1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. ジュンク堂
  4. MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店

店舗詳細

ジュンク堂 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店

My店舗に登録

My店舗に登録頂くと、当店のお得なクーポン付きメールなどが受け取れます。

ジュンク堂 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店

店舗の情報を携帯でチェックする

メールでURLを送る

ジュンク堂 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店

モバイル端末では先のQRコードからもアクセスできます。

住所 〒530-0013
大阪府大阪市北区茶屋町7-20 チャスカ茶屋町 地下1階~7階
電話番号

06-6292-7383

営業時間

10:00~22:00

定休日

10月無休
11月無休

取扱商品
  • 和書
  • 洋書
  • コミック

取扱サービス
  • hontoポイント200円で1ポイント
  • 店舗お受け取り

アクセス方法

阪急梅田駅茶屋町口 徒歩3分
JR大阪駅 徒歩7分

店舗地図

ジュンク堂 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店

Google Mapで詳しく見る

備考 駐車場情報
◆チャスカ茶屋町駐車場◆
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店でお買い上げ金額2000円で30分、3000円で1時間、5000円で2時間の無料駐車券をお渡しいたします。
上限4枚(2時間分)までとなっております。
・MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店が入居しているビルの駐車場です。
・無料駐車券の時間以上の駐車につきましては、正規料金がかかります。
・駐車場の入り口は、ビルの南側、新御堂筋(北行)に面してにございます。
・ホテルのお客様と共有のため、土日祝日は駐車場が混み合う可能性がございます。結婚式シーズンは時間帯によっては駐車できない場合もございますので、あらかじめご了承くださいませ。

 ◇チャスカ茶屋町駐車場のご案内◇
   営業時間 8:00~23:00
   駐車料金 30分400円
   当日(24時まで)最大料金 平日1500円 土日祝日2000円
  ■収容可能サイズ詳細■
   普通 全長 5300mm 全幅 1950mm 車高 1550mm 重量 2300kg
   ハイルーフ 全長 5300mm 全幅 1950mm 車高 2100mm 重量 2300kg
  ※収容可能サイズ内のお車でもご利用頂けない場合がございます。
   (キャリア設置やホイール交換等の改造を行っている場合など)
   チャスカ茶屋町駐車場お問い合せ先:タイムズコンタクトセンター 0120-72-8924


お知らせ
◆MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店採用情報◆
アルバイト・定時社員の採用情報はこちら>>

◆MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店各売場twitter◆

MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店 2階文芸・文庫twitter>>
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店 6階洋書twitter>>
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店 7階児童書twitter>>

代引きサービス
代金引換便による配送サービスを承ります。送料・手数料は店舗まで直接お問い合わせください。

店舗情報
◆MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店について◆
ジュンク堂書店池袋本店を凌ぎ、国内最大の売場面積と蔵書数を誇る大型書店。
あらゆるジャンルで最高の品揃えを目指しています。
hontoポイントは、本・雑誌のお買い物で貯まります。

◆2階にはナガサワ文具センターがあります。◆
↓ナガサワ文具センター連絡先
電話:06-6292-7660
FAX:06-6292-7670


店舗画像1

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店


店舗画像2

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店


店舗画像3

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店


店舗画像4

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店



お知らせ・イベント

採用情報

書店員レビュー

祖父江慎+コズフィッシュ SINCE 1990 祖父江 慎 (著)

祖父江慎+コズフィッシュ SINCE 1990

書店員:「MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
10年待った

10年前からずっと予告されていたもののいっこうに発売される気配がなく、もうすっかり諦めていた作品集がようやく発売されました。
祖父江慎の装丁には、実物を手に取っただけではわからない、さまざまな仕掛けがあります。
見るからに変な本や、逆にあまり目立たずひっそりと存在している本など、いろいろありますが、本書でそれらに隠された謎を解説されてみると、いずれの本にも実に驚くべき凝り性ぶりが発揮されていることがわかります。
電子書籍では味わえない、物体としての本だからこそ成し得る作品。
祖父江慎が装丁した本は、内容を読むだけでなく、自宅の本棚に並べ、日々背表紙を眺めながら、その成長を楽しむものなのです。
我々書店員にとって救世主のように思えます。