サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1214-16)

修正:予約キャンペーン(1214-31)

「関係の空気」「場の空気」(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 2件

電子書籍

「関係の空気」「場の空気」

著者 冷泉彰彦 (著)

なぜ上司と部下は話が通じないのか。キレる若者・息苦しい教室・無意味な会議・くだらない標語・リストラと自殺・女性の雇用と少子化問題・女子アナ人気・小泉劇場……、「なんか変だ」。

「関係の空気」「場の空気」

648 (税込)

「関係の空気」「場の空気」

ポイント :6pt / 紙の本より151おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.8MB 無制限
Android EPUB 4.8MB 無制限
Win EPUB 4.8MB 無制限
Mac EPUB 4.8MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本「関係の空気」「場の空気」

2006/07/08 11:20

「山本学」の発展的継承

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GAWA - この投稿者のレビュー一覧を見る

約三十年前、山本七平氏は「空気」を「発見」した。(「『空気』の研究」)
山本氏の盟友であった小室直樹氏は、これを日本社会を分析するための重要な社会学の専門用語としてpneuma「ニューマ」と呼ぶことを提起し、自身も日本社会の分析に駆使している。(たとえば「日本の『一九八四年』」など)
しかし、小室氏以外にこの「空気」概念を駆使して日本社会の分析を試みたのは、本書が初めてではないかと思う。
著者の冷泉氏は、自身がサラリーマン時代に体験したことや海外で日本語教師として日本語を教えた経験をもとに、「空気」概念を「関係の空気」と「場の空気」に発展させた。
「空気」に深く関与しているのは日本語であり、日本語には一対一の私的な「関係」においてコミュニケーション上の利点がある一方で、3人以上の公的な「場」においては正確な意思の伝達の障害となる面があるということをそれぞれ「関係の空気」「場の空気」という概念に整理している。
そして「関係の空気」「場の空気」という概念を駆使することで、現在の日本を覆うさまざまな社会問題について問題の本質を明らかにし、その対応策まで提言している。
個々の論点について、異論反論疑問等もたれる方があるかも知れないが、本書を通じて「山本学」の更なる発展があることを期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本「関係の空気」「場の空気」

2008/01/14 21:26

日本語が足りない日本

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kc1027 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今は「空気」の全盛期ではないだろうか。
2006年6月に発売された本書の帯の後ろには、「空気が全てを決めていく」
と書かれている。昨今の「KY」という言葉の凄まじいまでの広がりを
見ると、この日本では「空気が全てを決める」ことが、極点にまで達しつつ
あるのではないかと感じる。その社会を著者は、「日本語が窒息した」
社会だと喝破している。

毎年、流行語大賞があるような国は世界でも稀だという。
簡単で便利な言葉が作られては吐き捨てられ、その移り変わりに着いて
いけない人間は「KY」と言われて除け者にされる。相互理解を
深める道具であるはずの言葉が、欠乏し、窒息してしまっている。
その指摘は私たちの日常にも当たり前のように現前する。
日々飛び交う言葉を咀嚼できなかったり、複雑な状況を前にして
言葉が出てこないことは、しょっちゅうだ。
そんな日々では本当に呼吸だって浅くなっているに違いない。
不図した弾みで窒息したっておかしくない。

本書における著者の仮説はこうだ。
3人以上の場における空気のことを「場の空気」、1対1の会話における
空気を「関係の空気」と呼んで区別し、大雑把に「場の空気」が問題で
あって、「関係の空気」はむしろ必要なものとの前提に立っている。
どちらにも必要なものは、対等にコミュニケーションするための言葉で、
そのためには「です、ます」調で日本語をきちんと語り、敬語を使う
ことが重要だと説いている。

「です、ます」調や敬語は、ともすれば目上の人間や力の強いものの
支配をより強めてしまう印象があるが、実はそうではなく、立場の異なる
ものが、感情をむき出しにせずに対等に話すための話法なのだと著者は
主張する。そして最近頻繁に利用される、「だ、である」調と「です、
ます」調を会話において巧みに使い分ける「コードスイッチ話法」は
権力者や多数派にのみ許された話法で「下から上へ」は通じない言葉
なのだという。

これらの主張は、日本に住む人々が相互理解を深める上で、真に具体的で
実行可能なものだと思う。権力者やマジョリティが空気を利用して大衆を
扇動する裏では、少数派の人間がどこかで窒息している。空気にはなかなか
抗いがたい。しかし、空気が全てを決める世の中は、もろく、危うい。

空気を読み取る言葉を身に付け、空気に流されない言葉を獲得するのは、
至難の業だ。だが、窒息しそうな場の空気を、「です、ます」調の
穏やかで質感のある日本語が、ゆっくりと場を満たしていく光景を、
私は想像できる。空気の全盛期に必要なのは、そんな日本語だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。