サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:新規会員30%OFFクーポン(~2/29)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/08/26
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-340512-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

20世紀最後の戯曲集

著者 野田秀樹 (著)

はっきりした頭のうちに、この三つについてだけは書いておきたかった。長崎原爆投下、連合赤軍浅間山荘事件、そして「私」にふりかかった右眼失明の病。鶴屋南北戯曲賞、紀伊國屋演劇...

もっと見る

20世紀最後の戯曲集

税込 1,320 12pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 497.7KB 無制限
Android XMDF 497.7KB 無制限
Win XMDF 497.4KB 無制限

20世紀最後の戯曲集

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

はっきりした頭のうちに、この三つについてだけは書いておきたかった。長崎原爆投下、連合赤軍浅間山荘事件、そして「私」にふりかかった右眼失明の病。鶴屋南北戯曲賞、紀伊國屋演劇賞、芸術選奨文部大臣賞などの賞を総なめにした野田演劇の頂点がここに。「Right Eye」「パンドラの鐘」「カノン」を収録した記念碑的作品集。

著者紹介

野田秀樹 (著)

略歴
1955年長崎県生まれ。東京大学法学部中退。76年「夢の遊眠社」を結成。92年ロンドンに留学。帰国後「NODA・MAP」設立。鶴屋南北戯曲賞ほか多数受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

20世紀の遺産!

2001/02/09 16:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キマタフユ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 演劇を観るときは、テーマよりは、どう観せるかという手法が気になる。けれど、戯曲だけとなると、裸になったようなもの。テーマがストレートに伝わってきそうだ。

 この戯曲集には、98年の「Rihgt Eye」、99年の「パンドラの鐘」、00年「カノン」の三つの戯曲が収録されている。帯には”はっきりした頭のうちに、この三つについてだけは書いておきたかった”と記されているが、テーマはみな重め。「Right〜」は右目を失った事実とカンボジア戦争、「パンドラ〜」は第二次世界大戦、「カノン」は安保闘争の記憶が物語に隠されている。「Right〜」は野田秀樹氏にしては珍しく極私的世界を描いた作品で[ノンフィクション演劇]と銘打っていたものだが、「パンドラ」「カノン」は、巧みに違う世界にすり替えフィクションとして見せている。野田氏は「桜の森の満開の下」や「TABOO」でも[日本]を描いているから、「パンドラ」「カノン」も目新しいテーマではないのだろうが、次第に、実人生に接近してきている気も。「Right〜」で、残された瞳で観るものについてを語ったのちのこの2本、偶然なのか、それとも?という気もしないでない。

 「パンドラ」は、ある戦争を境にした、ふたつの時代が交錯する物語。舞台では紙や、四角い枠を使ってふたつの世界を切り替えていた。舞台の真ん中に重く居座る鐘が印象的だった。「カノン」は、ジャンヌ・ダルクの絵のような、男達を闘いに翻弄していく女の物語。プロスペル・メリメ「カルメン」と芥川龍之介「偸盗」を下敷きに描いたものだとか。
3作とも観ている人は、場面場面をよみがえらせながら読めるが、観てない人はどう読むのだろう。台詞と若干のト書きを頼りに空想を膨らませる。それは、役者になったような大変な作業だと思う。そんな読み方もオモシロイかもしれない。野田氏の言葉は字だけでもすごく心に響くので、テンポのいい会話や、蕩々と語られる長台詞を読むだけでもいい。「Right〜」は、野田には珍しい日常の会話のおもしろさと、生身の人間的な台詞が胸をつく。「パンドラ〜」は、王国の崩壊を国民の軽妙な会話で紡いでいく。「カノン」では、カノンのように罪は繰り返されていく……という比喩が圧巻で、非情に美しい台詞が多い。

 あとがきも良い。軽妙さに、野田秀樹は風のような人なんだなとか思う。ちょっとありふれた表現かもしれないけれど、戯曲として裸身をさらすんじゃなくて、あっという間に、時に激しく打ち付け、時にくるくると翻弄し、そして時にふわっと包むように。目に見えるような見えないような、でも確実に何かを感じさせて通り過ぎていくヒト。そのヒトがちょっと見せた本体を読んでみると、また新たな発見が大いにある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/02 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/31 02:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/05 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/24 02:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/12 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/08 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。