サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

十二夜(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.11
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75143-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

十二夜 (光文社古典新訳文庫)

著者 シェイクスピア (著),安西 徹雄 (訳)

十二夜 (光文社古典新訳文庫)

626(税込)

十二夜

508(税込)

十二夜

ポイント :4pt / 紙の本より118おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

宝塚少女歌劇団?

2015/08/23 09:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

宝塚少女歌劇団はたまた少女マンガの原型といっても過言では在りません。見事なまでに構築された恋愛喜劇!そして見事に毒を含んでいる。それにしても悲しいまでに容姿に支配される男と女が昔も今も変わりのない恋の姿を曝け出す様にはある意味清々しささえ感じられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/12 23:11

投稿元:ブクログ

なんか解題の方が面白いなぁ、なんて思ったら不謹慎なんでしょな。

タイトル『十二夜』の理由や、その背景、歴史、虚像が織り成す幻想、妄想の解釈なんてとても面白いのです。

安西先生がおっしゃる通り、確かに笑いだけの喜劇じゃありません。どっか寂しさがあります。影があるというか。道化のフェステは最たるものです。

ラストのフェステの歌が印象的。こんな寂しい歌で終わったら全然喜劇じゃないです。

2009/08/03 00:17

投稿元:ブクログ

これは面白かった!
シェイクスピアの喜劇を数多く読んでるわたしでもベスト3には入れたいな。

船が難破して、双子の兄と生き別れになったヴァイオラ。
彼女は男装してシザーリオと名乗り、その土地の領主オーシーノ公爵に仕えることとなる。
彼に小姓としてすっかり気に入られ、またヴァイオラも彼に恋心を抱くようになるが、その信頼ゆえにヴァイオラはオーシーノにあることを頼まれるようになってしまう。
それはオーシーノの思い人、オリヴィアに恋心を伝えること。
美しい令嬢オリヴィアはオーシーノを袖にするが、伝令に来た男装したヴァイオラを好きになってしまう。
そこに執事マルヴォーリオも、オリヴィアは自分のことだと勘違いして
マルヴォーリオ&オーシーノ→オリヴィア→ヴァイオラ→オーシーノ という、実にドタバタな図が出来上がる。
一方兄セバスチャンも友アントーニオに救われ、奇跡の生還を果たしていた。
この二組が同じ場所に揃ったとき、シェイクスピアの得意とする「間違い」「ロマンス」「ドタバタ」が真骨頂を発する!

という感じです。読んでいてすごくワクワクしました。
とくにオリヴィアがヴァイオラに惚れてしまうところ辺り。
登場人物の関係の複雑さはシェイクスピアの専門ですが、この物語は片思いが多すぎ。
最後はちょっときれいにまとまりすぎというか、ああこういうの他でも見たなあ・・という気がしますが
難破船、男装の少女、生き別れの双子、百合もどき、ほらね、キーワードだけでも凄い
これだけワクワクさせてくれる物語はちょっとないと思います
あといつも思うんだけどシェイクスピアの劇って男同士の友情がすごいアツイよね、走れメロス的なあれだよね

2009/05/30 15:06

投稿元:ブクログ

■目的
古典を読む。 シェイクスピアの学び直し。


■見たもの・感じたもの(テーマ)
人々の認識する、それぞれの真実、この滑稽さ。


■感想
訳者は安西徹雄氏。
現代人に理解できる言葉で書かれています。とても読みやすいです。
シェイクスピアの作品には、軽いジャブのような「価値の逆転」があるところが好みです。この作品ではそれぞれの認識(真実)がどれほど曖昧なものか、というユーモア。自分だけの世界に囚われているのは滑稽だということですね。
ストーリーでは楽しませていても、その根底にあるテーマは非常にシリアス。最高です。

(余談)
近頃は古典新訳が出版されてきましたね。この傾向は、とてもありがたいです。
というのも、今までの日本語に訳された古典というのは非常に理解しにくいものばかりだったからです。これは古典に挫折してしまう一因ですよね。長い時間を経ても現代まで受け継がれている、その古典の良さというものは分かっていても、いざ読んでみると訳が理解しにくい為に手が出なくなるんですよね。これは勿体ない。
そこに威厳を与えることに成功はしても逆に一般人には敬遠されるというのでは、せっかくの良書に触れる機会を奪うことになります。まずは古典の良さを知り、一般人に親しみのあるものにする為にも、これからの出版業界に期待したいです。


■こんな人にオススメ
古典に興味はあっても手が出なかった・挫折してしまった人すべてに。

2010/01/16 21:37

投稿元:ブクログ

運を信じて希望を持たなきゃいけません。大丈夫。
何をしているの?私はいったい。自分で自分の目を欺かれ、ものの見境もつかなくなってしまったのか。
ああ、運命よ。お前が力を見せるがいい。人間には自分で自分を自由にすることなどできないのだもの。
幸運はあなたがお望みになりさえすれば、すなわち貴方様のもの。

2009/12/06 17:57

投稿元:ブクログ

喜劇ってこともあって読後感が良くて、読んだシェイクスピアの中では1番好きだと思いました。
ドタバタしていても最後上手くまとまって面白い^^

2015/01/18 09:19

投稿元:ブクログ

【本の内容】
男に変装した若く美しいヴァイオラは、セザーリオと名乗ってある国の領主に仕えていた。

その領主に魅せられたヴァイオラだが、領主は、伯爵家の令嬢で当主のオリヴィアに恋焦がれている。

ところが、こんどはオリヴィアが男装のヴァイオラにひと目惚れ、大混乱が巻き起こって…。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2012/02/16 21:56

投稿元:ブクログ

シェイクスピアの喜劇。
女性が男装、男性が女装で恋のすれ違いもの。

言葉のリズムがうまく読みやすい。
舞台劇って、テンポやリズムなどを意識するんだろうな。

2011/11/06 10:43

投稿元:ブクログ

シェイクスピアって難しいかなあと思って、薄い本から挑戦。
意外にもすいすい読めた。


ただこれって、ハッピーエンド、なの?


アントニオはどうなったんだろう・・・。

2012/02/14 11:19

投稿元:ブクログ

単純に面白い。ただ、オリヴィアは本当に納得するのだろうか。振る舞いに見惚れてしまうほど惹きつけられたその人に、気持ちが残るということはないものだろうか。いくら瓜二つとは言っても。

2013/12/15 14:53

投稿元:ブクログ

はじめて読んだシェイクスピアの喜劇。双子の兄と男装している妹を間違える周囲の人々が起こしていく一騒動。表向きは人々の勘違いを笑う滑稽な話なのだけれど、笑い事ではすみそうもないダークな一面がところどころ垣間見える話だった。

2014/06/23 17:22

投稿元:ブクログ

おもしろい!!
一番好きなのはフェステ。

舞台とかを見てた方がわかりやすく読めると思うけど見てなくてもいろいろ想像して笑ってしまう(´∀`*)

2014/09/30 21:02

投稿元:ブクログ

図書館の新蔵書棚にあったので「戯曲、挑戦してみるか…」ってことで借りた。お芝居は観るけど小劇場系が気軽でそればっかで、古典を題材にしたのはほとんど観てないし…そもそも観る専門だし…。舞台上で役者さんがテンポ良くやってたらおもしろいんだろうなって思うけど!戯曲を楽しむには経験値低すぎました(笑)まだまだだね!ということで。

2015/07/13 00:35

投稿元:ブクログ

話がこじれていく様が面白い。
道化の話は笑える。
”御門の前に、悲しみの柳の枝で小屋を建て、お邸のうちに向かって、わが魂たる姫君のお名前を、声を限りに呼びつづけます”という表現が面白い。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む