サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可
新書

紙の本

デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ (講談社現代新書)

著者 たくき よしみつ (著)

スティーブ・ジョブズとジャック・ドーシー、デジタル世界の巨人たちも日本の「ワビサビ」に傾倒していた。酸いも甘いも噛み分けた「大人」だからこその、豊かなデジタル生活を目指そ...

もっと見る

デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ (講談社現代新書)

821(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

スティーブ・ジョブズとジャック・ドーシー、デジタル世界の巨人たちも日本の「ワビサビ」に傾倒していた。
酸いも甘いも噛み分けた「大人」だからこその、豊かなデジタル生活を目指そう!

最近ではおバカな写真を自ら投稿して炎上する「アホッター」やら、
LINE殺人事件やら、ダメな部分が強調されることの多いSNS。
もともと、どんどん人と繋がれることが魅力であったはずなのに、
あらゆる罵詈雑言が幅をきかせるこの世界を嫌い、
いまではLINEの村社会に避難する人びとも多い。
さらにデジタルであらゆる文化が安っぽくなったという声も聞こえる。

でもそれは、デジタルがそれだけ誰もが使える当たり前の道具になってきたという裏返しでもある。
道具であるからには、要は使い方次第。
デジタルというと、若者のものという印象を持つ人もまだ多いが、
じつはデジタルをいちばん享受できるのは、時間があって、人生経験を積んだ「大人」たち。
フェイスブックなどのSNSで趣味の輪を広げ、音楽でも写真でもアートでも、デジタルを使い倒して、生活を楽しもう。
そのための方法を、デジカメ、デジタル・オーディオなどで人気の筆者が指南する。

リタイア世代の地域デビューの技術書。【商品解説】

目次

  • 第1章 SNSの光と闇
  • 若者ほどインターネットを知らない?/「LINE殺人事件」続発の衝撃/教室としてのSNS/SNSで生活を取り戻す人、奪われる人/情報収集ツールとしてのSNS/「スーパーIT高校生」が教える「大人の行動」/デジタルを使ってアンガジェする/縦のネットワークと横のネットワーク etc.
  • 第2章 個人情報筒抜け時代を生き抜く
  • 知らないうちに自分が企業の広告塔にされる/フェイスブック広告に利用されないための設定/「友達申請」に潜む危険な罠/「いいね!」より「シェア」を活用する/フェイスブックの記事を保存しておく方法/クラウドの先にある闇/カオスであることこそが正常な社会 etc.
  • 第3章 XPでも大丈夫!?
  • コンピュータOSという「共通言語」による世界支配/XPは本当に使えなくなるのか?/終了するのはOSのサポートである/新しいOSのほうが未知の脆弱性は多い?/いっそMacにする etc.
  • 第4章 スマホがなくても大丈夫

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2015/10/12 08:38

投稿元:ブクログ

そろそろスマホなるものを買おうかと思っている。実のところ、モバイルwi-hiルーターでも良いのだが、SIMフリーを通信会社の紐なしで購入となると結構高い。それぐらい出すならデザリングができる携帯端末を買うのも一法かと思うのである。電話はいわゆるガラケーで十分。愛用のタブレットもネットとの接続は自宅ですれば良いのだが、たまには外部でネットに繋ぎたい事態も発生するのである。

いわゆるIT機器類はあくまでも道具である。
しかしながらインターネットの普及に伴い、何も考えなければ使いやすくなったIT機器も自分の思うように使いこなすためには相当知恵を絞る必要がある。私の経済状況を勘案すると基本料金だけでも5000円を超すようなスマホを使いたいとは思わない。

本書では、サブタイトルに『「大人の文化」を取り戻せ』とあるように、デジタル機器の進歩によって、おじさん世代が若い頃にはしたくてもできなかった趣味趣向の類いがとても身近になったということを実例を挙げて語ってくれている。

人とのつながり、情報収集のためのSNS利用を初めとして、音楽、美術、映画という分野でのデジタル機器の使い方等々、著者の体験をベースにノウハウを伝授してくれるのである。

「デジタル・ワビサビ」という言葉には少々胡散臭さを感じざるを得ないのだが、著者のデジタル環境に対する取り組み方は共感するものである。

中高年がデジタルに流されること無く、世間に立ち後れないために読んでおいて損はない本である。

2014/05/18 21:31

投稿元:ブクログ

SNSとかやらない方がいい。
スマホも不要。がらケーで十分。
もうなんでもかんでもデジタルとかやめてもらいたね。

2014/07/02 11:51

投稿元:ブクログ

自分語りが多く、参考の程度もブログエッセイの域を出ない。面白い概念だとは思うが、説得力、衝撃に欠ける。

2014/08/24 19:01

投稿元:ブクログ

デジタル機器が普及し、子ども達は巧みに?、(おふざけも大いにあり)使っている。大人達もデジタル機器をうまく使って生活を楽しもうと呼びかけている。

2015/05/12 15:32

投稿元:ブクログ

技術やツールがどんどん進歩していくからと言って、
それについていくだけがデジタルとの付き合いではない、ということか。
自分がやりたいことのために、自分が使いこなせる相応の技術を用いるだけでも
生活はもっと楽しくなるよと。
でもそのためには、それなりに知識も必要だよ、と。
生まれたときから携帯でネットにつながっている環境がある世代は
友達間でのやり取りが「インターネット」であることを自覚していない、
というのは驚いたし怖い。
この本を読んでしばらくして、ガラケーの生産中止なんてニュースを見ると
使い続けたくてもどうやって対応すればいいのやら、
泣く泣く高くて無駄な機能満載のスマホに変えるしかないのか、
うんざりする思いだ。

2014/11/24 10:48

投稿元:ブクログ

報道やニュースのあり方は、自分で調べなければ、本当の姿は分からない。(メディアからは)都合の悪いことは知らせないようにしている。
自分から、情報発信のツールとしてFBのよさを説明している。

50代60代を逃げ切り世代という。この言葉は目を引いた。
対極の、スーパーIT高校生、すごいな!若い人の中にも思慮深い人がいるのだと感心した。

ネット時代のワビサビ、
デジタルであることの価値とは何なのだろう。

2014/10/03 18:29

投稿元:ブクログ

パソコンに関連した情報は非常に参考になった.また、スマホやガラケーなどの機器について丁寧な説明が秀逸だ.特に第4章「スマホがなくても大丈夫」は良く理解できた.第8章の興味ある事例、どれかを試してみようかなと感じた.

2014/05/20 19:09

投稿元:ブクログ

デジタルのワビサビに注力している、という著者だが、正直「お年寄りだけど時代にきちんとついていってるんだ」という自己アピール以上のものはあまり感じなかった。

ま、控えめに生きようという点は好感が持てるけど、タイトルにある様なデジタルメディアの付き合い方に特に目新しさは感じなかった。

2015/08/01 19:58

投稿元:ブクログ

積読が多いため、流し読み(でのレビュー)
(社会情勢+ネット世界での(出来事・定義・活用法))×著者の経験=本著
という感じ…?2014年と、割と最近出版されたものだが、もう既に「昔」のことを書かれている感じ。ネット社会に流れる時間の速さを痛感した。

2016/10/06 16:14

投稿元:ブクログ

デジタルが文化を滅ぼすようなイメージが持っていましたが、案外そうでもないと思えました。音楽のメロディや文章の「感動の根源」はデジタルでもアナログでも変わらないはずだという意見にははっとさせられます。結局は「デジタルをどう使うか」なんでしょうね。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む