サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

愛の年代記(新潮文庫) みんなのレビュー

  • 塩野七生
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本愛の年代記 改版

2009/10/29 04:09

愛だけでなく...

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ある貴族男性の生殖能力を試すためだけに、彼との肉体関係を強要されるジュリア。屈辱の夜はしかし、彼女にとって、はかなくも美しい思い出となる...。清楚で純粋な人妻との不倫の末に、青年パンドルフォが思い知ることになる女というものの身の毛もよだつような恐ろしさとは...。妻の不倫現場をおさえた傭兵隊長フィリッポ伯。読んでいるだけで目をそむけたくなる残虐な復讐を、彼は妻に対して平然と行うのだった...。ヴェネツィアの美しい貴婦人に首ったけとなった純情な青年ガレアッツォ。彼女の昼と夜の二つの顔を見たとき、彼の破滅が始まった...。
 『愛の年代記』というタイトルにもかかわらず、この小品集に描かれているのは、愛だけではない。そこには、猜疑心や嫉妬、憎しみ、狂気さえもある。しかし、これらの感情も強い愛の裏返しと考えるならば、やはりどれも愛の物語といえるだろう。それにしても、どれも情熱的なイタリア人が主人公のせいか、束の間の愛や不倫ばかりで、おだやかで永続的な愛など一つもない。
 これまで読んだ塩野作品が歴史ものばかりだったせいか、どれも史実にもとづいているかのような先入観をもって読みすすんでしまったが、実際には著者のあとがきにもあるように、物語のほとんどが創作である。昔のイタリア人が書いた小説を脚色するか、あるいは実在の人物をモデルにした場合でも、自身の想像を膨らませて自由に書いている。
 そんな創作ものの傑作は、やはり『女法王ジョヴァンナ』であろう。恋のため女であることを偽りつづけた修道士が、最後には教皇になってしまうという荒唐無稽な話だが、塩野の語り口はまことしやかに、それでいてユーモラスなので、ついついひきこまれてしまう。法王が最後に、女にしかできないことをやってしまうというオチ、それに続いて、女法王実在の証拠が次々と語られる段にいたっては、まるで笑い話である。特に「ヴァティカンのどこかに残っているはずと言われる、大理石の奇妙な椅子」は愉快だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本愛の年代記 改版

2015/12/27 16:26

イタリアルネサンスの女性

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:十字軍の鏡 - この投稿者のレビュー一覧を見る

イタリアルネサンス前後の女性の恋愛物語が9編。男性が読んでも女性は怖い、強いと思ってしまうお話です。でも本当にあった話なんだろうな。2回も繰り返して読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。