サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. そして、星の輝く夜がくる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

そして、星の輝く夜がくる
そして、星の輝く夜がくる そして、星の輝く夜がくる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/07
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/266p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-218812-8
  • 国内送料無料

紙の本

そして、星の輝く夜がくる

著者 真山 仁 (著)

東日本大震災から三年の月日をかけ紡ぎ出された希望と祈りの物語。著者自らが体験した阪神・淡路大震災。そして2011年3月11日。被災地の小学校を舞台に描かれる「六つの願い」...

もっと見る

そして、星の輝く夜がくる

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東日本大震災から三年の月日をかけ紡ぎ出された希望と祈りの物語。著者自らが体験した阪神・淡路大震災。そして2011年3月11日。被災地の小学校を舞台に描かれる「六つの願い」。【「BOOK」データベースの商品解説】

神戸から、東日本大震災の被災地にある遠間第一小学校に赴任した応援教師・小野寺徹平。彼は児童たちとの交流の中で、被災地が抱える問題と向き合っていく…。混乱から未来へと向かう生命の輝きを描く、連作短編集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

わがんね新聞 5−43
“ゲンパツ”が来た! 45−88
さくら 89−134

著者紹介

真山 仁

略歴
〈真山仁〉1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者、フリーライターを経て、2004年「ハゲタカ」でデビュー。ほかの著書に「黙示」「グリード」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

ちょっと甘く社会性

2015/11/25 16:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:taka☆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

東日本大震災の被災地にある遠間第一小学校に、
阪神淡路大震災を経験した小野寺徹平が
1年間の期限付きながら、応援教師として赴任した。

小野寺は子どもたちが本来持っているはずの
イキイキした心を復活させたいと奮闘する。
しかし、そこに横たわっている問題は数多く、根が深く
一筋縄ではいかない。

たとえば、子どもたちの我慢や心の苦しみを
発露させたいと考えてつくった壁新聞「わがんね新聞」。
それだけでも、同僚の教師、学校、教育委員会、
そして世間から、いろんな目で見られる・・・。

原子力発電所に勤める父を持つ子ども、
ボランティアのリーダーとしてやって来た
阪神大震災のときの教え子との葛藤・・・。
全6編で構成されている。
どの物語にも解決策があるわけではないが
いま、子どもたちに何をしたらいいのか?という視点で
取り組んでいく小野寺に共感を覚える。

今回の眞山は少しゆるい。
理想に走る面が見受けられる。
しかし、大切なものは見逃して欲しくない、という
問題意識が全編に漂い
この震災、社会の問題に正面から取り組んでいる姿を
大いに評価したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/10 10:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/20 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/10 11:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/30 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/19 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/02 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/17 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/14 06:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/08 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/19 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/22 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/24 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/02 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/16 02:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る