サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす
紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 48件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/08/21
  • 販売開始日:2015/08/21
  • 出版社: 朝日出版社
  • ISBN:978-4-255-00834-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす

著者 武田 砂鉄

新しい書き手。自由な批評。「柔軟剤なしのタオルと同じ。読むとヒリヒリ痛くて、クセになる。」……重松清さん「世に溢れる陳腐な言葉と格闘することはこの世界と格闘することだ。」...

もっと見る

紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす

1,469 (税込)

ポイント :13pt / 紙の本より367おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす

1,836(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.7MB 無制限
Android EPUB 8.7MB 無制限
Win EPUB 8.7MB 無制限
Mac EPUB 8.7MB 無制限
電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新しい書き手。自由な批評。

「柔軟剤なしのタオルと同じ。読むとヒリヒリ痛くて、クセになる。」
……重松清さん

「世に溢れる陳腐な言葉と格闘することはこの世界と格闘することだ。」
……白井聡さん

「育ててくれてありがとう」「全米が泣いた」「国益を損なうこと になる」
「会うといい人だよ」「ニッポンには夢の力が必要だ」「うちの会社としては」……
日本人が連発する決まりきった〈定型文〉を入り口に、
その奥で硬直する現代社会の症状を軽やかに解きほぐす。
言葉が本来持っている跳躍力を取り戻すために。初の著作、全編書き下ろし。

紙の書籍版では読めない電子版オリジナルコンテンツとして、
『日常に侵入する自己啓発』の著者・牧野智和氏との特別対談を収録。
言葉を係留点に、現代社会の症候を若き論者が語り合う。

目次

  • はじめに
  • 「乙武君」 障害は最適化して伝えられる
  • 「育ててくれてありがとう」 親は子を育てないこともある
  • 「ニッポンには夢の力が必要だ」 カタカナは何をほぐすのか
  • 「禿同。良記事。」 検索予測なんて超えられる
  • 「若い人は、本当の貧しさを知らない」 老害論客を丁寧に捌く方法
  • 「全米が泣いた」 〈絶賛〉の言語学
  • 「あなたにとって、演じるとは?」 「情熱大陸」化する日本
  • 「顔に出していいよ」 セックスの「ニュートラル」
  • 「国益を損なうことになる」 オールでワンを高めるパラドックス

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー48件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

デビュー作とは思えない、言葉のずっしり感

2015/08/30 15:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Cony - この投稿者のレビュー一覧を見る

何か誤魔化されている感がする最近使われている言葉。そこにメスを鋭く切り込んでいってくれます。なぜそこにモヤモヤ感があるのか?言葉を扱うライターさんならではの切り口です。自作が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/14 19:52

投稿元:ブクログ

日常で良く耳にするフレーズだが、そのまま受け流さずにもやっとする部分を突き詰めた一冊。語尾のコスプレ論は面白かった。

2015/08/23 22:42

投稿元:ブクログ

同著者のcakesで連載している和田あき考の方が、おもしろかったなー。

一応文章を書く人間として、紋切り型について物申したい気持ちはとても同意!
メールの定型文は、わたしにとってとても、気持ち悪いもの。

2015/11/18 01:23

投稿元:ブクログ

★言葉の強度★著者のことは知らず何の本かも分からなかったが、書店で偶然目にして立ち読みでほとんど一気に読んでしまった。言葉が成り立つ文化や政治の背景を読み解く強度に引き込まれた。ライターとして、何をして何をしないかの意識がはっきりしているのだろう。

「わかりやすいです」に収斂してしまう安易な承認に対する違和感、「禿同」も一方通行の同意という意味では近いだろう。「情熱大陸」での時代がかった問いかけは、ノンフィクションから最も遠いところにある。「誤解を恐れずに言えば」は使いがちだなあ、と苦笑。ゼクシイに載っている結婚式の挨拶のパターンは本当に罪だと思う。どうしてこの漢字でこの音になるのという子供の名前も、たまひよに書かれているからOKという点でもリクルートの罪は深いなあ。

2016/04/20 06:20

投稿元:ブクログ

「こいつ何者?」といった感のある、その発想と論理展開、例示や例え話の巧妙さ、重箱の隅をつつくようでいて重要且つ根源的命題に切り込む先鋭さ、そして何よりも「言葉で固まる現代を解きほぐす」と副題にもあるように、逆にその言葉の力を縦横無尽に使いこなしていく表現力に底知れない魅力を感じた。

2015/09/12 00:22

投稿元:ブクログ

借りたもの。
キャッチコピーがその時世の縮図なら、人の心に刺さるこれら定型文にある悪意を紐解く様な本だった。

広告業に関わっていると耳が痛い……
当たり障りのない、外さない、分かりやすい文言達を選ぶのは、万人受け(伝わりやすい)しやすいとい事。及び腰になっている証拠だと思っていた。
その地点ですでに、責任とかを放棄している――そんな事を考えてしまう。

比較的最近の、話題になった本からの引用が散見され(私も読んだことがあるものも多かったので余計に)、社会の様々な価値観に共鳴する。

2016/01/26 23:41

投稿元:ブクログ

おもしろかった・・・けども、若いなーとも思った。
作者よりも確実に年上であるおのれのことを思う。(やっぱり考え方の筋道つーか、土台みたいなもんは、年齢に左右されると思う・・・)
なんかもうちょっといい加減な分かったふりはやめようと思った。

2015/08/18 07:27

投稿元:ブクログ

世間でよく使われる言葉やフレーズに疑問を抱き、その言葉の使われ方のどこが問題ないのかに触れてる本。ネットでよく名前を見かけてたが初の著作らしい。まぁ人と違う目線を持つってのは大事だと思うのだけれど、如何せんこの人の文章の書き方は性に合わないなといつも思うのでした。
他にもいいたいことあったが面倒なので割愛w

2015/12/16 23:52

投稿元:ブクログ

普段感じている違和感に対してズバッと切り込んでくれる爽快さはある。
文章はややわかりづらいか・・・
いきなりの断定や、回りくどい言い方もあるが、世の中こういった本音ベースがもう少し出てきたほうが、自分にとっては暮らしやすいな。

2015/07/10 18:34

投稿元:ブクログ

「全米が泣いた」「新進気鋭の~」「渾身の~」「誤解を恐れずに言えば」など、紋切型の言葉が社会をどう硬直させているのかを著者でライターの武田砂鉄さんが書いた「渾身の」一冊です。
この本を読んで、いかに自分が紋切型の言葉を使っているのかとハッとさせられ、帯にある重松清さんの言葉を引用すると「読むとヒリヒリ痛くて、クセになる」は同意できます。
本の中では、いろいろな紋切型の言葉に対しての批評、散文が展開されおり、淡々とした調子でその言葉を分析し、なぜその言葉が社会を硬直させていってるのかが解きほぐされていきます。
言葉を書くときに改めて考えなければと、キッカケになる一冊です。

2015/07/12 11:38

投稿元:ブクログ

ダラダラと長いです。3倍に薄めて飲むカルピスを10倍に薄めたような希薄な内容の本です。著者は以前編集者だったようで、作家ではなく編集者が書いた本という感じがします。難しい言葉をたくさん知ってるし、文法も完璧だと思うんですけど、圧倒的に文章がヘタ。(センスがない)思想もない。結果的に言いたいことが伝わらない。タイトルは良いですね、つられて買っちゃいました。

2015/09/08 23:28

投稿元:ブクログ

紋切り型の言葉によって、表現する側から押し付けられる価値観に対しての批評集。
乙武くんはなぜ「くん」なのか、「ニッポン」の持つ効用について、24時間テレビの欺瞞性について、女性参加を標榜する男社会の立ち居振る舞いなど、その批評眼はとではも鋭い。
小田嶋隆ライクな皮肉の聞いた文章も読んでいて小気味よかった。

2015/07/10 21:34

投稿元:ブクログ

<目次>
1、乙武君…20、誰がハッピーになるのですか?

<内容>
久しぶりに評論を読んだ。タイトル以上に硬派な本だ。「ことば」にこだわり、現在の日本が、マスコミもネットもまるで「ことば狩り」のように、マスとは違うことば遣いをしたときに批判する、社会になったことを指摘している。首相からして、マスコミをコントロールし、「紋切り型」の言葉ばかりを使って国民を抑えようとしている。厭な社会になったものだが(この言葉自体が「紋切り」かな?)、われわれは結局、そうした趨勢に流されずに。一人ひとりが自分の言葉遣いで発言し続けるしかないのだと感じた。

2015/09/04 12:47

投稿元:ブクログ

現代によくある「紋切型」の言葉から社会の絡み方を紐解いていく1冊。最近よくあるわかりやすさが先行するものとは違った痛快さが気持ちいい。

アイドルオタクとしては、「逆にこちらに励まされました」の章は耳が痛かった。握手会襲撃事件後の宇野常寛の発言と姿勢への批判はファンだからこそ知っておきたい視点である。

2015/05/03 12:01

投稿元:ブクログ

小難しい言い回しで突き放すでもなく、安易におもねるのでもなく、言葉について、伝えるということについて、いい意味でクソ真面目に考える本。この本の「レビュー」ってったって、簡単には書けないなぁと思える本。