サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/07
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/339p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-110734-8
  • 国内送料無料

紙の本

記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞

著者 門田 隆将 (著)

東日本大震災による大津波の最前線で取材していた24歳の地元紙記者は、なぜ死んだのか。その死は、なぜ仲間たちに負い目とトラウマを残したのか。『福島民友新聞』を舞台に、記者た...

もっと見る

記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東日本大震災による大津波の最前線で取材していた24歳の地元紙記者は、なぜ死んだのか。その死は、なぜ仲間たちに負い目とトラウマを残したのか。『福島民友新聞』を舞台に、記者たちの執念と葛藤を描いたノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

その時、記者たちは、なぜ海に向かったのか――。東日本大震災で存続の危機に立った福島民友新聞。『死の淵を見た男』著者、門田隆将があの未曾有の危機に直面した記者たちの真実の姿と心情を描く。【商品解説】

著者紹介

門田 隆将

略歴
〈門田隆将〉1958年高知県生まれ。中央大学法学部卒。ノンフィクション作家として、政治、経済、司法、事件、歴史、スポーツなど幅広い分野で活躍。「この命、義に捧ぐ」で第19回山本七平賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

「使命」とは「命を使う」と書く

2014/04/16 15:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ytniigata - この投稿者のレビュー一覧を見る

あの日、千年に一度という大地震と大津波を、私たちは報道で知った。
あの日、安全神話が崩れ、日本中を不安に陥れた原発の真の姿を、私たちは見た。
ヘリコプターから撮影された津波の映像は、田畑が呑まれ、街が失われ、人々の命が奪われていく「今」を伝えていた。その「今」のなかで、人の命を救うために「人としての使命」を果たし、自らの命を落とした記者がいた。反対に、迫りくる濁流を前に、今まさに呑みこまれゆく老人と幼子を助けることができず、自らは生き延び、震災から3年、「記者としての使命」を果たしながら、葛藤し続ける記者がいた。
人命か。報道か。
使命とは何か。
本書の中で、紅蓮の炎をあげる街を写した記者は語っている。「自分の身の安全が二の次になっていました。(中略)新聞記者というのは、危険なところへ一歩でも前へと突き進む」
『記者たちは海に向かった』──本書には、津波に向かった記者たちの、放射能のただ中に向かった記者たちの、ジャーナリストという「宿命」、大震災という「運命」、そしてそれぞれの報道人として、人としての「使命」 が克明に記されている。その様は「人は宿命に生まれ、運命に挑み、使命に燃ゆ」の言葉さながらの真実だ。
奇しくも、この本が出る前に父を亡くした。
大腸癌、肺癌、咽頭癌を経てもなお、生きる希望を持ち続け、誤嚥でつぶれた肺で最後の最後まで呼吸をし続けた父は、モルヒネ投与後に自らの力で起き上がり、「遺言」を私の掌にしたためた。深い眠りに着いた父の顔は安らかだった。そこには、文字通り命を使いきり、「使命」を果たし終えた父親としての顔があった。
今、私たちは「mission」という言葉をあまりにも安易に使ってはいないだろうか。使命より任務の意で、この重い言葉をあまりにもたやすく多用している。そのかたわらで、津波に襲われ、放射能に汚染され、放置され、見捨てられ、腐敗していく多くの屍がまだ発見されず、無念の声なき声を発しているのも事実だ。多くの死のなかに、命がけで「人としての使命」をまっとうした崇高な生がある。
「使命」とは「命を使う」と書く。
記者の使命とは何か?
「そのとき」人として何ができるのか。
「そのとき」人としてどうするか。
福島の「そのとき」と、新聞人たちの「真実を報道しよう」とする姿に胸揺さぶられる一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/09 20:44

投稿元:ブクログ

3・11のあのときの緊迫感が伝わってくる作品。

民友新聞(福島県)の新聞記者達の体験して、見た地獄絵図。
記者として、撮り続けるという仕事。
後悔と悔しさと、情けなさと。
それでも新聞を作るという事を諦めない。
読者が待っているから。
そして、津波の後と原子力の見えない恐怖。
ヒシヒシと伝わってくるその時の状況。

でも。
あえて一緒にする必要性は無かったような気がする。
前後作として、前編は新聞、後半は放射能とかって分けた方が読者的には解りやすい。
話しが飛んでしまうので、時系列的には何も間違っていないのだろうけど、読んでいてちょっとウンザリ。
私であれば、『上段・下段』で分けるかなー。
上段で新聞のその時。
下段で放射能のその時。
それであれば、読者的にもパッと見『何これ?』的に思うだろうし。
時系列が同じ時に起きているなら問題ないと思う。

2014/07/12 10:52

投稿元:ブクログ

東日本大震災に遭遇した福島民友新聞の記者たちがどのように行動したか、どのように紙齢を繋いだかを克明に書き表したルポルタージュ。
24歳の若さで犠牲になった記者。助かった記者たちも、人を助けられなかった後悔やあまりに悲惨な地獄絵図を見て心が折れそうになりつつ、必死で記事を書く。

忘れかけていたあの当時の気持ちを思い出して辛くなった。津波の被害は宮城ほどではなかった福島が、原発事故により復興の道が見えない状況が伝わってきた

2014/06/06 15:23

投稿元:ブクログ

自分の命を捨てての人命救助も尊いことだけれど、自分の命を家族に届けるのも大事なことです。木口記者に思い悩むことは無いと言いたいです。それにしても、新聞を出すという情熱に感動しました。

2014/04/30 21:23

投稿元:ブクログ

綿々と続く紙齢を絶やさぬように、手を尽くす新聞社員達。
己の仕事に対するプライドの高さは見習うべきことが多かった。
これだ。
お客さまは、何を求めているもの、それを一時も絶やさず提供し続けなければならない。
これが使命であり、果たすことで存在意義が認められる。
まだまだ自分の考えは甘い。

2014/06/20 08:41

投稿元:ブクログ

地元新聞社である福島民友新聞、そして福島民友新聞の新聞記者たちを通して書かれた東日本大震災の記録。
新聞記者たちは、震災、津波、原発事故という異常事態下においても、新聞記者だった。
ある記者は、目の前に突然津波が押し寄せてきた時に、思わずカメラを持ち写真を撮ろうとする。孫を抱えた老人が現れ、記者のほうに逃げてきた。しかし、もう間に合わないと記者はクルマをバックさせる。あの時、カメラを持たずに救いに走れば間に合ったのではないかと、その記憶に苛まれる。
また、ある記者は、役場の職員とともに津波からの避難指示誘導を続ける。しかし、その記者は津波から戻ってくることはできなかった。
新聞記者はまず普通の人間であるが、同時に記録者である。
その立場には、記録したものを持ち帰り、伝え、記録に残す責務がある。

2015/03/31 22:09

投稿元:ブクログ

3.11から4年。あの日、地元紙の記者がどう行動し、どう向き合ってきたか。『紙齢を欠いてはならない』という新聞社社員の意地と、海に向かった一人の記者の死。それぞれが直面した大震災がリアルに蘇る一冊。

2014/06/03 15:23

投稿元:ブクログ

新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:070.2126//Ka14

2014/09/23 22:43

投稿元:ブクログ

東日本大震災に際して、福島民友新聞の記者たちの動きを追ったノンフィクション。登場する人たちの気概、矜持、逡巡などが精緻な取材をもとに描かれていて、涙なくしては読めません。大新聞の足の引っ張り合いの醜態を昨今見せつけられているだけに、より感動が大きい。ただ、個人的に最も涙を禁じ得なかったのは、原発事故後初の東電会見の場面。この本にグッと深みが加わるのはこの部分。必読です。

2014/04/08 09:00

投稿元:ブクログ

東日本大震災、津波と放射能の現場で、福島民友新聞の記者達がどんな行動をしたのか?津波を撮るために、海に向かった若手ホープ記者・熊田さんは、どんな思いで現場に出向き、そして命を失ったのか?
生きる側も亡くなった側も紙一重だったのは間違いない。せつく辛い気持ちを、ノンフィクション作家の門田さんが拾い上げて、丁寧にまとめあげている。
誰がいい、悪い、とかではなく、そこにあった当たり前の生活を失った地域の人々と新聞記者たちを丹念に描いてくれます。
関係者の思いがこもった、2011年3月12日の福島民友新聞が読みたくなりました。

2015/06/05 23:29

投稿元:ブクログ

 震災直後の福島民友を追ったノンフィクション。

 こういう本を読むと震災直後の混乱を自分達がすっかり忘れてることに気づかされる。
 福島民友は震災直後の3月12日にも朝刊を出して紙齢(しれい)を欠くことを防いだわけだが、それは記者だけでなく配達の人など多くの人の意思があってのことだ。
 人を助け津波で亡くなった若い記者。思わずカメラを手にとって救助が遅れたと自分を責める記者。そういった記者達も強く印象に残ったが、私が一番印象に残ったのは福島第一原子力発電所の所長と民友の記者が会見で目が合った時に二人共号泣した場面だ。原発の人達はその地域の人達でもあるのだ。その事実の重みをひしひしと感じた。

2015/01/10 22:05

投稿元:ブクログ

桑田佳祐さんがラジオで紹介して読んでみた一冊。新聞記者魂はもちろんのこと、人間として行動した熊田さんの物語は語り継いでほしいものです。

2014/05/03 11:41

投稿元:ブクログ

私と縁のある人の話ですので、これまで読んだ本とは違って特別なものです。
どうかみなさん読んでください。

2014/06/28 06:28

投稿元:ブクログ

東日本大震災を体験した福島民友新聞の記者たちの記録。紙齢をつなぐためにギリギリの闘いをする記者たちに胸が熱くなる。また、未曾有の大震災に遭いながらも取材を続ける記者たちや配達を諦めない販売店の姿は感動した

2014/04/24 16:11

投稿元:ブクログ

残すべき混乱の記憶 評者:開沼博(社会学者・福島大特任研究員)|本よみうり堂
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20140415-OYT8T50180.html

角川書店のPR
http://www.kadokawa.co.jp/product/321309000157/

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む