サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ときめき昆虫学

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/04
  • 出版社: イースト・プレス
  • サイズ:19cm/288p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7816-1173-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ときめき昆虫学

著者 メレ山 メレ子 (著)

かわいい、かっこいい、そしていとおしい。20種類の虫たちの魅力を写真とともに紹介します。登場する虫をモチーフにした作品も掲載。切り取り式蔵書票付き。Web文芸誌『マトグロ...

もっと見る

ときめき昆虫学

1,728(税込)

ときめき昆虫学

1,296 (税込)

ときめき昆虫学

ポイント :12pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

かわいい、かっこいい、そしていとおしい。20種類の虫たちの魅力を写真とともに紹介します。登場する虫をモチーフにした作品も掲載。切り取り式蔵書票付き。Web文芸誌『マトグロッソ』掲載に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

メレ山 メレ子

略歴
〈メレ山メレ子〉1983年大分県生まれ。虫に関する連載や寄稿を行う。昆虫研究者やアーティストが集う新感覚昆虫イベント「昆虫大学」の企画・運営を手がける。著書に「メレンゲが腐るほど旅したい」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

おもしろい

2015/11/14 20:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てち - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近虫に興味を持ち始めたところ、この本に出会って、ますます虫に興味を奪われました。
とにかくおもしろい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/04 18:14

投稿元:ブクログ

とにかく文章が面白くて、「洗練された無駄のない無駄な文章」がこれでもかと書かれている。脚注にもものすごい量の補足が書かれていて、情報量がすごい。
といってもごちゃごちゃして読みにくいわけではなく、章ごとに読み切りになっていたり、テンポよく進むのでとても読みやすい。さすがブロガーや。

殺虫剤メーカーや、「三重エスカルゴ開発研究所」という謎の組織に取材にいったり、ドイツのダニチーズの里に行ったり。そこで出会う虫博士達のキャラも強烈すぎる。個人的には16章カタツムリの「ごまがいさん」の下りとか面白かった。

僕は別に虫好きではないのですが、とても楽しんで読めました。






--
バッタ博士、フザけるときは、代わりに論文を1本出す、と決めている。
三重エスカルゴ開発研究所
殺虫メーカーに取材

2015/06/24 15:48

投稿元:ブクログ

 世の中にはいろいろな人がいる。片側では忌避されているものでもその反対には溺愛をする人たちがいる。それが当たり前な世界なのだけどそのかい離が大きければ大きいほど興味をそそられる中間層のごく一部にいたい。それが外から見る一番良い立場ではないかと思われる。

 一冊の中にこれほど昆虫に関連する情報が多いとまたそれを拾い集めるだけでも楽しい人には楽しいだろう。

 合言葉は「むやみに殺すな」

2014/08/06 20:09

投稿元:ブクログ

虫が好きな、しかし専門家ではない著者が、専門家でなくても楽しめる虫の魅力について語ったエッセイ本。
「虫を愛でる」ってご当地性の高い趣味なんだなぁと気付かされました。よく考えたら当たり前ですよね。私の郵趣や博物館巡りなど、他のご当地趣味に絡められそうだなぁとワクワク。

章ごとに出てくる専門家の方々がそれぞれかなりクレイジー!研究の世界ってすごい!
文中や巻末に気になる虫関連本がたくさん紹介されていて、早速次に読む候補としてブクログにも登録しました。

虫、怖くてさわれないんですけど、それでもこの「ときめき」は伝わります。
虫をさわれるようになって、蚕を飼うのが目標になりました。

2014/08/02 07:52

投稿元:ブクログ

おもしれー!!雑学も、ストーリーも!!
各章それぞれ個性があって楽しめた!
メレ山さんのキャラも大好きだ〜(笑)

2015/08/28 08:55

投稿元:ブクログ

昨夜の食卓にて。

私「ふふふ…。
  実は、クマムシってねぇ。案外身近にいるんだよ。」

娘「は?クマムシ??」←昆虫全く興味なし。

私「路上の汚いコケの中なんかにね。
  ブロックの割れ目なんかに生えてるでしょ。
  クマムシはそういうトコに生息してるんだって。
  いやぁ~、私も知らなかったなぁ!」

娘「…。」

私「あ、クマムシ知らない?
  例え、干からびても100度の熱の中でも
  凍っても、高圧でも真空でも放射線の中にいても
  死なないっていう『最強生物』だよ?」

娘「いや、知らない。
  一体、どこでそんな情報を…」

私(ふふふ…。)

著者のメレ山メレ子さん。
どこかで聞いた事ある名前だなぁ~と、思っていたら
青森県鯵ヶ沢にいるブサイク犬『わさお』の名付け親だった。(旅するブロガーさん♪)

豊富な写真と全面に押し出されている昆虫への愛で
フォトエッセィ以上昆虫図鑑未満な本に仕上がっている。とても読みやすかった。

  

2014/10/19 10:08

投稿元:ブクログ

昆虫マニアの著者の昆虫愛を感じる本です(^^)
取材と体験がほどよくミックスして、内容も充実しています。

2014/11/20 05:03

投稿元:ブクログ

虫好きはうんうん頷きながら、虫好きスイッチをまだ押されていない人はこんなものもあるのか、と驚きながら読むであろう一冊。
うんうん頷きつつ笑いつつ読了

2015/06/18 22:06

投稿元:ブクログ

学者さんではない、虫マニア?の語る昆虫たち。
好き嫌いはあると思うけど、メレ山メレ子というペンネームで予想したとおり文章も面白い。
虫への愛もだけど、虫に関わる人への愛も感じる。
子どもの頃、シートン動物記は好きだったけどファーブル昆虫記には興味が持てなかったのに、無性に読みたくなりました。
各昆虫の章の先頭に、昆虫モチーフのアートが紹介されているのも面白いです。

2014/12/26 14:51

投稿元:ブクログ

表紙を見た瞬間から、この本は面白いに違いない、と確信した。軽妙な文章ににやにやしつつ、最後には虫たちを愛しく思えるようになっていた……。虫たちや彼らが生きる場所を愛す、全力な人々のドラマも面白い。

2014/08/05 20:44

投稿元:ブクログ

現代の虫めづる姫君とは、まさにメレ山メレ子さんのことでしょう。むしろ生まれかわり?それはまあ言いすぎかもしれませんが、それぐらい虫への愛が溢れています。
それに加えて、テンポ良い文章にセンスのある表現、そして面白すぎる(実際にそう言ってそうな)アフレコ…。
メレ山さんのすてきな感性に惚れます!!
読んでいて、かなり臨場感のある想像ができました。今この時をメレ山さんのお隣で虫を愛でているような…。
虫から離れて久しいですが、この本を読む前と読んだ後では、虫に対する思い、見る目が180°変わったと感じます。虫を見つけたらまず追い払わないで、じっくり観察。そして、アフレコ。虫たちが何を考えているのかとか想像してみると意外と楽しいかも♪

2014/04/22 23:27

投稿元:ブクログ

まだ読み始めたばかりだけど既に楽しい。虫を愛する人の目をお借りして一緒にうひょーー!!と感動できる本

2015/08/12 11:58

投稿元:ブクログ

著者は学者とかその手の専門家とかではないが、「とにかく虫が好き!」で、虫好き人間たちとのネットワークも豊富だし活動も活発。
この本も、最初は「本当に虫の本なのか?」と思ったが、著者の「今までに届かなかった人達に手に取って欲しい」との願いがデザインや構成・内容に反映されているらしい。
堅苦しくなく、生々し過ぎることも無く、かと言って決して退屈なモノでもなく。
エッセイ風だけどしっかりドキュメンタリー。
オシャレな虫小物と撮影・レイアウトにも関心してしまいます。
楽しく読めましたー!

2016/12/17 15:11

投稿元:ブクログ

本屋さんで昆虫本のあたりをうろうろしていると、少し毛色の変わった装丁の本書が目に留まる。僕らみたいな元昆虫少年には、ちょうど良い程度の昆虫(昆虫だけではなく、広義の虫)の世界への誘導書だ。
蚕の章では、小学生の頃、飼育していた蚕のすべすべの触感がよみがえり、一齢幼虫には桑の葉をきざんで与えていたことも思い出した。

まだまだ知らない虫は多いし、知っている虫でも生態を知らない事が多い。
時期的に虫の姿を見る機会は少ないが、先週の暖かかった日のウォーキング中に、ゲンゴロウを見たところだし、春が待ち遠しくなる。

2016/02/28 12:24

投稿元:ブクログ

非常に面白かった。
時間が無くて、一気に読めなずに数日に訳でちょびちょび読んだのだけど、推理小説以外で「次、どんな話なのかな」と思ってワクワクしながら本を開く経験は久しぶりで良かった。
大人の人の夢中の「好き」に触れるのがとにかく好きなのだけれど、私、本当に「昆虫を見る”だけ”」は大好きなんだよなぁ・・・。
メレ山メレ子さんを通じて知る虫が大好きな人たちの、そn、突き抜けた感も最高に楽しくて、「大人よ!!もっと夢中に好きを追いかけようぜ!!!」ってなった。

昆虫 ランキング

昆虫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む