サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

少女達がいた街(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.4
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/485p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-342803-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

少女達がいた街 (角川文庫)

著者 柴田 よしき (著)

少女達がいた街 (角川文庫)

802(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

柴田ファンになります

2003/02/11 21:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジュリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終わった後思ったのは「すごい作家がいるんだぁ!」です。前半後半と分かれており、ドラマを見ているように映像がすんなり浮びました。ドラマ(映画)で是非見てみたいです!! また1970年産まれの私に1975年の話は、非常に近く感じ、また懐かしくも感じました。高校時代の葛藤・恋愛・嫉妬…。かつて私も経験したことがありますが、あの時に何かを間違えてたら、ノンノの様に悲しい青春時代になったのかもしれません。柴田さんは緑子シリーズから読み始めましたが、今回は全く違う作風でした。
私の「お気に入り作家」が増えました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新本格の王道

2001/11/24 23:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本田亮司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 柴田氏の作品は初めて読んだが、本当に感心させられた。並外れた才能をもっているのは疑いない。特に、前半部における人物造形、ストーリー展開、センスなどどれも素晴らしく、その青春小説としての完成度は、「異邦の騎士」などの青春本格推理の傑作群にも決して引けを取らない。
 また、後半部のパズラーとしての完成度もかなり高い。前半でしっかりと描かれた登場人物たちは、21年後の後半でも見事に浮き上がっている。緻密に計算されたどんでん返しの連続には驚きとともに感動を味わわせてくれる。
 唯一、動機が平凡だったのが残念だが、女史の筆力の前ではさほど気にならない。全体としての完成度は名作群に一歩届かないものの、新本格の王道をゆく力作であることは間違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少女達がいた街

2001/09/19 20:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 舞台は1975年の東京。若者たちはロックに熱狂しながらも、恋や友情、将来のことなどそれぞれに思い悩む。しかし突然起こった、謎の火災。現場からは、一人の記憶を失った少女が発見された……と、これが前半。後半は舞台を21年後の現代に移し、事件の真相を刑事が追う。前半は思いっきり普通の風俗小説なので、この時代に思い入れがない人にとっては退屈かも。でも後半に入ると、小さな謎が解けたり出てきたりするので、飽きずに一気に読める。前半部分もその世代の人には懐かしく感じられていいかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/09 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/15 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/17 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/18 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/29 01:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/07 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/27 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/20 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/29 12:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/06 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/22 09:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/09 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る