サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. トリカブトの花が咲く頃 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

トリカブトの花が咲く頃 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/21
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/460p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02277-2
  • 国内送料無料

紙の本

トリカブトの花が咲く頃 上

著者 丸山 健二 (著)

戦争の終わりとともに、「私」は目覚める悪は在るのか?正義は在るのか?丸山健二により進化する「文学」―。驚愕の書き下ろし長編小説!【「BOOK」データベースの商品解説】理性...

もっと見る

トリカブトの花が咲く頃 上

2,484(税込)

ポイント :23pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦争の終わりとともに、「私」は目覚める悪は在るのか?正義は在るのか?丸山健二により進化する「文学」―。驚愕の書き下ろし長編小説!【「BOOK」データベースの商品解説】

理性の光の前に砕け散らぬ戦争はない。敗戦のおかげで圧政の濃い影の下に立たなくてもいい時代が到来した。だが心せよ! 新たな悲劇の幕開けかもしれん−。純文学作家・丸山健二の書き下ろし長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

丸山 健二

略歴
〈丸山健二〉純文学作家。著書に「我、涙してうずくまり」「深海魚雨太郎の呼び声」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2014/07/05 08:30

投稿元:ブクログ

マルケンに魅せられる。
最初・・、ほんの少しがまんして読み進めるがよし。
些細な難語は野に咲く名も知らない花のように通り過ぎればよい。
そうすると・・・、不思議な世界が突然現れる。
そして・・・一気に読み進む。
おもしろい。
詩篇・・・・、吟遊詩人である。

2014/10/13 20:46

投稿元:ブクログ

これは小説なのか、と目にした瞬間思った。

どちらかといえば、長編詩といった趣の本。自然の描写が圧倒的。

2014/05/07 14:24

投稿元:ブクログ

この作品は文学界的には本当に新しい系統だとは思う。最初から最後まで私自身が読んだ事のない書式なので戸惑いがすごかった。著者の作品は純文学が多いようだがこの作品はどのジャンルになるのだろうか。上巻はついていくのに必死だったの作品全体を通しての感想は下巻に書きたい。

2015/04/29 23:28

投稿元:ブクログ

主人公がもはや人間でないところに衝撃を受けました。原野に理性があるのが新鮮で圧倒的なスケールの物語。しかし完全な理性の原野かと思いきやそうでもなく、その後登場する黒牛のほうが肉体的にも精神的にも完成されたまさに神のような存在に描かれていた。黒牛に憧れてしまった。今回は一文一文が長く連なっており、修飾語もふんだんで、丸山健二としては珍しい文章でした。形式が独特だし語彙が難解なので好き嫌いが出ると思うけど私はこういう文章が好きなのかもしれません。