サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

干物妹!うまるちゃん 10(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報
この商品の関連情報

一覧を見る

コミック

電子書籍

干物妹!うまるちゃん 10 新刊

著者 サンカクヘッド(著者)

うまるは、家ではダラダラ生活な“干物妹”で外では完璧スタイルな“美妹”!! そして第3の顔であるU・M・Rスタイルで仲良くしている、いつも元気なシルフィン。そんな彼女の意...

もっと見る

干物妹!うまるちゃん 10

500 (税込)

ポイント :4pt / 紙の本より55おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

干物妹!うまるちゃん 10 (ヤングジャンプコミックス)

555(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 31.2MB 無制限
Android EPUB 31.2MB 無制限
Win EPUB 31.2MB 無制限
Mac EPUB 31.2MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大60倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大60倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年5月27日(土)~2017年5月31日(水)23:59

電子全品対象!20%OFFクーポン!

こちらは「20%OFF 電子書籍クーポン【先着5,000名様限定】」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年5月29日(月)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

うまるは、家ではダラダラ生活な“干物妹”で外では完璧スタイルな“美妹”!! そして第3の顔であるU・M・Rスタイルで仲良くしている、いつも元気なシルフィン。そんな彼女の意外な秘密が判明して!? 他にも叶課長が家に来たり、三者面談で妹S(シスターズ)のお母さん達が集合したりと、内容盛り沢山! ついに大台! ますます楽しさ増える第10巻っ!!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/04/19 21:13

投稿元:ブクログ

干物妹王政の崩壊……。

叶が、叶課長が遂にっ。

シルフィンのレトロ探訪。

きりえちゃんの影がちょっとだけ薄かったカモだけど、皆満遍なくエピソードがあって、うれしいねぇ

2017/05/19 10:54

投稿元:ブクログ

 アニメ二期放映決定で波に乗るシリーズの第10巻である。
 今まで通りの内容を踏襲しながら、今回は全体的に兄妹関係にスポットが当たっている印象を受けた。が、まあ、それ自体がこの作品のテーマといえばそうだろう。
 内容のベースはいつものように家族関係・友人関係を軸にしたゆるゆる物語であるが、三者面談でうまるらの将来にスポットを当てたり、あるいはボンバーが思わぬ形で自分の将来を決めてしまったり、少しずつ物語は進行している。

 作者さんの中では、きちんとした物語の終止符は整理されているのではないだろうかと、ふとそんな風に感じた一冊だった。
 今回も楽しませていただいた。星四つ半相当と評価している。