サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/11/10 17:26

投稿元:ブクログ

「イミテーション・ゲーム」を観て、チューリングのことや暗号について知りたくなったので。
上巻は幼少期からエニグマ解読に挑むまで。
アランとジョーンの関係は憧れるなあ。

2015/07/31 22:53

投稿元:ブクログ

アラン・チューリング。
コンピュータ科学の父とも、人工知能の父とも言われる。
第二次大戦時、ドイツ軍の暗号「エニグマ」の解読に関わり、成功を収めたが、その業績は長く秘密にされた。チューリングマシンやチューリングテストなど、コンピュータ科学や人工知能の萌芽となる概念を考え出すとともに、生物の形態形成や数理生物学にも興味を示し、学問の境界を越えていく稀有な知性の持ち主だったと言えるだろう。
1952年、自宅に泥棒が入ったことをきっかけに、当時の英国では許されぬ性癖、すなわち同性愛の事実が明るみに出る。チューリングは拘束か薬剤療法かどちらかを選ぶよう促され、その頃、同性愛の「矯正」に効果があるとされていた女性ホルモン療法を受けることを選択する。
このことが精神状態によくない影響を及ぼしたのかどうかは定かでないが、1954年、彼は自宅で死亡しているのを発見される。死因は青酸中毒。ベッド脇には囓り掛けのリンゴがあった。かつて彼は「白雪姫」の映画を見た際に、毒リンゴで倒れる場面に感銘を受けたとされており、このシーンを真似たとも言われる。いずれにしろ、自殺というのが定説だが、彼の母や友人は事故だと信じていた。

昨年、このチューリングの映画(「イミテーションゲーム」)が公開されたが、本書はその「原作」と言われている本である。
最初の版は1983年に出版されているが、その後、何度か版を改め、本書は映画公開に合わせて改定・改稿されたものを底本としている。ホッジスによるチューリング評伝の和訳としては最初のものである。2015年2月に上巻が出ているが、下巻は8月31日刊行予定である。上巻はチューリングがエニグマ解読に取り組むあたりまでで終わっている。

映画は映画でよく出来た作品だったのだが、上巻を読み終えて、よくこの原作からあの映画を組み立てたな、というところにまずは感心する。チューリングの変人ぶり、秘められた「ロマンス」、国家による陰謀などがテンポよく配された、ある意味、非常にわかりやすいストーリーとなっていたからだ。
本書の趣はいささか異なる。静かで、複雑で、さほどわかりやすくない。稀代の天才であるチューリングの内面へと、温かく、しかし鋭く迫っていく評伝である。
著者は数理物理学者であるとともに、ゲイ解放運動の活動家でもある。チューリングを描くのに、まさにうってつけの人物と言えるだろう。
ある箇所ではチューリングマシンの概念やエニグマの構造について解説し、ある箇所では社交的とは言い難いチューリングの、同僚たちとのぎこちない交流を描き、ある箇所ではバーナード・ショーの戯曲やホイットマンの詩を語る。
こんな離れ業は誰にでも出来るものではないだろう。
だがこの多層さが、チューリングの人格の多様さに分け入っていく一助となっている。
数学に長け、生物の中のフィボナッチ数の存在に惹かれ、強靱な肉体を持ち、しかしどこか不器用であった、1人の孤独な天才の。

この本はおそらく、読む人を選ぶ。
自分もこの本に非常に適した人物とは言えないだろう。
しかしそれでも、謎に満ちた知性��どのような道をたどり、偉大な業績を生み出したのか、天才の人となりを感じ、何某かを思い浮かべることは可能である。

不思議な本だ。
下巻刊行を待つ。

2015/05/16 08:16

投稿元:ブクログ

オバマによる英国議会の演説で、世界の科学に貢献した3人のイギリス出身の偉人として、ニュートン、ダーウィン、チューリングをあげたという。はたして僕たちは、彼なくしてコンピュータの開発はありえなかったという、この人のことをどこまで知っているのか? 内容は難解です。ながら読みでこの本に立ち向かえば、撃破されるのは必至。

2016/03/14 09:33

投稿元:ブクログ

コンピュータ科学の基礎を創ったチューリングの伝記
映画イミテーション・ゲームの原作本、下巻もあります
【OPACへのリンク】
https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=175200

2015/07/21 14:15

投稿元:ブクログ

現代社会に必要不可欠なコンピューター。その元となる理論を作った人をご存知ですか?身近過ぎるモノの歴史を知ると、自分の生活の見方が変わるかもしれません。映画「イミテーション・ゲーム」

OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB02250734&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

5 件中 1 件~ 5 件を表示