サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

儲けたいなら科学なんじゃないの?(朝日文庫)

儲けたいなら科学なんじゃないの? みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/01/12 06:11

投稿元:ブクログ

発展を続ける科学に対する勉強の必要性を意識させてくれる本。

常識の鵜呑み、疑問を持たないことによる思考停止のリスク。現在ある科学、技術要素の5年、10年先をイメージしながら、要否を考える。科学技術の裾野は広い。継続的に学習する。

2015/02/20 16:08

投稿元:ブクログ

理系向けの読書ガイドとして読んだ。堀江氏と成毛氏の対話はそれはそれで読んだけど、当方には現実感が乏しい。

2015/01/03 22:45

投稿元:ブクログ

2014年12月30日が初版の本書、単にタイトルが気になったので買って読んでみた。

一流と言われる人は、やっぱりインプットの量と、得た知識を用いた考察が深い。

更に、理系・文系の区別なんかなく(寧ろナンセンスとまで言える)必要ならドンドン学び、考え、応用していってる。

創意工夫をしながら、実際に何かを「して」いる。ある意味でこの本にも刺激を受けた。
モチベーションを上げるのと、新しい発見があるという意味で、この本はオススメできる。

2016/01/04 23:15

投稿元:ブクログ

各テーマの最新技術について、成毛さんとホリエモンが討論する形で話が展開されていく。ホリエモンの知識量が半端ない。本書を読むことで、さらに科学技術の知見をつけていきたくなる。

2016/01/04 03:47

投稿元:ブクログ

専門用語のオンパレードで詳しい事はもちろんわからなかったが、読み物として面白かった。自分は理系出身だが改めて科学の可能性を感じた。

それにしても著者二人の知識・教養の広さがバケモノ染みている(笑)

5 件中 1 件~ 5 件を表示