サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. シンヂ、僕はどこに行ったらええんや

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シンヂ、僕はどこに行ったらええんや
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/08/07
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:19cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-30444-2
  • 国内送料無料

紙の本

シンヂ、僕はどこに行ったらええんや

著者 喜国 雅彦 (著)

漫画家・喜国雅彦が謎の男シンヂに導かれ、初めて経験した東日本大震災の被災地でのボランティア活動を、フォト&イラストを交えて綴る。著者のオフィシャルブログ『犬ふんランニング...

もっと見る

シンヂ、僕はどこに行ったらええんや

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

漫画家・喜国雅彦が謎の男シンヂに導かれ、初めて経験した東日本大震災の被災地でのボランティア活動を、フォト&イラストを交えて綴る。著者のオフィシャルブログ『犬ふんランニング日記』を大幅に加筆訂正して書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

喜国 雅彦

略歴
〈喜国雅彦〉1958年香川県生まれ。多摩美術大学油画科卒業。81年「ふぉーてぃん」でデビュー。「月光の囁き」などの漫画作品の他、エッセイ集として「本棚探偵の冒険」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/10/03 11:22

投稿元:ブクログ

表紙の、一見怖そうなごっつい男が幼いトイプーを抱く姿は、「俺のエサ!」に見えなくもないのだが、彼が「シンヂ」のようです。

喜国さんの「自分が見たこと、経験したことだけ」の等身大ボランティア日誌。
仰々しいドキュメンタリーや(ボランティア)精神論とは一味違う「現場の伝え方」は喜国さんならではですね。


ところで、『本棚探偵 最後の挨拶』はいつ出るんだ?

2012/08/21 20:36

投稿元:ブクログ

自分で経験したことだけを書いてあるボランティアエッセイです。人目になかなか触れない、被災地での出来事を、歴史に残してくれて、喜国さん、本当にありがとう。

2012/09/02 22:18

投稿元:ブクログ

喜国雅彦の新刊である。喜国と言っても知らない人の方が多いだろうが、エロ系お笑い漫画家である、と言ってももっと判らないであろうが、出版会の常識を根底から覆したあの快著「本棚探偵」シリーズの著者でもあると言えばもっと混乱させるかも知れない。

そんな喜国の新刊のタイトルは「シンヂ、僕はどこへ行ったらええんや」である。シンヂって誰?表紙の男?と不思議に思うのは当たり前である。彼は喜国の小学館時代の編集者M山が何故かロシアで知り合った大阪の土建屋の役員であり、喜国が「本棚探偵」でバカ企画を思いつきM山を誘うたびに、赴任先の台湾からその企画に参加するためだけに帰国するような行動派の男である。否、誘われて参加しないと負け、と思い込んでいるフシのある不思議な男である。

前作、「本棚探偵の生還」の別冊で、只見線に読書のためだけに乗る、という企画を立てた時もわざわざ台湾から駆けつけ、旧国鉄の制服を着たり、メーテルになりきりコスプレを車中で披露するというように企画の意図を必要以上に理解し主役を奪うような大阪人らしいノリを披露する変わり者でもある。

その彼が2011年の春の東北大震災直後、いの一番に被災地に駆けつけ、そこでボランティア活動を行っている様子をメール等で喜国に連絡していたことに触発されたのがきっかけで、ボランティアに縁の無かった喜国が初書き綴ったのが本書というわけだ。まあそんなシンヂのバイタリティ溢れる活躍が満載かというと必ずしも僧ではなく、シンヂの廻りを引き込む力とそこに吸い寄せられるこれも一癖も二癖もありそうな人間が主役の活動記だ。

2012/10/18 08:41

投稿元:ブクログ

キクニ氏が自ら長期間にわたり体験した、被災地でのボランティア活動の記録。

以前からのキクニマンガのファンとしては、あんなことやこんなことを描いてたヒトがこんな正しいオコナイの活動をするなんてー、という感想であります。

誇張も謙遜もしない、等身大で自然体の活動記録が記されています。

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む