サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/361p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75232-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集 (光文社古典新訳文庫)

著者 ブラックウッド (著),南條 竹則 (訳)

芥川龍之介、江戸川乱歩が絶賛したイギリスを代表する怪奇小説作家の傑作短篇集。古典的幽霊譚「空家」「約束」、吸血鬼と千里眼がモチーフの「転移」、美しい妖精話「小鬼のコレクシ...

もっと見る

秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集 (光文社古典新訳文庫)

1,008(税込)

秘書綺譚~ブラックウッド幻想怪奇傑作集~

950(税込)

秘書綺譚~ブラックウッド幻想怪奇傑作集~

ポイント :8pt / 紙の本より58おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

芥川龍之介、江戸川乱歩が絶賛したイギリスを代表する怪奇小説作家の傑作短篇集。古典的幽霊譚「空家」「約束」、吸血鬼と千里眼がモチーフの「転移」、美しい妖精話「小鬼のコレクション」、詩的幻想の結晶「野火」ほか、名高い主人公ジム・ショートハウス物を全篇収める。【「BOOK」データベースの商品解説】

イギリスを代表する怪奇小説家の短篇集。古典的幽霊譚「空家」「約束」、吸血鬼と千里眼がモチーフの「転移」、怪しい妖精話「小鬼のコレクション」、詩的幻想の結晶「野火」ほか、主人公ジム・ショートハウス物を全篇収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

空家 9−39
壁に耳あり 41−68
スミス−下宿屋の出来事 69−97

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

仄暗く、ひそやかで、不可思議で、つい覗いてみたくなる。

2012/01/27 11:42

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヴォカド - この投稿者のレビュー一覧を見る

「好奇心は猫を滅ぼす」というけれど、人間だって同じだ。
穴があったら覗いてみたいと思うし、怖いものは、怖いのに(怖いからこそ)見てみたくもなる。

恐怖にもいろいろあるけれど、この人の恐怖譚は、驚かすだけだったりえげつなかったりというものではない。

ジム・ショートハウスを主人公とする11本。
怖さというより、どちらかというと不思議感や薄気味わるさ。時には詩的と感じられるほどの。

芥川龍之介や江戸川乱歩が絶賛したというのも、さもありなん。
「秘書奇譚」など、なるほど芥川「魔術」への影響を感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

どれもこれも魅力的

2016/05/16 23:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

「空家」が一番好きですが、他の作品もブラックウッドらしい美しくもの悲しい雰囲気の中、恐怖や不思議が絶妙に描かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/13 20:52

投稿元:ブクログ

幽霊譚など怪奇幻想もの。小説の構造として奇妙なものも多いんだけど、文章の密度というか、ビジョンというか、雰囲気がすごく良くて、怖いというよりも、物語がしみじみ心にしみてくる感じ。

2014/09/06 17:38

投稿元:ブクログ

スタンダードな幽霊譚や幻想的な「転移」「野火」。どれも恐ろしい感じはしないのだけど、不思議と登場人物の表情や暗い風景がありありと浮かぶ。とりあえず、ジム・ショートハウスは怖い思いし過ぎだと思います。
単純に私の感覚的な問題かもしれないけど「ホラー」という言葉には日本の小説がしっくりきて、「怪談」は欧米の古い作品がしっくりくる。

2016/05/01 18:40

投稿元:ブクログ

『空き家』
『壁に耳あり』
『スミスー下宿屋の出来事』
『約束』
『秘書綺譚』
『窃盗の意図をもって』
『炎の舌』
『小鬼のコレクション』
『野火』
『スミスの滅亡』
『転移』

短編のアイディア自体どこかで見たようなスタンダードなものが多いが、文章力によってページをめくらせる。『約束』は『雨月物語』の『菊花の契り』を思い出した。緊迫した状況や恐怖感を描くのがうまく、『空き家』『秘書綺譚』はドキドキしながら読んだ。
訳文に独特な癖がある。訳者自身も小説家らしい。翻訳にしては我が強い文章なので一体誰の本を読んでいるのか少し首を傾げたくなった。ただ、原作者と訳者のハイブリッド作品としては面白く読んだ。

2013/01/20 19:10

投稿元:ブクログ

「幻想怪奇」という言葉に惹かれて。

一つ一つの話が「アレは何だったんだろう?」という後味の悪さを残して終わっていく。特に表題作「秘書綺譚」のアレは何だったろう?感が凄い。こういう引っかかる感じが、本読みにはたまらない。

確かに幻想怪奇な傑作が詰まった素晴らしき1冊。江戸川乱歩が絶賛しただけあるなぁ…。

2015/09/10 08:38

投稿元:ブクログ

表題作が一番良かった。怖かった。

(表題作について)敵方のボスと使用人、使用人はユダヤ人なのだが、とにかくこの二人がおそろしい雰囲気を醸し出している。ユダヤ人ってこんなイメージだなあ、と自分で抱いているものをさらにおぞましくした人間として描かれているし、館の主はなりふり構わず生肉をガツガツと喰らう。十分に堪能した後は紳士然と振る舞うが。
屋敷自体も荒野にぽつねんと立ちどこか薄暗く、絶対変な部屋があると思わせる。アダムスファミリーのち家の空間みたいな。あるいはゴシック小説に出てきそうなもの。
いろいろ探索してついに視線の正体を発見するのだが、そこが一番こわかった。

楽しく読めた。

2012/01/22 13:38

投稿元:ブクログ

ジム・ショートハウスもの11本。

怖さというより、どちらかというと、不思議だったり薄気味わるかったり。
芥川龍之介や江戸川乱歩が絶賛したというのも、さもありなん。
「秘書奇譚」など、芥川「魔術」への影響を感じる。

2012/05/02 02:17

投稿元:ブクログ

ショートハウスが出てくる作品を主に集めた短編集。
ゴーストが主だけど、人狼的なもの、吸血鬼的なもの、バラエティに飛んでいて面白く、すぐに読み終わってしまった。何度でも読み返したい本。

2012/03/03 10:35

投稿元:ブクログ

乱歩が早くから紹介していたブラックウッドの短編集。光文社の古典文庫で、新しく翻訳されて読みやすい。作品も、幽霊話あり心霊現象ありサイコ系ありバラエティに富んでいて、読み飽きません。

2012/02/06 18:55

投稿元:ブクログ

最近、寝しなに読んでいます。この作家は神智学協会員でもあって、心霊的現象の詳細な描写がいかにもという感じ。

2012/10/24 18:38

投稿元:ブクログ

百年前の作品なんて信じられないです。
最近は妙に凝った作風のものが多いせいか、こうあっさりとしたプロットなんだけど文章力で勝負! ていう作品がひどく新鮮でした。
本当に面白い。
じっくりと読みたいって思っていたのに、この後どうなる? で、どんどんページをめくってしまい、すぐに読み終えてしまいました。
古典文学に分類される作品ですが、新訳だからか読みやすかったです。

2012/03/30 02:54

投稿元:ブクログ

表題作他10編の、英国式古典的怪談集。
蝋燭の仄明かりを頼りに暗がりを進んで行くと、
フッと何者かの顔が視界に飛び込み、
またすぐに消えた……が、
それが何だったのか、説明がつかないまま終了――とか。
このモヤモヤ感が堪らない。
本体が死すとき、
その分身(投影、あるいは副産物)も共に滅びる、
という「スミスの滅亡」や、
牙を剥いて生き血を啜る典型的なタイプではない吸血鬼の話
「転移」が特に面白かった。

2012/03/25 06:00

投稿元:ブクログ

・私がアルジャノン・ブラックウッドですぐに思ひ出すのは短編「柳」である。これは超のつく有名作で、ブラックウッドにつ いて書く時には、誰もが必ずといつて良いほど言及する作品である。あの自然の怪異と畏怖には圧倒的なものがあり、一読讃歎、彼の代表作と いふにふさはしいと思ふ。同じく、「古い魔術」も彼の代表作であり、実に多くの人がこれに言及してゐる。もしかしたら猫好きな人には愛憎 半ばする物語かもしれないが、あの紛れ込んだ世界の実在感もまた圧倒的である。ブラックウッドは多くの怪奇幻想小説を書いた。この2作以 外にも優れた作品が多い。生まれは1869年、日本では明治元年になるのであらうか。30代終はりに作家となつた。イギリスの怪奇小説黄 金時代を生きた人である。そんな人だから、優れた怪奇幻想小説を書いてゐるのは当然であらう。ブラックウッド「秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集」(光 文社古典新訳文庫)には11の短編を収める。いづれもそんな時代を彷彿とさせ、そんな雰囲気を 堪能させてくれる正統的な短編である。更に、本書のポイントはショートハウス物すべてを収めるといふ点にある。この人物はジョン・サイレ ンスほど有名ではないし、登場する作品は4作しかないが、それをここに収めてあるのである。「彼の性格は作品によって多少違いますが、若 き日の作者の分身である」(「解説」346頁)とか。ブラックウッドは若い頃、様々な仕事を経た後に金持ちの秘書を務めた(同前333 頁)。このあたりを言ふのであらう。
・その表題作「秘書綺譚」、やはり大金持ちの秘書として務めた仕事の話である。主人の命で、主人のかつての盟友の家を、古い契約書の件で 尋ねる。そこは田舎家、奉公人のユダヤ人との二人住まひ、普段は尋ねてくる人とてない寂しい生活を送つてゐる。歓待され、依頼された仕事 は無事終了、さて帰らうとすると……お決まりの如くに、既に最終列車の時間には遅くなつてゐる。そこでやむなくショートハウスは泊まるこ とにする。さうして、後は恐怖の一夜が待つてゐる……本当に型通りの見事な展開である。この先はどうなのであらう。その家の雇ひ人がいさ さか不気味な男であつたり、主人が生肉しか食はなかつたりで、早々に部屋に入れば、そこは「まことに気持ちの良い素敵な部屋だったが、 ショートハウスは(中略)神経が発する警告を無視できなかった」(174頁)。これもまたなかなかのお膳立てである。さうして最後に事が 起きるが彼は難を逃れて帰着、務めを果たしたゆゑに主人は「給料を上げてくれたばかりでなく、帽子と外套を新調しろ、勘定書はこちらへま わせ、と言ってくれたのだった。」(189頁)実際、この物語は綺譚である。単なる怪奇、恐怖小説とは違ふ。その意味では、先の「柳」と は全くタイプの違ふ作品である。これに対して、冒頭の「空屋」「壁に耳あり」は幽霊譚である。「空家」は伯母との幽霊屋敷探検である。こ れは屋敷の様子とそれに対する二人の反応が中心である。「壁に」はその部屋に取り憑いた霊の出現の物語である。最後にその事情が明らかに される。幽霊譚でも律儀なとでもつきさうなのが、ショートハウス物ではな���が、「約束」である。日本ならさしづめ○○の契りとでも題され さうな内容である。要するに、ある男がかつての約束を守つて友のところに幽霊として出現するのである。どちらもよくありさうな物語である し、現代ではかういふのは書かれないであらうとも思ふ。古典的である。イギリス怪奇小説の黄金時代を思はせる作品である。他に、変種の吸 血鬼譚もある。代表作ではなくとも、楽しめる作品集である。

2012/09/29 20:32

投稿元:ブクログ

全編面白かった!
100年前の作品なのに、全てやりきっている。ジム・ショートハウスを主人公とした短編が全て入っていたのがありがたい。この本には収録されていないが、ジョン・サイレンスを主人公にした作品の方が有名らしいので、それも読んでみたいと思った。
が、果たして翻訳されてるのか…?