サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

早死にしたくなければ、タバコはやめないほうがいい(竹書房新書)

早死にしたくなければ、タバコはやめないほうがいい みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/09/23 17:24

投稿元:ブクログ

 著者自身はタバコを吸わないのに、「タバコという文化は人類にとって大切だと思っている」という度量の広い姿勢に貫かれていて好感が持てる。
 喫煙者率は1968年をピークに減少し続けているのに、肺ガン死亡者数は逆に増え続けてるというデータを示し、タバコを吸うと肺ガンになるという根拠となった1981年の「平山論文」の欺瞞性が明らかにされる。その後、この論文の問題点が指摘されるようになると、厚生省が「データ隠し」を行い始めたという驚くべき事実も、当時「21世紀のタバコ対策検討会」審議員であった評論家山崎正和氏の証言から明らかにされる。さらに喫煙と肺ガンの因果関係が薄弱になり、禁煙自体が個人の権利の侵害にもつながりかねないとなると、今度は「公共の福祉」を盾に「副流煙の害」を持ち出す。こうした姑息なやり方が如実に反映されているのは、タバコに表示されている注意書きが、いつの間にか「喫煙は、あなたにとって心筋梗塞の危険性を高めます」と変わったことだ。
 このようにして、政府主導の誤った禁煙運動が進み、マスコミも無批判なまま乗っかることによって「禁煙ファシズム」「現代版魔女狩り」が広がった経緯が明らかにされる。
 著者は、「タバコは人類の大切な宝」としてその多様な価値についても言及しているが、一方でタバコの吸いすぎはCOPD(慢性閉塞性肺疾患)をもたらすと注意を促すことも忘れていない。
 さらに、終章では、「タバコを吸っても健康だというお手本になって欲しい」と、喫煙者に対して健康法を指南までしていて、著者の優しさは極まっている。
 私は死ぬまでタバコを手放すつもりはなかったが、この著書により、自信は確信へと変わり、「タバコを燻らせながら、健康で知的で穏やかに過ごし、大往生を目指そう」という大きな希望も生まれた。

1 件中 1 件~ 1 件を表示