ導入。あとは密室殺人事件を中心に謎解きだが、謎解き過程を科学的・哲学的議論でオブラートに包んで読者の推理する楽しみを最後まで残している。確かに、謎解きのヒントは各所にちりばめられてはいるのだが、決定的なヒントが見つからない。萌絵がかなり良い線までの謎解きを細目に出していくのに対して、主役の犀川博士は最後まで殆ど自分の推理を明かさないやり方はちょっと狡い気もするが、読者の推理する楽しみを最後まで残すという意味では仕方ないのかな。そして、最後で一気に謎が解き明かされるのだが、674:『笑わない数学者[3]』同様、真犯人がどうやら消えてしまうという謎めいた終わり方である。
<以下、蛇足>本作品の初出は1996年というから私がWin95を導入して、インターネットを始めた時期である。よって、PCに対してWS(ワークステーション)という言葉?機械?(笑)が出て来りして時代を感じさせる。その当時、VR(バーチャルリアリティ)は20年位先の技術として考えられていたが、天才科学者にとっては既に基本構想は描かれていたのであろう。本作品では、極めてリアルにVR装置が登場し、活用されているのである。先見の明に感服。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本フォックス・ストーン

2017/05/24 09:04

空間的広がりの大きさ、複雑に構成された壮大な謎に満ちた物語に魅了されました。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

空間的広がりの大きさ、複雑に構成された壮大な謎に満ちた物語に魅了されました。日本からアメリカへ、そして主要な舞台であるアフリカへと収斂していく物語は驚くべき謎に満ちている。我々が知る機会の少ないアフリカの紛争事情は実に興味深い。アフリカという地域事情を背景とする壮大な陰謀は緻密に計算された構成で、その謎解きも魅力である。初めの内は過去の人として語られるボブ・ショーニングが、物語が進むにつれて重要なピースとなりはじめ、最後にボブ・ショーニング=“ケープフォックス”=オコネル刑事という複数の存在としてパズルの最終ピースになる結末は見事である。ただ、「アフリカ人のためのアフリカ人による理想国家を作る」というボブ・ショーニングの一見正しい理想と、その実現のための方法論との齟齬が何時、何処から狂い始めたのかが気になりました。山岳関係を得意とすると誤解していた笹本稜平の初期の探偵?スパイ?陰謀活劇?として期待した作品でしたが、期待以上の面白さでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本絶叫

2017/05/24 08:52

壮絶の一言。

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

壮絶の一言。保険金連続殺人事件だが、そこに至る家庭の不幸、一度捕えられたら抜け出せない闇の社会の描写に圧倒される。主人公:鈴木陽子は憎むべき存在の筈なのに、何故か憎めない。陽子は、結局、完全犯罪を達成して別人として生まれ変わる。逃れられない宿命に囚われた一人の人間が社会の闇から抜け出して再生する、成功物語として読める為だろうか。犯罪は悪いことだと思いつつ、つい陽子に拍手したくなる結末でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本収容所から来た遺書

2016/11/26 10:33

感動しました。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

感動しました。前半は、むしろ淡々としたソ連での抑留生活の描写であり、ソ連の理不尽さや仲間を売ってでも自分は助かろうとする同じ日本人抑留者へのいきどおりを感じる程度であるが、後半になるとそのような逆境の中でも正義を信じて自分らしい生き方を貫き通した主人公・山本幡男の強さに涙を誘われる。そして、そうした生き方に賛同し、それを支えた同胞たちの努力にも敬意を表したい。山本幡男が呼びかけたアムール句会に集まった人々を観ると、優れた軍人は優れた文化人でもなければいけないとつくづく感じさせられる。さて、山本幡男なる人物像は下記のとおりであるが、むしろ共産主義思想家で、かつロシア文化にも造詣の深かった山本が、「反共」「反ソ」思想の持ち主として過酷な戦犯としての抑留生活を強いられたことに時代の矛盾・不幸を感じると同時に、ソ連型共産主義=スターリン体制の異常さを伺わせる。
 なお、著者である辺見 じゅんはむしろ歌人として有名な人らしいが、本書を読む限り綿密な取材を通じて素材を完全に消化し、それを再構成することにより物語性も兼ね備えた“ノンフィクション小説”に仕上げており、小説家としての実力もかなりのものとみえる。残念ながら、2011年9月21日に逝去している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本壬生義士伝 上

2016/11/22 11:02

感動でした。吉村貫一郎の一代記であると同時に新選組・戊辰戦争の歴史的記録でもある。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

感動でした。吉村貫一郎の一代記であると同時に新選組・戊辰戦争の歴史的記録でもある。
 物語は、南部藩を脱藩し新選組隊士として死んだ吉村貫一郎の過去を掘り起こすための取材形式で語られていく。取材対象者は当然新選組の生き残りを始めとする人々であり、大物では齋藤一(映画では佐藤浩一)が取材対象として登場する。登場人物は実在の人物ばかりであり、それが生存者の聞き書きという形で語られるため、歴史的事実であるかのように思えてくる。あまりに生々しいので、因みに後に東京府知事になる紀州藩士・三浦 安(1829年9月15日(文政12年8月18日)~1910(明治43)年12月11日)なる人物を検索してみたら、何と実在の人物であった。こうなるとその他の人物像に関しても非常に緻密な取材・資料確認をおこなってまとめ上げた作品のようである。武士の時代(徳川幕府体制)が終わったことを最も強く感じていたにも拘わらず、その体制の中でしか生きられなかったがために新選組に身を投じざるを得なかった吉村貫一郎の義と忠を貫き通した生き方に圧倒される。吉村貫一郎が鳥羽伏見の戦いで傷だらけになって京都の南部藩蔵屋敷に辿り着いたところから始まり、そこから時間をさかのぼって彼の生い立ち、脱藩、そして新選組での生き方が物語の大半を占めるが、吉村貫一郎が切腹して果てたあとは親友であった家老・大野次郎右衛門がどのような気持ちで彼に切腹を強いたかという謎解きと、吉村の家族と大野の息子との話が続く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本マギの聖骨 下

2016/11/10 12:02

シグマシリーズ2『ナチの亡霊』を読んでこれは凄いと初作に戻ったが、活劇ものとしてはこちらの方が面白かった。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シグマシリーズ2『ナチの亡霊』を読んでこれは凄いと初作に戻ったが、活劇ものとしてはこちらの方が面白かった。冒頭から激しいアクション・アクションで読者を引き付けながら様々な事件を超伝導エネルギーを巡る世界的陰謀に収斂させていく力量は並ではない。科学的理論に裏付けられた危機も説得力があり、ある意味では科学の勉強にもなる。ただ、キリスト教ではない私にとって、キリスト教的世界観に根差した歴史的物語は少々難解ではあるが謎解き的要素は十二分に面白い。本書でも、液体防弾スーツ、m状態の金、非対称的高スピン状態、マイスナー磁場(効果)、超伝導現象の数々など、高度な科学理論が駆使されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本マギの聖骨 上

2016/11/10 12:01

シグマシリーズ2『ナチの亡霊』を読んでこれは凄いと初作に戻ったが、活劇ものとしてはこちらの方が面白かった。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シグマシリーズ2『ナチの亡霊』を読んでこれは凄いと初作に戻ったが、活劇ものとしてはこちらの方が面白かった。冒頭から激しいアクション・アクションで読者を引き付けながら様々な事件を超伝導エネルギーを巡る世界的陰謀に収斂させていく力量は並ではない。科学的理論に裏付けられた危機も説得力があり、ある意味では科学の勉強にもなる。ただ、キリスト教ではない私にとって、キリスト教的世界観に根差した歴史的物語は少々難解ではあるが謎解き的要素は十二分に面白い。本書でも、液体防弾スーツ、m状態の金、非対称的高スピン状態、マイスナー磁場(効果)、超伝導現象の数々など、高度な科学理論が駆使されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本破滅の王

2020/10/27 21:48

歴史の闇を巧みに増幅した見事な作品。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

歴史の闇を巧みに増幅した見事な作品。特に前半部の論理的展開は類似の事実があったのではと思わせる現実的危機感をもって迫って来る。そして何故人類全体を破局に追い込む生物兵器“キング”開発にそれ程までに固執するのかの問いに「人類滅亡の危機を突きつけることで人類が団結して解決に向かうか尚且つ滅亡の道を進むかの選択を迫る為」との答えが返って来るに至って絶望感に襲われる。そして作品中ではごく一部の人々が自らの全てを投げ捨てて人類救済の道に突き進む。結末は、破局、ハッピーエンド、その中間の3つが考えられるが、本作では“キング”は撒布され膨大な死者が出るものの人類は生存し戦い続けているという中間案で終わる。ファンタジー色の強いSF系作家と思っていた著者が、こんな骨太な作品も書くとは驚きでした。蛇足乍ら、映画『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(1964年、英米、93分、監督:スタンリー・キューブリック、出演:ピーター・セラーズ、ジョージ・C・スコット、原作:ピーター・ブライアント=ピーター・ジョージ(ピーター・ブライアント・ジョージ)『破滅への二時間』(ハヤカワSF、1964年10月、早川書房)を思い出してしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本津波

2020/01/28 23:45

過去の類似最悪事故事例を参考にした地震・津波の被災描写の迫力が凄い。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

過去の類似最悪事故事例を参考にした地震・津波の被災描写の迫力が凄い。結果として、2011年3月11日の「東日本大震災」の状況を予測したような作品となっている。原発事故に関しても冷却水系のトラブルで危機に陥るという設定も3.11そのもの。まさしく「災害予告」小説の傑作ですね。経済活動を最優先に構築された現代社会の災害に対する脆弱性を見直し、必ずやってくる災害に速やかに対処し得る仕組みづくりの重要性を主張する著者の意図が良く伝わって来る。よって筋書や展開は単純だが、描かれる被災状況は十分に起きうるだけに背筋が寒くなる。しかし、作中で登場人物が言うように、人間はすぐに忘れる生き物であり、頭で理解してもそれが自分自身に降りかかって来るとは考えたくない生き物だとつくづく知らされる。2018年9月6日の北海道胆振東部地震で全道ブラックアウトになり大変な思いをしたのに、既にあれは「想定外だった」とか「もう2度と起こらないだろう」などと勝手に思い込んでいる自分が怖い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本氷雪の殺人 新装版

2019/08/26 22:20

本シリーズの特色である旅情ミステリーの枠を超えた重厚・骨太な作品でした。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本シリーズの特色である旅情ミステリーの枠を超えた重厚・骨太な作品でした。一見、自殺か事故死にしか思えない一民間人の死亡事故が、ひょんなことから徐々に大きな事件との関わりを伺わせる事態に発展していくのは常套手段としても、それを国際的な陰謀などと無制限に拡大せず、適度な範囲で巧みに処理してるのは好感が持てる。とは言え、自衛隊や国防のあり方に深く関わる終盤の展開は、単なるミステリー小説の枠を超えた重みを持っている。旅情ミステリーの場合、大概は人情話、怨恨関係などに収斂するのが多いが、本作の場合はそんな小さな枠を完全に超えた問題意識に立っていると言えよう。作者なりの現在の日本の置かれた立場、戦後日本の内部に蓄積された矛盾に対する懸念が作品に反映されたと思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ゼロの激震

2019/06/26 11:25

マグマの活発化とその動きを短時間に凝縮するとう大胆な設定が味噌。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マグマの活発化とその動きを短時間に凝縮するとう大胆な設定が味噌。題名から地震が主役かと思ったらその原因であるマグマの活性化であり、その誘因がバベルシステムかと思ったら、政府が秘密裡に進めたCCSシステムだったなど、捻りも十分に加えられている。原因と主役(マグマ)が明らかとなった中盤以降の迫力ある展開は流石です。但し、これ程の世界的規模の超災害では日本の存続自体が危うくなるのでその辺の対応の議論が無いことや、逆に香月の個人的暴走にしか見えない煽動工作が若干物語の展開に水を差した感じが否めない。とは言え、大胆な設定と、資料を駆使した展開は刺激的であり読み応え十分でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本閉鎖病棟 改版

2018/12/25 23:08

淡々とした展開の末、最後の20ページ位で一気に感動しました。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

淡々とした展開の末、最後の20ページ位で一気に感動しました。現役の精神科医でなければ書けない精神科病院の日常は、このように整然と描かれると特異な個性を持った人々のコミュニティとして違って見えて来る。不気味に見えていたものが微笑ましく見えて来るから不思議です。そしてその対極として、薬物中毒患者の重宗が徐々に暴虐の度を増してくるにつれて緊張感が増し、遂に起きるべくして事件は起こるのだが、その感動的な決着に「精神病患者」といった偏見的見方を問い直させる力強さを感じた。作品の大半は、淡々とした精神病院内の日常生活を描いた叙事詩的な内容だが、逆にそのフワフワ感の先の結末の強烈さに感動必至です。作者の温かい視点も嬉しい作品でした。流石、山本周五郎賞受賞作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

751 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。