サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 法政大学出版局の紙の本一覧

“法政大学出版局”の紙の本一覧

“法政大学出版局”に関連する紙の本を3,826件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

社会的なものを組み直す アクターネットワーク理論入門 (叢書・ウニベルシタス)

社会的なものを組み直す アクターネットワーク理論入門 (叢書・ウニベルシタス) 新刊

  • ブリュノ・ラトゥール (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:5,832
  • 発売日:2019/01/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 技術社会論、情報論、経営学、地理学、人類学、哲学、アートなど、領域を超えて注目されるアクターネットワーク理論を、提唱者のひとりであるフランスの社会学者/人類学者ラトゥールが解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

    主体/客体あるいは人間/自然といった近代的世界認識を超え、脱中心的なネットワークとして社会を記述するアクターネットワーク理論。アーリ、ラッシュら多くの社会学者に...

ウォー・ギルト・プログラム GHQ情報教育政策の実像

ウォー・ギルト・プログラム GHQ情報教育政策の実像

  • 賀茂 道子 (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:5,616
  • 発売日:2018/08/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本人に太平洋戦争の真実を教え、戦争の有罪性を自覚させようとしたGHQの情報教育政策「ウォー・ギルト・プログラム」の成功と挫折とは。膨大な史料に基づいて、江藤淳らの従来の説に修正を迫り、その実像を明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

    占領期に連合国軍総司令部は、戦争の有罪性を日本人に認識させるための政策「ウォー・ギルト・プログラム」を実施した。のちに江藤淳らはこれを、侵...

スピノザ『エチカ』講義 批判と創造の思考のために

スピノザ『エチカ』講義 批判と創造の思考のために

  • 江川隆男 (著)
  • 税込価格:5,400
  • 発売日:2019/02/26
  • 近日発売:予約可
  • 誰もが知る『エチカ』は、その重要さと同じくらい難解さでも知られている。本書は、全五部のうち、多くの人が躓いてきた第一部と第二部をあとにまわし、第三部の経験論的な場面から出発することで、この稀代の書の読破を実現する。そこに立ち現れるのは、過去に蔵された古典作品である以上に、現代に生きる人々が生きる上での指針の書の姿にほかならない。強い推進力で一気に読ませる著者待望のスピノザ論!【商品解説】

幻想曲風に アドルノ音楽論集 (叢書・ウニベルシタス)

幻想曲風に アドルノ音楽論集 (叢書・ウニベルシタス)

  • Th.W.アドルノ (著)
  • 税込価格:4,320
  • 発売日:2018/12/10
  • 発送可能日:1~3日
  • テオドール・W・アドルノの20代から晩年に及ぶ音楽著作を収めた自伝的論集。ベートーヴェンからシュトックハウゼンに至るまでを、哲学・社会学理論と縦横無尽に絡めながら論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

    20代から晩年に及ぶ著作を収めた自伝的論集─―ここにいるのは、時にブリリアントな才知をきらめかせ、時に作曲家を目の前にしているかのように慟哭する、一人の人間である。それは「...

知覚の現象学 改装版 (叢書・ウニベルシタス)

知覚の現象学 改装版 (叢書・ウニベルシタス)

  • M.メルロ=ポンティ (著)
  • 税込価格:8,640
  • 発売日:2015/12/17
  • 発送可能日:7~21日
  • 近代哲学の2つの代表的な立場、主知主義=観念論と経験主義=実在論の両者を、心理学や精神病理学の提供する資料の解釈を通じて内在的に批判しつつ、身体=知覚野において具体的・人間的主体の再構築をめざす。【「TRC MARC」の商品解説】

    サルトルとならび戦後思想の根底に計り知れぬ影響をもたらした著者の記念碑的大著の全訳。近代哲学の二つの代表的な立場、主知主義=観念論と経験主義=実在...

スピノザ 力の存在論と生の哲学

スピノザ 力の存在論と生の哲学 新刊

  • 秋保 亘 (著)
  • 税込価格:3,888
  • 発売日:2019/01/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 「エチカ」はどこから現れたのか。スピノザの哲学を、「本質」「実在」「力能」「力」という諸概念に立脚する〈力の存在論〉として読み解き、〈生の肯定の哲学〉としてスピノザ哲学の総体を捉える。【「TRC MARC」の商品解説】

    スピノザの生を切実に貫いていた問いとは、いったい何だったのか──。みずからの名をもって一人称で語る最初期の著作『知性改善論』でその哲学的企てを開始したスピノザ...

イスラエルに関する十の神話 (サピエンティア)

イスラエルに関する十の神話 (サピエンティア)

  • イラン・パペ (著)
  • 税込価格:3,672
  • 発売日:2018/11/26
  • 発送可能日:24時間
  • パレスチナは民なき地ではなかったし、ユダヤ人は国なき民ではなかった…。イスラエル・パレスチナ問題に関わる、議論の余地がないと公的に表明されている神話に挑戦。中東現代史における欺瞞を暴き、共存の道を新たに描く。【「TRC MARC」の商品解説】

    パレスチナは民なき土地ではなかったし、ユダヤ人は土地なき民ではなかった。パレスチナは植民地化されたのであって、ユダヤ人がイスラエルを回...

変化の原理 問題の形成と解決 改装版 (HUPセレクション)

変化の原理 問題の形成と解決 改装版 (HUPセレクション)

  • ポール・ワツラウィック (著)
  • 税込価格:3,132
  • 発売日:2018/05/18
  • 発送可能日:1~3日
  • どのようにして人間の問題は生起し、持続し、また解決にいたるのか。人間の変化、そして企業や学校など社会システム一般の変化の原理を説き明かし、問題解決の可能性を照らし出す。家族療法の考え方の基礎を築いた重要書。【「TRC MARC」の商品解説】

    人をいかに変化させるか。どのようにして人間の問題は生起し、持続したりまた解決にいたるのか。変化の現象一般に焦点を当て従来見過ごされてきた...

ベラスケスのキリスト (叢書・ウニベルシタス)

ベラスケスのキリスト (叢書・ウニベルシタス)

  • M.de.ウナムーノ (著)
  • 税込価格:2,916
  • 発売日:2018/04/20
  • 発送可能日:1~3日
  • スペインの哲学者・詩人、ウナムーノの長篇詩作品の代表作。ベラスケスの絵画「十字架のキリスト」が喚び起こす観想を通じてスペイン精神の深層と人間の運命を歌い上げた89編からなる一大宗教詩。周到な注釈と解説を付す。【「TRC MARC」の商品解説】

    1920年に公刊されたウナムーノ長篇詩作品の代表作。ベラスケスのキリスト像が喚び起こす観想を通じてスペイン精神の深層と人間の運命を歌い...

承認をめぐる闘争 社会的コンフリクトの道徳的文法 増補版 (叢書・ウニベルシタス)

承認をめぐる闘争 社会的コンフリクトの道徳的文法 増補版 (叢書・ウニベルシタス)

  • アクセル・ホネット (著)
  • 評価3.5レビュー:2件
  • 税込価格:3,888
  • 発売日:2014/05/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 愛、法(権利)、尊重の初期ヘーゲルの承認形式を援用し、新たな批判理論の地平を目指す。第1版の刊行後に寄せられた反響に応えた「承認の根拠−批判的な反問にたいする応答」を収録した増補版。【「TRC MARC」の商品解説】

    現在の批判理論における最重要の課題である「承認」論の重要性を、決定的に位置づけた必読書。第一版の刊行後に寄せられた反響に原著者が応えた、増補「承認の根拠──批判...

パリの断頭台 七代にわたる死刑執行人サンソン家年代記 新装版

パリの断頭台 七代にわたる死刑執行人サンソン家年代記 新装版

  • バーバラ・レヴィ (著)
  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,808
  • 取扱開始日:2014/03/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 【米国推理作家協会賞】フランスの歴史と切っても切れない首切り人サンソン家。ギロチン以前に遡ってそのルーツを探り、フランス社会の変動を背後に、親子相継ぐ死刑執行人の一人一人の姿を、資料をもとに描く。見返しに家系図あり。【「TRC MARC」の商品解説】

無知な教師 知性の解放について (叢書・ウニベルシタス)

無知な教師 知性の解放について (叢書・ウニベルシタス)

  • ジャック・ランシエール (著)
  • 評価4.7レビュー:2件
  • 税込価格:2,916
  • 発行年月:2011.8
  • 発送可能日:7~21日
  • 現実の不平等に立ち向かう知性の主体となるために必要な学びの原理とは。19世紀の教師ジャコトがめざした革命的教育の教えをモデルに、不平等に基づく「侮蔑社会」と「愚鈍化」の泥沼から、今日の人間を解放する知性を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

原子論の可能性 近現代哲学における古代的思惟の反響

原子論の可能性 近現代哲学における古代的思惟の反響

  • 田上孝一 (編)
  • 税込価格:5,940
  • 発売日:2018/11/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 原子論とはどのようなものであり、それは現代においていかなる理論的意義を有するのか。古代から現代まで原子論を論じた主要な論者や、原子論をめぐる重要な論点を取上げた研究論文を集成し探求する。【「TRC MARC」の商品解説】

    原子論とは、世界がそれ以上分割できない最小単位、原子(アトム)から構成されているとする説である。古代ギリシアのデモクリトスらに始まり、エピクロスやルクレティ...

鋳物 (ものと人間の文化史)

鋳物 (ものと人間の文化史)

  • 中江秀雄 (著)
  • 税込価格:3,024
  • 発売日:2018/11/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 銅鐸や鏡から、仏像、武器、貨幣、自動車、ジェット機エンジンまで。古来からさまざまな用途で人間活動を支えてきた金属鋳物。長年、鋳造工学に携わってきた著者が、金属鋳物の技術史を、燃料や炉の推移に焦点を当て解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

    銅鐸や鏡、梵鐘や仏像、武器、酒器、貨幣から鉄砲・大砲、橋梁、さらに自動車やジェット機エンジンまで──。古来から現在にわたり、さまざま...

島の地理学 小さな島々の島嶼性

島の地理学 小さな島々の島嶼性

  • スティーヴン・A.ロイル (著)
  • 税込価格:4,752
  • 発売日:2018/08/27
  • 発送可能日:1~3日
  • 地球のあらゆる海域に分布する、多様な島々。遠隔性、狭小性などの制約に光を当て、島ならではの自然と人間社会との関わりを、自然地理学と人文地理学の視点から描き出す。移民の政治、ツーリズムの問題なども取り上げる。【「TRC MARC」の商品解説】

    地球のあらゆる海域に、規模も経済状況もさまざまに分布する幾千もの島々。それらがもつ遠隔性、狭小性、隔絶性、周辺性といった「島嶼性」ゆえの...

始まりの知 ファノンの臨床 (サピエンティア)

始まりの知 ファノンの臨床 (サピエンティア)

  • 冨山 一郎 (著)
  • 税込価格:3,240
  • 発売日:2018/06/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 不審者、異常者、テロリストに見える−。問答無用の断言により、無力感とともに言葉が停止する先には、暴力が待機している。そんな状況を「尋問空間」とよび、沖縄の問題も含めて、精神科医ファノンの臨床を手がかりに論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

    暴力が日常を支配し、なにを言っても無駄という圧倒的な受動性のなかで、言葉はどんな可能性を持つのだろうか。「話すとは、断固として他人に...

思索日記 新装版 1 1950−1953 (叢書・ウニベルシタス)

思索日記 新装版 1 1950−1953 (叢書・ウニベルシタス)

  • ハンナ・アーレント (著)
  • 税込価格:6,696
  • 発売日:2017/05/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 全体主義との闘争の過程で敢行した西洋政治哲学の伝統との対決を核として、活動的生活と観想的生活を包含する独自の思考の生成を記録する。アーレント理解に不可欠の第一級資料。【「TRC MARC」の商品解説】

    全体主義との闘争の過程で敢行された西洋政治哲学の伝統との対決の貴重な記録。現在の出来事に関する証言でもあり、アーレント理解にも不可欠の第一級資料。【商品解説】

二人称的観点の倫理学 道徳・尊敬・責任 (叢書・ウニベルシタス)

二人称的観点の倫理学 道徳・尊敬・責任 (叢書・ウニベルシタス)

  • スティーヴン・ダーウォル (著)
  • 税込価格:4,968
  • 発売日:2017/03/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 人はなぜ道徳的に正しいことを行い、不正なことを避けるべきなのか? 道徳的義務が本質的に相互人格的な性格をもつという「二人称的観点」を明確に導入し、尊敬にもとづく義務や責任の倫理学を構築しようとする問題提起の書。【「TRC MARC」の商品解説】

    人はなぜ、道徳的に正しいことを行い、不正なことを避けるべきなのか? 道徳的義務が本質的に相互人格的な性格をもつという「二人称的観点」...

ライプニッツのデカルト批判 下 (叢書・ウニベルシタス)

ライプニッツのデカルト批判 下 (叢書・ウニベルシタス)

  • イヴォン・ベラヴァル (著)
  • 税込価格:4,320
  • 発売日:2015/12/24
  • 発送可能日:1~3日
  • デカルトとライプニッツという2人の哲学的天才の思索の原理を分析・比較し、その差異と対立点を徹底して内在的に読み解くことで、17世紀西洋の科学的方法と新しい世界観を浮き彫りにする。下は、第3部・結論等を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    二人の天才の思想的交錯を精密かつ総合的に分析した、1960年刊行の古典的研究、邦訳完結。下巻には第三部「世界観」を構成する「第六章 自然...

聖と俗 宗教的なるものの本質について 新装版 (叢書・ウニベルシタス)

聖と俗 宗教的なるものの本質について 新装版 (叢書・ウニベルシタス)

  • ミルチャ・エリアーデ (著)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:3,132
  • 取扱開始日:2014/01/17
  • 発送可能日:1~3日
  • ルードルフ・オットー以来の宗教学の基本概念である「聖なるもの」の現象形態全般とそのなかに生きる人間の状況とを叙述し、現代社会に代表される俗なる世界との対比により、宗教的人間のあり方を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

ライプニッツのデカルト批判 上 (叢書・ウニベルシタス)

ライプニッツのデカルト批判 上 (叢書・ウニベルシタス)

  • イヴォン・ベラヴァル (著)
  • 税込価格:6,480
  • 発行年月:2011.12
  • 発送可能日:1~3日
  • デカルトとライプニッツという2人の哲学的天才の思索の原理を分析・比較し、その差異と対立点を徹底して内在的に読み解くことで、17世紀西洋の科学的方法と新しい世界観を浮き彫りにする。上は、第1部・第2部を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

帝国と経済発展 途上国世界の興亡 (サピエンティア)

帝国と経済発展 途上国世界の興亡 (サピエンティア)

  • アリス・H.アムスデン (著)
  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:3,024
  • 発行年月:2011.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦後アメリカ帝国のもとでの繁栄の時代は終わりを告げ、世界は貧困と衰退の時代に突入した。その歴史的過程を、米国および途上国の開発戦略を軸に検討する。【「TRC MARC」の商品解説】

脳と心の神秘

脳と心の神秘

  • ワイルダー・ペンフィールド (著)
  • 税込価格:2,376
  • 発行年月:2011.9
  • 発送可能日:1~3日
  • 脳外科の世界的権威が、豊富な臨床医学的経験に基づき、脳の仕組みと心の営みの神秘的なかかわりを解き明かす。「人間の心とは何か」という人類創始以来の根源的謎に迫る。〔「脳と心の正体」(1987年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

文化史とは何か 増補改訂版

文化史とは何か 増補改訂版

  • ピーター・バーク (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,024
  • 発行年月:2010.1
  • 発送可能日:1~3日
  • 英語圏、ヨーロッパ大陸およびアジア、南北アメリカなどの世界的規模で展開する文化史研究を網羅し、研究に関する過去・現在・未来を論じる。文化史研究と視覚文化論、また新たな研究の潮流に関する章を加えた増補改訂版。【「TRC MARC」の商品解説】

解決志向の言語学 言葉はもともと魔法だった (りぶらりあ選書)

解決志向の言語学 言葉はもともと魔法だった (りぶらりあ選書)

  • スティーヴ・ド・シェイザー (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:4,968
  • 発行年月:2000.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 心理療法においてクライアントが告げる「言葉」の深層は探る必要がないとする立場から、クライアントが語る「問題」とセラピストが引き出す「解決」の物語りの関係を通して新たな言語学を構想する。【「TRC MARC」の商品解説】

支配と抵抗の映像文化 西洋中心主義と他者を考える (サピエンティア)

支配と抵抗の映像文化 西洋中心主義と他者を考える (サピエンティア) 新刊

  • エラ・ショハット (著)
  • 税込価格:6,372
  • 発売日:2019/01/26
  • 発送可能日:24時間
  • スクリーンで非西洋はいかに表象されたのか。ハリウッド映画の人種や階級、ジェンダーの描き方を問い、オルタナティヴな可能性を探った、ポストコロニアル映画論。【「TRC MARC」の商品解説】

    ハリウッド映画の西部劇、ミュージカル、帝国映画の各ジャンルについて、人種的な配役や植民地主義言説、ジェンダーといった文化表象の問題を考察。人種主義を批判するだけでなく、芸術的・文化的・政治的...

鉢植えと人間

鉢植えと人間

  • 田嶋 リサ (著)
  • 税込価格:4,752
  • 発売日:2018/12/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 古今東西、人間の暮らしは鉢植えとともにあった−。アドニスの園の神話から、中東世界の織物文様、絵画や映画作品のなかの鉢植えの機能、オフィスの観葉植物まで。身近な植物栽培の歴史を振り返り、その意味を読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

    古今東西、人間の暮らしは鉢植えとともにあった。アドニスの園の神話から、中世・近世の文人文化における盆山図像、中東世界の織物文様、西洋近代化...

多文化主義のゆくえ 国際化をめぐる苦闘 (サピエンティア)

多文化主義のゆくえ 国際化をめぐる苦闘 (サピエンティア)

  • ウィル・キムリッカ (著)
  • 税込価格:5,184
  • 発売日:2018/12/10
  • 発送可能日:1~3日
  • マイノリティの権利はグローバル化できるのか? 移民、先住民族、少数民族の権利をいかに保障するのか。リベラル多文化主義の思想や制度の国際化を進める際のさまざまな問題について論じ、将来的な展望を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

    リベラル多文化主義の理論家として世界的に著名な政治哲学者が、国際法や国際政治学の知見を活用しつつ、多文化主義の普及をめざす1990年代以降の国際社...

存在感をめぐる冒険 批判理論の思想史ノート

存在感をめぐる冒険 批判理論の思想史ノート

  • 大熊 昭信 (著)
  • 税込価格:5,400
  • 発売日:2018/11/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 〈今ここに私がいる〉という実感である存在感とは、どのようなメカニズムで生成し、複雑で重層的な人生の意味と美をなしているのか。現代思想の主題を縦横に論じ、「生きること自体」の愉悦のありかを探索する。【「TRC MARC」の商品解説】

    存在感とは、〈今ここに私がいる〉という、否定することも手放すこともできない実感である。この一見あたりまえで常識的な経験は、どのようなメカニズムで生...

バロックの音楽世界 テキスト、図像による新たな体験

バロックの音楽世界 テキスト、図像による新たな体験

  • ベルンハルト・モールバッハ (著)
  • 税込価格:9,936
  • 発売日:2018/10/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 宮廷・教会文化に根ざし、各国・都市で独自の発展を遂げたバロック音楽の全貌を、女性音楽家、新大陸の音楽家にも光を当てて明らかにする。多数の楽譜・カラー資料等を収録したCD−ROM付き。「音楽世界」3部作の完結篇。【「TRC MARC」の商品解説】

    その語源に否定的評価を隠し持つ「バロック」時代の音楽は、ルソーが述べたように混乱した、不自然なものだったのだろうか。当時を代表する理...
検索結果 3,826 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。