サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 吉祥寺よろず怪事請負処 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

吉祥寺よろず怪事請負処 1
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/01
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101404-2
  • 国内送料無料

紙の本

吉祥寺よろず怪事請負処 1

著者 結城 光流 (著),宮城 (イラスト)

保の家は、由緒正しき庭師の家系。大叔父が営むガーデンショップ「栽―SAI―」に居候しながら大学に通っている。そんな彼に、大学の先輩・香澄から「木を守ってほしい」との依頼が...

もっと見る

吉祥寺よろず怪事請負処 1

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

保の家は、由緒正しき庭師の家系。大叔父が営むガーデンショップ「栽―SAI―」に居候しながら大学に通っている。そんな彼に、大学の先輩・香澄から「木を守ってほしい」との依頼が…。香澄の祖母が大切にしている梅の木を伐ろうとすると、不吉なことが起こるというのだ。それを解決してくれるのは、住み込みの無口でクールな庭職人・啓介。保の兄のような存在である彼は、なんと現代に生きる陰陽師だったのだ―。怪事の裏に隠された、人やあやかしのさまざまな“想い”を解き明かしていく、ちょっぴり怖くて、とっても優しい連作短編集。【「BOOK」データベースの商品解説】

由緒正しき庭師の家系の大学生・保に、先輩・香澄から木を守ってほしいとの依頼が。それを解決する無口でクールな庭職人・啓介は、なんと現代に生きる陰陽師だった…。連作短編集。『デジタル野性時代』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

黒ムシと春告げの梅 7−73
もみじのあざとまじないの言葉 75−141
たそがれの窓としがらみの蔦 143−204

著者紹介

結城 光流

略歴
〈結城光流〉2000年「あだし野に眠るもの」で作家デビュー。著書に「少年陰陽師」シリーズ、「モンスター・クラーン」シリーズなど。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.6

評価内訳

2015/08/19 22:31

投稿元:ブクログ

居候先の家は、庭師。
それだけだと思っていたら、実はそうでもなさそうで。

うっかりと知らない世界にこんにちは、という状態。
今までそうと知らずに生きてきたなら
徐々にとは言え、びっくりな世界です。
しかも実害あり。
怖くても詳細を聞きたくもなります。

徐々に明かされる、人の背景。
しかし本人達は、それがどうした状態。
仕舞には、さらに妙な(?)人が増えてきてますし。
主人公の立場から言ったら、説明を! と
叫びたくて仕方がありません。
見てる分には「さあ?」と言われてるほうが
面白いですがw

祓う、のではなく、意識をそらさせるだけ。
そうそう、害があるから、だけの理由で
全部を排除してません。
なので、正体(?)が分かるだけ。
起承転結が欲しい人は、それだけ!? と
言いたくなるような連続短編、です。

2017/01/09 13:25

投稿元:ブクログ

陰陽師関連なのでとりあえず読む。
一番新鮮なのは陰陽師が主人公じゃないところでした。

ごく普通の、妖に好かれやすい男子大学生が主人公。現代生活の中で、怪異に巻き込まれていくからか、描写が結構怖い。そして彼を助ける陰陽師も仕事で依頼された怪異以外は基本放置。怪異の原因もわからないままの話もあるので、少年陰陽師より怖いです。

優しい主人公を応援したくなります。

2015/07/19 21:28

投稿元:ブクログ

現代版少年陰陽師(笑)

現代の陰陽師さんは庭師をやっていましたというお話。
でも、確かに木とか建物とかいわくありげなものに怪異っておこりそうな感じですよね。小野不由美さんの「営繕かるかや怪異譚」と併せて読むとよいかと

2014/05/04 15:04

投稿元:ブクログ

『少年陰陽師』はアニメ化されたものしか知らなくて、小説(文字)で読むのは、記憶違いがなければこれが最初だと思います。
陰陽師の物語は色々と出ているし、そういったものが主題のお話は好きなので、これも題材としては楽しく読めました。

実家と居候先の親戚の家が造園業を営む、大学生の丹羽保は何かと妖しい存在に好かれやすい体質。
本人は全く自覚がない。
昔からよく、何もないところで転ぶことが多く、幼少期は足に怪我の絶えることがなかった。
10年前に大叔父のガーデニングショップへ、住み込みの庭職人として久世啓介がやってきてからは、躓くといつも彼が手を差し伸べて、扱けて怪我をすることが殆どなくなった。
大叔父の草次郎と彼の息子葉月、無表情で何を考えているのか解りづらい久世啓介に囲まれ、大学入学をきっかけに大叔父の家に居候しつつ、家事をやり、ガーデニングショップを手伝う保のところに、『庭師』だからと舞い込む厄介ごと。
それがいつしか不思議な存在達と出遭い、そして保が知らなかった久世啓介の正体へと繋がっていく。

語り口調は、なんだかおどろおどろしい話にも関わらず、10代の大学生が主人公ということもあって明るく軽い感じ。
堅苦しい単語も殆ど出てこないし、美人の先輩にドキドキしたり、同期生の振る舞いにカチンときたり、素直で少し幼さの残る保目線で語られています。
これはシリーズ化されるのかな?
どうなんだろう??
啓介の背景がまだあまり語られていないので、謎の部分が多いし、続きが出るなら是非読みたいです。

2014/09/14 21:40

投稿元:ブクログ

一話 黒ムシと春告げの梅
二話 もみじのあざとまじないの言葉
三話 たそがれの窓としがらみの蔦
四話 白ムシと神依りの松

2017/03/29 22:17

投稿元:ブクログ

庭師が実は陰陽師だったという設定はユニークだと思いました。

本を読むと吉祥寺のおしゃれな生活が伝わってきました。

2016/03/09 13:52

投稿元:ブクログ

読書記録です。まだの人は読まないでね。

主人公のおとぼけぶりと、おばちゃんでも守ってあげたくなるようなノーテンキぶりに、けっこう怖いことが書いてあるのにそんなに怖いと思わずに読めました。
4話の短編集です。「おんみょうじ」を漢字に変換できずに聞き流す主人公は、これからもずっと転びまくりそうだ。

2014/09/15 23:20

投稿元:ブクログ

少年陰陽師が面白かったんで、手にとってみました。が。んー、期待したほどの作品じゃなかったな。

現代に生きる陰陽師。しかもなんか由緒正しい血統らしい。でも陰陽師はサブで、主人公は大学生の男の子。叔父の営む園芸店に、くだんの陰陽師と同居中。…なんか設定はとってもおいしいんだが、実際読むとそれが活かされてないんだよなー。

続編ありそうだけど、読むかは未定。

2015/01/09 23:23

投稿元:ブクログ

ここ最近のすごく忙しい中で読んだのでこのライトさがちょうどよかった。うん、めちゃくちゃライト。
ただ、色々少年陰陽師とかぶるところがあってそれはちょっと苦笑い。

2014/06/24 20:11

投稿元:ブクログ

結城光流さんの少年陰陽師シリーズを昔から読んでいるので購入してみました。結城光流さんは平安時代等の歴史的な部分に深いイメージがあるので、現代版ということで、いつもより漢字がやはり文面に少ないので、いつもよりもサラサラッと読めました。キャラクターの掘り下げや陰陽師の部分の具体性がまだまだ序盤というかんじで、是非文庫本で、是非続きをどんどん展開してほしいなと思います。やっぱりちょっと高い気がしてしまいました。ということで☆4です。

2014/06/04 20:21

投稿元:ブクログ

【図書館本】うーん……。何か物足りないのは期待しすぎたからかな? あまりあやかしあやかししてなかったし、主人公好かれ巻き込まれるだけで何も出来ないし、陰陽師もそれっぽいことあまりやらないし……。
ただ、久世兄弟は好きだw 弓弦くんと付き合うの大変そうだけど、それはそれで楽しそうw
これはシリーズとして続くのかな? もう少し様子を見てから購入検討しようと思う。

2017/03/22 16:17

投稿元:ブクログ

うーん。
保が巻き込まれたあやかし関係の事件は、何も解決しないまま終わることもあって。
というか解決したのは一話目の友人二人の話しだけで。
物足りない。
事件は起きるだけ起きて、危なくなった保を啓介が助けて終わり。
解決編とかあるのかな。
全体的に文章は簡単なのに、なんか読みにくい印象だったなぁ。

***以下ネタバレ***
保は吉祥寺のガーデンショップを経営する大叔父の家に居候している。
その店の庭職人として働いている久世は腕のある陰陽師で、曰く付きの仕事を引き受けることが多い。
***
黒ムシと春告げの梅
大学の同級生広崎はタラシで最近羽ありに悩んでいた。
久世に相談すると笛の音を渡される。
笛の音は魔や負の念を祓うらしい。
広崎を悩ませていた羽ありはタラシが招いたものだった。
大学の先輩香澄から祖父母の思い出の梅の木についての相談を受ける。
梅も祖父母を大事に思っていた。
寿命が近い梅は最後に花を見せたかった。
***
もみじのあざとまじないの言葉
偶然目があった子どものあやかしに悪戯をされる保。
啓介に助けてもらうが、面倒ごとには首を突っ込まない。
依頼がなければ動かない。
小さい頃よく転んでいた保、それもあやかしの類いに好かれていたからだと啓介。
***
たそがれの窓としがらみの蔦
啓介の弟弓弦の登場、美貌の持ち主。
使われなくなった建物を壊すためその回りに生えた蔓を刈る仕事。
二階の窓には何かの気配。
保が奇妙な着信からひとりで建物へ行くと蔓に襲われ、それを助けようとした啓介は方目を負傷。
しかしその目は元々見えていなかったらしい。
家を出ることになったのは見えなくなった目のせいで、そろそろ見えるようになると弓弦。
弓弦はあまり外出できないみたい?
***
白ムシと神依りの松
保が考え事をしているとき迷い込んだ先は、啓介の母親がいる場所だった。
啓介の亡くなった兄の何かを大事に持っていて、啓介が持っている兄の形見は、母親が持っている分がないと扱いが難しいらしい。
母親が言う迷い込んだ子供が元の場所に還るために引き換えた大切なものとは?
啓介の見えなかった目はここにいた蛾の鱗粉を浴びたことで陰陽師に必要な力だけはもどる。
弓弦と啓介は腹違いだった。
啓介が久世家を出たのは弓弦のほうが陰陽師の力が強かったから。