サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

黒執事 18(Gファンタジーコミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

黒執事 18 (G FANTASY COMICS)

著者 枢 やな (著)

学園ごっこはもう終わる 名門寄宿学校に潜入したセバスチャンとシエルは、ついに事件の真相に辿り着く。いじめ撲滅に向かった、正義感溢れるエリートたちが迎える哀しい結末とは―...

もっと見る

黒執事 18 (G FANTASY COMICS)

607(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「黒執事 18」が含まれるセット商品

黒執事(ガンガンファンタジーコミックス) 23巻セット(Gファンタジーコミックス)

黒執事(ガンガンファンタジーコミックス) 23巻セット

商品説明

学園ごっこはもう終わる 名門寄宿学校に潜入したセバスチャンとシエルは、ついに事件の真相に辿り着く。いじめ撲滅に向かった、正義感溢れるエリートたちが迎える哀しい結末とは―!? 「寄宿学校編」ついに完結!!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー37件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

葬儀屋

2015/09/30 23:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くー - この投稿者のレビュー一覧を見る

デリックの話終わりましたね、、
監督生達、気持ちは分からなくもないですけど、考え方は分からないなぁ(笑)

で、葬儀屋でてきましたね!
私、なんでか葬儀屋めちゃくちゃ好きなんですよね(笑)
何ででしょう?(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい!

2014/03/15 13:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:myuu810 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリーの内容は抜群におもしろい!天使と悪魔、死神などいろいろ謎も多いが最後がどうなるのかとても楽しみ!TVの方も今年中に最新作が放送されそうなのでそちらもたのしみ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/31 02:25

投稿元:ブクログ

セバスチャンのジャーマンスープレックスには笑ったw

やっぱり女王は食えねぇなぁ。こわいこわい。

メイリンのメガネやフィニの帽子ってルフィの麦わらみたいな存在だと思ってたんだけど、そうでもなかった笑

2014/01/27 00:23

投稿元:ブクログ

使用人たちの久々の登場はなんだか懐かしい気になる。彼らは和むなー。

しかし、女王は黒そうだな腹の内が。。
そしてこの漫画はどの方向に話を持って行くのか気になる。

2014/01/21 16:26

投稿元:ブクログ

寄宿学校編完結。デリックの件、ひどい話… 葬儀屋は先代以前とも関わりがあったっぽい。街へ出かけてお買い物・視察の話はなんかほっとする。セバスチャン、宣伝上手。坊ちゃんも流石。次は人狼編。魔女の呪いなんてあるのかね?

2014/01/21 22:27

投稿元:ブクログ

なんとも後味の悪い寄宿舎編だったなぁ。
まぁ、この話は基本的にそうかな?とも思う。

お買いもの篇でほっと一息。

魔女・・・

2014/03/26 23:19

投稿元:ブクログ

メチャ ハマッた。
『執事ですから』はステキなキメ言葉。

それと…カバーを外すと違うキャラが出て来るのにグッときてしまった。
オールバックのセバスチャンは結構ステキだと思うんですが、妙に笑えるのはなぜ?

4巻目でインドの王子様登場。そしてその執事も。カレー対決ですよぉ〜♪
5巻目でインドの王子と『親友』になられるシエル。
6巻目から新展開。サーカス編。 満面の笑顔のシエルが可愛くて仕方ない!
7巻目にて笑顔のシエル、幼少の時に喘息をぶり返す…(T_T)
 しかも後半に幼少のシエルとお父様が!!
 だけど、シエルのお屋敷のみんなって…。サーカス編佳境。
8巻目にしてサーカスの皆さん、ことごとくやられていきます。
 ハントムハイヴ家は生半可じゃーないんです。
 メイリン半端なくカッコいいんですっ!
 そして出てきたのは女王の番犬の見張り番』で良いんでしょうか?
9巻目にしてヤツは『女王の陛下の秘書武官兼執事』と判明。
 密室殺人が発生し、次々に死んでいくパーティー客。
 そしてセバスチャンまでも…
10巻にて密室殺人編終了。
 いやぁ、やっぱりセバスチャン。牧師にもなりますか…。
 それにしても田中さんは凄すぎ。
 田中さんが執事であるのはハントムハイヴ家の誇りでしょう。
 うん。綺麗にまとめてくれた枢さんに半端ナイ拍手を。
 セバスよ。自室のクローゼットにネコ飼うの止めましょうよ…
11巻にて謎解きの真相と、その時の回想をする小説家。
 途中からサーカス編の一人(スネーク)を屋敷に迎える。
 舞台を船上に移しての物語が始まる。医師姿のセバスが見れます。
 死者を蘇らせる医師の集まり『暁学会』に潜入。 爆笑ポーズ『不死鳥』。
12巻でグレル登場。格好いいは大活躍するわ・・・。
 船上での大バトル、後輩であるロナルドは結構普通に対応している。その対比が素敵♪
 大活躍はスネークも一緒。
 そして、大本命はリジー。リジー一家は『英国騎士団団長』。プライド命。
 その娘であるはずのリジーが険を持つ。
 剣を振るうリジーはその姿を『可愛くない』と言い放つが格好いい。
 lastの台詞は『女王の番犬の妻』。カッケー・・・
13巻でリジーの決意に涙。コレがリジーの本心か。格好良すぎ。
 沈没して行く船の上でリジーとスネークは救助船へ。
 不死鳥の創始者『ドルイット子爵』。そのバックはアンダーテイカー。
 葬儀屋は仮の姿。実は死神・・・出すのは卒塔婆。
 死神と悪魔がイレギュラーの死神を倒す。卒塔婆、強い。
 葬儀屋にシエルを人質に取られ、セバスはデスサイズの餌食に。
 セバスとシエルの過去。二人の契約の時を見る事になる。
14巻ではシエルとセバスの始めからの生活が始まる所からstart。
 そしてバトルへ。
 葬儀屋は『宝物』をシエルに託して姿を消し、船は沈没する。
 後編はイースターの話にて、リジーが不信感を抱き始める。
 次に繋がる話として、シエルが学校に潜入。
 セバスは『寮��』として。
 良いのか?悪魔が十字架下げてて?
15巻で『やっぱり英国!』と思わざるを得なかった。
 コレだよ、コレ!パプリックスクール編ではかなり期待してたから嬉しい。
 実は私もこの系列の話、大好物なんですよ。
 しかも、可愛いシエルも見れるし、しかもソーマ王子まで!
 いや、像での登校は止めようよ。
 実際、英国とフランスはそういう所、厳しいから見れて嬉しい。
 コレからどうなるのか?
 何を探るのか?
16巻ではクリケット大会編。知恵で勝ち取る赤寮との一回戦。
 でも、これ、反則じゃ…。軽食に下剤混入って…良いの?
 実はシエルのお父さんが同じ学び舎にてクリケットで優勝。
 シエルの父さん左に泣きぼくろがあって、素敵なの♪
 でも『ずっと欲しかったんだよね 忠実なドイツ犬』って…
 2回戦、緑寮対戦途中で校長が登場。シルクハットで分からない顔。
 それを追うセバス。
 シエル、夜中のお茶会に招待されるか?
17巻で無事クリケット大会で優勝し『お茶会』に招待されるシエル。
 ラウが…姑娘侍らせての鑑賞は笑った!
 校長はセバスが追っても追いきれない早さ。
 そして、お茶会に望むシエル。
 実は校長が『葬儀屋』。絡むは フェニックス 。
18巻、パブリック編終了。
 葬儀屋とセバスの判断でシエルは無事難を逃れたが、葬儀屋は逃げる。
 真相は女王に告げられるが、女王の『死者蘇生が味方についたら素敵』と…
 居なくなった人々は事故として処理され、殺人を犯し、隠蔽に協力した寮長達は放校処分。
 実家に帰るシエルが見た物は…いつもの顔ぶれ。
 帰ってから新商品発売、視察のために皆と買い物へ。
 その後、女王からの依頼でドイツへ行く事に。
 絡んでいるのは葬儀屋。
 『魔女の呪い編』始まります。

この漫画、終われるのかな?
何処まで続くんだよ・・・。どう落とし込むんだよ?

2014/07/13 19:00

投稿元:ブクログ

寄宿学校編完結。次は緑の魔女・・・いよいよもってダークな展開がやってきそう。
女王陛下の怖いお言葉も意味深ですねえ。サーカス編のアニメ化も合わせて楽しみなシリーズ。

2014/01/20 12:43

投稿元:ブクログ

面白かったです。今回は、学園編のラストと、魔女編の最初。
前回の船編はタイタニック風で、学園編はハリポタ風。今度は何かな。

学園編は、クリケット大会での明るさとの落差が何とも言えないです。


使用人達も登場しているので、活躍が楽しみです。田中さんにも活躍して欲しいな。

2014/01/21 12:34

投稿元:ブクログ

新章の魔女の森も面白そーだが、閑話休題的なほのぼの系が面白かった-。
ツッコミ処はいっぱいなんだけどな。アイリーン嬢は、どうしてセバさんが生きてることに驚かないんだろう!? とかな!
まあ何事もツッコめるから面白いというのは、あるよね。

所々に映画の『シャーロック・ホームズ』(ロバート・ダウニーJrのやつね)の影響が散見されるのにもニヤニヤした。

2014/01/22 23:15

投稿元:ブクログ

いつも通りのラストのシリアスへの直下振りよ!
 デリックのクズっぷりに目も当てられない。
他人の才能を奪って自分の物として発表するって付け焼刃ですよ、良心の呵責とかないのか。
ないからデリックはクズなんだろうな。
将来どうするんだって監督生達によって潰されましたが。
監督生の怒りはもっともではあるけど人殺しを正当化するのがいけんよな。
シエルの「教育と洗脳は紙一重」っていうのがまさにその通り。
皆いい子達なんだよ、監督生達は。
真面目で伝統を重んじ、正義に燃える。
そんな素直な子達だからこそ、洗脳されたら一気に狂気に走るんだろうな。切ない。
 バイオレットはやる気ない、無理やり監督生にというイメージだったんですが事件の時の様子を見る限りバイオレットも伝統に固執してたんだなぁ。
 後、ハーコートが失禁とか漏らすキャラと化してる。
次期監督生の中にはいなかったのは精神的ショックから自主退校したんでしょうか。
線細いし、こういうの一番こたえるタイプみたいだしな。
 救いは新監督生の3人が殺人を正当化する4人を怖い思えたことですね。
まあ、背負うものも考えることも大きいけれど3人なら乗り越えてくれるよ。

 新章はドイツ、魔女!
触りだけでわくわくしますね!
幼女!幼女!民族衣装!
女だらけの村って言ってるけどサリバン抱えてるあいつはなんなんだ!
あいつこそが人狼!もしくはガチムチ貧乳のウーマンなのか。
次巻が楽しみ
 

2014/10/09 15:13

投稿元:ブクログ

学園ごっこはもう終わる。
名門寄宿学校に潜入した二人は、ついに事件の真相にたどり着いた。
いじめ撲滅に立ち向かった、正義感溢れるエリートたちが迎える哀しい結末とは…。

事件の真相がすごく後味悪い。P4の憤りは理解できるし、デリックたちが禄でもなかったのもよく分かるんだけど、止める手段とその後の対応はやっぱまずかったよな。犯しちゃった罪は罪だし。そこを肯定的にしようと画策したのはやっぱいけない。でも彼らが一方的に悪だとも言いづらい。事件が後味悪いのも黒執事ならではか。
葬儀屋がまた現れたりでバタついたけど学園編も無事終わり。
ただ女王陛下があれで結構黒いから怖い。笑顔で何のたまってるの…。
次は人狼編。また厄介そうだなぁ。

2014/02/08 17:59

投稿元:ブクログ

伝統を重んじるあまりに人を殺し、それを隠蔽していた。なんとも後味の悪い終わり方。黒執事らしいといえばらしいのかもしれない。
寄宿舎編のあとは魔女の呪い編がスタート。王道のネタがつづく。

2014/05/02 23:00

投稿元:ブクログ

もっと「ファントムファイヴ伯爵」にぎょっとするシーンがあるかと勝手に思っていた。
あと「殺したけど正義」の異常性がもっと強調されてるとよかったな。

前任のファントムファイブ伯爵についてもっと切り込んでくれるとよいなあ。
いくらシエルが子供だとはいえ、悪魔の力を借りてやっていることをどうこなしていたのかっていう。

あと女王陛下の反応が思った通りでげってなった。
敵になっちゃいます・・?

2014/01/21 19:33

投稿元:ブクログ

学園編終了ー。
なんだかすごい後味が悪いなー。
クリケットのあとの写真が良いだけに切ないなー。

みんなとお買い物編もおもしろかった。
カバンを買ってもらってよろこんでるのがかわいい。

女王陛下怖い…!!

女性コミック ランキング

女性コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む