サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/11/05 07:42

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
人間の固有性の喪失と死への恐怖という独自の視座から人類社会の秩序と時空史をあまねく渉猟・剔抉・解読し、〈女性〉〈土地〉〈貨幣〉という多産財が秩序のコードとして諸社会を基礎づけてきた歴史を博覧強記のデータをもとに暴きつつ、ポスト資本主義への展望を探る。

[ 目次 ]
第1章 生命のモノ(持ち=食べること;武器を持つ狩人;遊牧民と家畜の群れ;農民と種子 ほか)
第2章 モノの力(死者の像;土地国家;名前と身体;モノの力〈事の成行き〉;法による存在 ほか)
第3章 自己のために持つこと(《自己の死》;名前の生;名前、それは貨幣;三つの名前;交差と初夜権 ほか)
第4章 人間の固有性(生きること、それだけ;狩の形象;独占と首都;誰のために国家は動くのか ほか)

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

1 件中 1 件~ 1 件を表示