サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 言語・語学・辞典
  4. 英語のセンスを磨く 実践英語への誘い

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英語のセンスを磨く 実践英語への誘い
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-022263-5
  • 国内送料無料

紙の本

英語のセンスを磨く 実践英語への誘い

著者 行方 昭夫 (著)

英字新聞やペーパーバックを読み始めてはいるけれど、結局わかったような、わからないような…。実践の場面で生かすことができ、英語の裏の裏まで驚くほどはっきり見えてくる、本物の...

もっと見る

英語のセンスを磨く 実践英語への誘い

2,808(税込)

ポイント :26pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

英字新聞やペーパーバックを読み始めてはいるけれど、結局わかったような、わからないような…。実践の場面で生かすことができ、英語の裏の裏まで驚くほどはっきり見えてくる、本物の「読む力」を磨く本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

行方 昭夫

略歴
〈行方昭夫〉1931年生まれ。東京大学教養学部イギリス科卒業後、同学部教授、東洋学園大学学長を経て、現在東京大学名誉教授。著書に「英文快読術」「英語のこころを読む」などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 新聞記事、エッセイ...

ジュンク堂

 新聞記事、エッセイ、評論、小説など、様々なリソースを扱った英文解釈本。面白いのは抜粋されているキーワードの説明。通常の解釈本は文法や構文の解説に重きが置かれている。しかしこの本においては、著者が一つの単語についてより実践的な解説をしてくれている。是非一読を。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

内容紹介

2003/02/24 14:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

【帯コピーより】
Are you a boy or a girl?
この英文、訳せますか?
ビジネス、インターネット、留学……
実践の場面で生きてくる、本物の「読む力」を身につける!

第I部 コンテクストを手がかりに読む
1.訳語は常に創造するもの
2.文法知識を活用する
3.「常識」を柔軟に用いる
4.文と文のつながり

第II部 文体と内容を味読する
1.新聞記事を読む
2.高級週刊紙を読む
3.エッセイを読む
4.評論を読む
5.伝記を読む
6.戯曲を読む
7.小説を読む
8.難解な文章に挑戦

一念発起、英字新聞やペーパーバックを読み始めてはみるけれど、結局わかったような、わからなかったような、これでいいのかな

──そんなあなたが読者です。
手がかりを見逃さず、きちんと細部を読み込めば、書き手の心理が、論理の流れが、びっくりするほど見えてきます。
英語の裏の裏を読む、本物のセンスを磨く本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/08 01:23

投稿元:ブクログ

英語の勉強方法などを説いたものではなく、
評論や小説など様々なスタイルや話題について書かれた英語を読み解いていく演習解説本。
題材となっている英語のレベルは比較的高く、
電車の中で読んでいくということは自分には無理であった。
どちらかというと、辞書を片手に机に向かってといった感じ。
直訳というものはあまり評価されず、
英語の構文のみならず文化や常識もコンテクストという意味で必要であると説いており、
またその点の解説も充実している。

2014/07/24 01:32

投稿元:ブクログ

本書は、比較的短めの英文に長めの解説が付されているスタイルですが、その解説には文法や構文に関するものは少なく(「江川先生の英文法解説を読め」で簡単に片付けられてしまうこともしばしば)、多くは、コンテクストの流れや英文においてなぜその表現(例えば過去形)がなされているかの説明に費やされています。

行方先生推奨の本書の正しい利用法は「全訳」です。
行方先生は「正しく読めるようになれば、そして日本語の表現力がある程度あれば、リーダブルな訳文が作れると信じます」(まえがき)と仰られますが、やってみるとそう簡単ではありません。
リーダブルな訳文を作るには、文法・構文レベルの解析から一歩進み、英文の行間を読み解き、日本語の行間に込めなおす作業がどうしても必要です。
本書の解説は、この、行間の読み込みと込め直しのレベルで効いています。

いまどき「英文和訳」は流行らないようですが、いい加減な英文読みでは太刀打ち出来ない上に、セルフチェックも割と簡単にできる(おかしな日本語はすぐわかる)ということから、たまには英文和訳をやってみるのも悪くないと思いました。
英文和訳という方法論の有用性に改めて気付かされるのも、本書の効用でしょう。

読解 ランキング

読解のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む