サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

本日最終日全品ポイント最大50倍(~3/31)

大学の下流化

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/02/26
  • 販売開始日:2014/02/26
  • 出版社: NTT出版
  • ISBN:978-4-7571-4269-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

大学の下流化

著者 竹内洋 (著)

東大・京大からも消える教養主義、高学歴ワーキング・プア、競争なき教授たちと競争にさらされる大学……。大衆社会の中で進行する大学の下流化とはどのような風景なのか。大学を長年...

もっと見る

大学の下流化

1,469(税込)

ポイント :13pt / 紙の本より367おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

大学の下流化

1,836(税込)

大学の下流化

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.0MB 無制限
Android EPUB 9.0MB 無制限
Win EPUB 9.0MB 無制限
Mac EPUB 9.0MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月31日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東大・京大からも消える教養主義、高学歴ワーキング・プア、競争なき教授たちと競争にさらされる大学……。大衆社会の中で進行する大学の下流化とはどのような風景なのか。大学を長年見つめてきた著者によるエッセイ集。

目次

  • 序 教養論の反省
  • 第1章 大学の下流化
  • 第2章 大学のオンリー・イエスタデイ
  • 第3章 全共闘の時代

著者紹介

竹内洋 (著)

略歴
1942年新潟県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。関西大学人間健康学部教授、放送大学客員教授、京都大学名誉教授。専攻は歴史社会学、教育社会学。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価2.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

2011/07/04 08:24

投稿元:ブクログ

戦後大学数47から350校になる 大宅壮一 駅弁を売るような市や街であれば、どこでも大学があるとのことで駅弁大学と名付けられた
明治、中央、専修は神田界隈に設置。教授陣を帝大にあおがなければならなかったから。早稲田慶応は違う
福永文夫 大平正芳 中公新書
ローマ帝国衰亡史 ギボン
小山常実 歴史教科書が隠してきたもの

2012/10/17 16:59

投稿元:ブクログ

文系の目から見た大学の質の低下が、学生だけではなく教員にも構造的にあることを指摘した本書。
なるほど一般の大学でも同じような問題があるのかと納得した。
ただ、文系ゆえか原因の分析がその時代のせい、国の政策のせいという論調なのは少し感情的過ぎはしないか。
途中から書評の寄せ集めになっていたのは残念。

2012/05/23 09:16

投稿元:ブクログ

【大学がわかる】
 イギリスの辞典『OED』を引けば、言葉の意味だけでなく、用例を調べられるが、その多くは「初出」らしい。著者は、日本にも同様の国語辞典があれば、随分便利だと言う。図書館でもぜひ揃えたい。

2014/07/09 06:33

投稿元:ブクログ

出だしは硬派な教養論と思いきや、後半はもっぱらエッセイに流れ、かる~い感じで読了。大学の下流化は、事実として受け止めるしかない。

2012/06/03 17:09

投稿元:ブクログ

大学の時勉強しなかったのは、企業忍者入るのには課外活動でコミュニケーション能力磨いた方が近道だと気づいてたんだ、短絡的な私。

2012/03/22 05:36

投稿元:ブクログ

購買意欲をそそるキャッチーなタイトルから、今日の教育課題への一抹の処方箋を探そうと、本書を手に取った。が、本書は下流化への考察というより、著者による大学が下流化したことの認識の過程を記したものという印象を受けた。また「教養主義」への郷愁の思いを綴った書ともいえるかもしれいない。私自身はある意味、教養主義にあこがれに近い感情があり、今日的な教養主義について調べてみたいと思っているところなので、この本の前半は気楽に読みとおすことができた。

修論に教養教育をテーマにしたいと思っている。60頁に紹介されている以下の本の存在を知れたのは収穫だ。

『市場化する大学と教養教育の危機』 / 上垣豊編著
(龍谷大学社会科学研究所叢書 ; 84)
<総合図・開架 377.15:U34>

ノスタルジーの古典回帰、市場化派の英語・ITスキル、とは別の「市民としての教養」が提示されているらしい。戦後の善良なる市民を育成するための一般教養とどこが違うのか。この辺に関心を持って近々読んでみようと思う。

2012/07/09 16:06

投稿元:ブクログ

最近の一方的なバカ学生、バカ大学批判本の類かと思って手にとったら、思想的な本だった。簡単に言えば全共闘や福沢諭吉まで遡りながら現在の大学の下流化を探る内容。

2012/04/27 22:45

投稿元:ブクログ

センセ、清濁併せ呑みすぎです。それと、知識社会学あるいは文化社会学的アプローチの限界がこんな所でさらけ出されるとは思いませんでした。

書評で取り上げられた本は楽しそうな本が多くて参考になりましたがね。もちろん歴史修正主義者というか単なる扇動家の本以外は、ですが。

2013/08/16 10:01

投稿元:ブクログ

興味深いのは、大卒者の就職難は明治以来ほとんどの時期がそうであったとのこと。しかし、今との違いは高卒あるいは中卒者の就職率はその時代にも好調だったが今は高卒は大卒以上に厳しいという時代! ある意味では今は一番深刻です。就職できないためにどんどん高学歴化が進み、それが大学の質の低下(下流化)を招いているというのが主張です。以前は就職のために高卒で就職していったのですが。合コンが合ハイよりなぜ優れているか?、関東優位史観(井上章一)の紹介など、「ニッポン社会考」の小論文がどれもが楽しいです。