サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夜魔 奇(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2010.1
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/289p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-868277-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

夜魔 奇 (電撃文庫)

著者 甲田 学人 (著)

「君の奥底に眠る『願望』は、何だね?」小学校の校庭に立つ、大きな桜の木。この桜は子供を攫う。咲がまだ子供の頃、目の前で親友が桜の花びらに沈み、消えた。風が薙ぎ、桜色のさざ...

もっと見る

夜魔 奇 (電撃文庫)

616(税込)

夜魔 -奇-

616 (税込)

夜魔 -奇-

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「君の奥底に眠る『願望』は、何だね?」小学校の校庭に立つ、大きな桜の木。この桜は子供を攫う。咲がまだ子供の頃、目の前で親友が桜の花びらに沈み、消えた。風が薙ぎ、桜色のさざなみが立つ時、咲は悪寒とともに明確な危険を感じる。—桜の花びらは危険だ。そして、親友のことを想い続け、魔女と出会った彼女は、密かに願う。これは、『Missing』シリーズの夜色の外套を身に纏った魔人・神野陰之と、魔女・十叶詠子が紡ぐ物語。そして二人の出会いとは—。甲田学人が放つ渾身の幻想奇譚短編連作集、メディアワークス文庫『‐怪‐』と連動し、待望の文庫化。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔メディアワークス 2005年刊の分冊〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

罪科釣人奇譚 15−71
薄刃奇譚 73−125
魂蟲奇譚 127−185

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/10/15 14:06

投稿元:ブクログ

同作者のMissingや断章のグリムシリーズほどのグロさや恐怖は無い、「痛み」の描写が少ないオススメ本。恐怖の感覚は十二分に味わえる幻想的な短篇集です。もっと恐怖や望むならMissing、グロさを望むなら断章のグリムも手に取ってみて。

2010/05/30 22:07

投稿元:ブクログ

甲田作品好きすぎて書ききれない!

2005年の単行本をメディアワークス文庫とわけて文庫化。
桜の話書き下ろし。

2010/01/23 22:44

投稿元:ブクログ

missing・断章のグリムの甲田先生の作品です。
missingの番外のような短編集でメディアワークスの夜魔-奇-との同時刊行です!!

2010/01/26 11:50

投稿元:ブクログ

ハードカバー版で読んでるけれど書き下ろしが入っているとのことで購入。
もう読んでて痛い、痛すぎる。
怖いとかグロというか、そういうのを飛び越えて本当に痛いとしか言いようがない。
どれくらい痛かったかというと、後書きの『願わくば皆様の心に刺さる小さな棘になれますことを』の一文に「小さな棘じゃねえよ、ざっくり刺されたわ、皮膚が泡立つわ!!」と全力でつっこみを入れるくらいの痛さ。
カッターの話とか本当にありえない…読んでて顔が「くわっ!」となります。「くわっ!」と。

ただのホラーを期待して読むと言葉どおり痛い目見る本。

2010/01/17 14:21

投稿元:ブクログ

甲田さんのデビュー作が再登場しているのに感動しました。
おおおお、あのお兄さんがカラーで再登場には感動してしまいました。
あの魔女の小さい頃のイラストもキュートだった。

2010/01/27 01:27

投稿元:ブクログ

こっちを先に読めば良かった、あとがきをさ。
奇も怪も、昔出た夜魔の分冊だっただなんて………

釣人の話が実は好き。

2010/01/14 05:43

投稿元:ブクログ

ハードカバーで殆ど読んでしまったので、
書き下ろしの分だけ。
桜のお話、どこかで出てきましたよね?
あれ以来ずっと気になっていたのが遂に分かってすっきり。
しかも此処の所新刊が出ていなかったので、
久しぶりに甲田作品を読めた!という満足感でいっぱいです。

三日月かけるさんの絵も素敵でした。
でも個人的には詠子は翠川さんの方が好きです。

2010/01/16 23:51

投稿元:ブクログ

ハードカバーでほとんど読んだのですが書き下ろしにつられました←
あと、「夜魔―怪」と連動と聞いたので。

2011/02/25 15:14

投稿元:ブクログ

2010.4.18購入。
積読をようやく消費。やっぱり怖かった。途中のカッターの話は痛くてきちんと読めなかったんですが、蟲の話は好きだったな。釣人の話は投稿作だとは思えない完成度だと思います。勿論、出版するにあたって担当さん等からのアドバイスと加筆修正は行われているのでしょうが、それにしても凄い。

2010/01/16 02:15

投稿元:ブクログ

ハードカバーでも持っているのですが、書きおろしに釣られて購入しましたw
相変わらず、痛い描写が上手すぎて、読んでいてヒーヒー言っておりましたw

十叶先輩や、神野氏に久々に出会えたという気がいたしましたね
Missingに繋がる物語でもありますが、これ単独でも読める作品でございます
一応ホラー物ではありますが、グロ要素もありますので、苦手な方はご注意を…

2010/02/20 12:48

投稿元:ブクログ

ハードカバーでほぼ読んでいたので抜き読み。田中学人がリストカットを書くと本当に痛々しくてぞっとする。詠子さんの話がお気に入り。

2011/04/06 14:29

投稿元:ブクログ

同時発売のメディアワークス文庫の『怪』とセットで読むのがオススメ。こちらはやや幻想っぽい雰囲気。相変わらず甲田さんの作品は表現が生々しくて読んでいてリアルに痛くなりそう。でもそのリアルさが癖になります。
個人的には桜の話がよかったかな。痛いけど。

2010/08/28 00:22

投稿元:ブクログ

Missingの外伝みたいなものかも?
魔女の話が含まれています.
まぁ,知らなくても全然楽しめます!!

ホラー系なので苦手な方は避けたほうがよいかと...

2012/09/16 06:50

投稿元:ブクログ

元は1冊の単行本だったのを文庫化にあたり二分冊した。片割れはメディア ワークスから出ている『夜魔-怪-』。
『Missing』の魔女と魔人が出てくる。
奇の方を先に読んだほうが良いでしょう。

2011/06/23 23:26

投稿元:ブクログ

痛い、しかし綺麗。漠然としてるけど、それが全て。ホラーともグロとも言えない綺麗さは流石。痛さでは薄刃、綺麗さでは桜下、全体で考えると魔女。なんだかんだ言って詠子と神野のコンビが好きだと再確認。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む