サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コミックエッセイ
  4. タカラヅカが好きすぎて。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

タカラヅカが好きすぎて。
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/09
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:21cm/167p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02562-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

タカラヅカが好きすぎて。

著者 細川 貂々 (著)

人生にトキメキを取り戻す! ある日、恋に落ちてしまった宝塚歌劇。観劇、情報収集、地方遠征、オシャレ…。漫画家、イラストレーターの細川貂々が、宝塚との出会いから、あこがれの...

もっと見る

タカラヅカが好きすぎて。

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

タカラヅカが好きすぎて。

1,037(税込)

タカラヅカが好きすぎて。

ポイント :9pt / 紙の本より259おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人生にトキメキを取り戻す! ある日、恋に落ちてしまった宝塚歌劇。観劇、情報収集、地方遠征、オシャレ…。漫画家、イラストレーターの細川貂々が、宝塚との出会いから、あこがれのトップスターのサヨナラ公演までを描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

細川 貂々

略歴
〈細川貂々〉1969年生まれ。漫画家、イラストレーター。著書に「ツレがうつになりまして。」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/04 22:31

投稿元:ブクログ

細川貂々『タカラヅカが好きすぎて。』読了
ご贔屓の退団公演で『あのでっかい羽根が「あなたは女よ」って気づかせてくれた気がする!! そうだこの人が気づかせてくれたんだ』と涙するところは思わずぐっときました…

パニック障害で遠出できない私は主人公と重なるところがあり、しみじみ読みました。年も同じだし。
私の場合、観劇経験は元気だった頃の10年前…
私も私もまた観に行きたい(;_;)

2014/05/20 08:56

投稿元:ブクログ

途中から、「ご贔屓が退団したら、宝塚を卒業する」と決めて応援していたのがびっくりだった。本当に好きだったの…?

2014/06/12 12:39

投稿元:ブクログ

好きなものにのめり込んで行く時の最初にしか味わえない気持ち、好きなものを存分に楽しむための生活改善、計画の立て方。
すべて「あるある!」と頷きながら読みました。
パワーをもらえる場所があるって素敵なことです。

2014/04/10 19:03

投稿元:ブクログ

夢の世界が広がるの扉の向こうへ。
憧れのトップスターを見つけて完全燃焼したい。
私がすみれ色に染まる日が来るのも近い予感。

2014/08/14 10:49

投稿元:ブクログ

ふとしたきっかけでタカラヅカに「出会ってしまった」イラストレーターのハナノさん、「おウチにいるのが大好き人間」だったのが一転、憧れのスターを追いかけて東奔西走するドキドキの日々に突入していく。ディープなヅカファンには正直ちょっと引いちゃうけど、終始初心者の目で描かれているので、楽しく読んでいける。

私自身は、タカラヅカの世界はもう一つよくわからないし、アイドルとかスターに熱狂するということもないが、すごーく好きなものがあって、それに向かって一途になれるのは幸せなことだなあと思う。

大好きなトップスターさんが引退してしまって、「すみれの国から帰ってきた」ハナノさんが、「あーあーまた以前の私に戻っちゃうのか」とこぼすのに対して、友達のカナホちゃんがかける言葉が良かった。作者の実感がこもっている気がする。
「それはないんじゃない?だってミっちゃんすみれの国に行く前よりずいぶん変わったよ」「わたし、ミっちゃん見てて思ったのはさ、好きなものがあるということは、自分の軸があって居場所があるってことなんだなあって」

2014/06/15 00:38

投稿元:ブクログ

嵌り体質なので、宝塚が初めて夢中になれたもの、ではないが、これ一本にのめりこんだら楽しいだろうなぁ、と最近思う。奥付で気が付いたが、「ツレがうつになりまして」の作者さんで驚いた。そういえば、そうだ。

2014/05/24 16:17

投稿元:ブクログ

好きなもののために一生懸命になり、はては性格まで明るく前向きに変わってしまった。半引きこもりの主人公が泊まりがけで旅行までするところは一緒に泣いてしまった。引きこもりを淑女にしてしまうタカラヅカ、恐るべし。

2014/07/21 23:13

投稿元:ブクログ

本と思ったら漫画だった。「ツレがウツになりまして」の作者とのこと。春野寿美礼にハマった話し。おもしろかった。