サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

[CPあり]2017年上半期ランキング【ランキングTOP】(~7/17)

アディクション臨床入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:医療従事者
  • 発売日:2016/06/06
  • 販売開始日:2016/06/06
  • 出版社: 金剛出版
  • ISBN:978-4-7724-1409-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

アディクション臨床入門

著者 信田さよ子

アディクション臨床における「当事者」とは誰か? 「抵抗とともに転がる」とは何を意味するのか? 「家族の変化の起動点」はどこにあるのか? カウンセラーとクライエントの「共謀...

もっと見る

アディクション臨床入門

2,592 (税込)

ポイント :24pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

アディクション臨床入門 家族支援は終わらない

3,024(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.4MB 無制限
Android EPUB 7.4MB 無制限
Win EPUB 7.4MB 無制限
Mac EPUB 7.4MB 無制限
電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アディクション臨床における「当事者」とは誰か? 「抵抗とともに転がる」とは何を意味するのか? 「家族の変化の起動点」はどこにあるのか? カウンセラーとクライエントの「共謀」とは何か?――医療モデルと司法モデルの境界線上で、アディクション臨床とともに走りつづける臨床家の思想遍歴と臨床美学を一挙公開! 藤岡淳子との対談を収録したアディクション・アプローチの聖典!

●長いコピー(HPに引用):
アディクション臨床における「当事者」とは誰か? 「抵抗とともに転がる」とは何を意味するのか? 「家族の変化の起動点」はどこにあるのか? カウンセラーとクライエントの「共謀」とは何か?
アディクション臨床は、その黎明期からつねに医療モデルと司法モデルの境界線上で揺れつづけ、当事者不在のなかで医療の無力化を、依存する当事者に苦しむ家族への支援の無効化を突きつけられてきた。しかし、ドメスティックバイオレンスや児童虐待をも視野に収める逆転の発想は、アディクション臨床における心理職の役割を確立することにもなる。アダルトチルドレン、自助グループ、治療的共同体、被害者臨床を補完する加害者臨床などのコンセプトと実践を取り込む機動力で、アディクション臨床とともに走りつづける臨床家の思想遍歴と臨床美学を一挙公開。
藤岡淳子との初対談を収録したアディクション・アプローチの聖典!

目次

  • 序章 エッジから思考する―命を吹き込まれた言葉
  • ▼第1部 アディクション臨床の理解
  • 1 アディクション臨床前史―松村康平とラディカルな思考
  • 2 脱医療的実践を求めて―アルコール依存症と医療の敗北
  • 3 アディクションを理解する―アディクション治療と心理職の役割
  • 4 「当事者」とは誰か?―家族の絶望と治療の誕生
  • ▼第2部 アディクション臨床の実践
  • 5 家族支援と初期介入―底つき・タフラブ・援助の条件

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/03 23:07

投稿元:ブクログ

著者のこれまでの来歴と日本のアディクション臨床の歴史についてドラマティックに述べられ、興味のある人には面白い。ただ最近の著者の書籍はこのような昔話が多く、かぶる部分は多い。臨床現場での記述はスリリングで引き込まれる。明日からでも真似がしたい部分も多い。巻末に非行臨床の専門家である藤岡淳子氏との対談がある。心理臨床ではともにマイノリティな部分を担ってきたお二人だが、考えや世代の違いもあるのか、丁々発止のやり取りで面白かった。

2017/02/11 22:23

投稿元:ブクログ

信田さよ子って精神科医のこと嫌いなのかなとなんとなく思ってたけど、理由がちょっとわかったかも。臨床心理士と精神科医ってもうちょっとおんなじようなものだと思ってたけど、立場がこんなに違うんだな。

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む