サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. Re Start どんな時も自分を信じて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Re Start どんな時も自分を信じて
Re Start どんな時も自分を信じて Re Start どんな時も自分を信じて
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/08
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/255p 図版24p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-218548-6
  • 国内送料無料

紙の本

Re Start どんな時も自分を信じて

著者 麻美 ゆま (著)

タレントとしての絶頂期に卵巣境界悪性腫瘍が見つかり、闘病の苦悩を乗り越え、新たな人生をスタートさせた麻美ゆまが、AV女優としての葛藤、家族の死、恋愛、卵巣・子宮全摘出、半...

もっと見る

Re Start どんな時も自分を信じて

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

タレントとしての絶頂期に卵巣境界悪性腫瘍が見つかり、闘病の苦悩を乗り越え、新たな人生をスタートさせた麻美ゆまが、AV女優としての葛藤、家族の死、恋愛、卵巣・子宮全摘出、半年に及ぶ抗がん剤治療など、すべてを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

2013年2月、体調不良で休業。
その後、「卵巣境界悪性腫瘍」を患い、卵巣・子宮全摘出、抗がん剤治療を受けていることを発表した。
麻美ゆま 27歳
デビューと同時に大ブレイクし、数々の賞を受賞。ドラマや映画にも出演し、深夜番組「おねがい!マスカット」内で結成されたユニット『恵比寿マスカッツ』の中心メンバーに選ばれるなど、活動の幅を広げていった……。
そんな絶頂期に突然襲った病。
「もう赤ちゃんを産むことはできない……」
絶望と闘病の苦しさを乗り越え、第二の人生をスタートさせた彼女。
さまざまな苦悩を味わったからこそ、多くの人に伝えられることがあるはずだと、自分の人生、そして辛かった闘病生活を振り返る。

AV女優としての葛藤
家族の死
恋愛
26歳での卵巣・子宮全摘出
半年間におよぶ抗がん剤治療 etc.

今まで語られることのなかった、麻美ゆまのすべてを、
貴重な写真(約200点)とともに綴る、初の自叙伝!【商品解説】

著者紹介

麻美 ゆま

略歴
1987年、日本初のフィリピンパブをオープンさせた両親の元に生まれる。2005年にAV女優としてデビュー、メーカー2社による異例の同時デビューを飾った。その明るさで”元気印のゆまちん”と慕われて大ブレイク、いくつもの賞を受賞した。さらに、テレビドラマや映画など、さまざまな分野で活躍をみせる。2008年にスタートした、テレビ東京系の深夜番組「おねがい!マスカット」内で結成されたユニット『恵比寿マスカッツ』では中心メンバーとして抜擢され、2010年には2代目マスカッツリーダーに選ばれた。 2013年2月、タレントとしての絶頂期に、「卵巣境界悪性腫瘍」が見つかり、卵巣・子宮を全摘出。その後、半年間に及ぶ抗がん剤治療を行った。現在は、講演活動に参加しながら、タレント活動を続けている。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/28 11:33

投稿元:ブクログ

初めは慣れなかった接客も、どんどんできるようになっていく過程が楽しかったし、嬉しかった。
「マイペースで行けばいいんだよ。周りはみんな仕事してて大変そうだけど、私も子育てで大変だよ。何をやっても大変なんだから、焦んないで、まずは病気を治せばいいんじゃない・・・・?」
毎日繰り返される当たり前のことだって、幸せなんです。

2015/03/01 20:43

投稿元:ブクログ

こういうのを読むのはそんなにないか。いや、初めてか?

もちろん、この病気のことは自分は想像することしかできないし、おそらくその心情を理解するということも烏滸がましいことかもしれない。

それでもいつか、自分の知り合いが、この病気に、あるいはほかの病気に罹ったときに、偏見を持たないように。そうしたい。

2014/06/01 16:37

投稿元:ブクログ

大変な苦労をしたことが分かった。普段接することのない業界の人の本であり、その意味では関心するところもあった。

2014/07/16 10:06

投稿元:ブクログ

BLOGOS×日本財団イベント 
ブロガーミーティング「女性と闘病」~大野更紗×麻美ゆま対談~
日時:2014年7月30日(水)  19:00~20:30
健康なときは、病気になることを想像しにくい。若い人は特にそうでしょう。
では重い病気にかかった場合、どんな状態に陥るのか。周囲はどのような形で支えればよいのか。若くして重い病気を経験した 2人の対談を通して考えます。
http://fields.canpan.info/topic/detail/12225

講談社のPR
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2185482

2014/07/19 15:01

投稿元:ブクログ

AV女優麻美ゆまさんの、ガンになる前からも含めた自伝。
高校を辞めたとか、めちゃくちゃバイトに明け暮れた時期があったっていうのは意外。苦労してきたのかと思う。
掲載されている写真を見ると、ほとんどがすごく笑顔の写真で、たくましいひとやなぁと思った。
これからどんなふうに生きていくんかね。まさに、再スタートに期待される。

2015/06/25 01:41

投稿元:ブクログ

元AV女優の麻美ゆまの人生や闘病生活を振り返った自叙伝である。
彼女はAV女優時代は「元気印のゆま」でならし、何度か映像や写真で見たことがる。2013年に「卵巣悪性境界腫瘍」で闘病生活をしていたことは記憶に新しいだろう。

この本は同様に闘病生活を送っている人や人生の岐路で悩みを抱えている人に読んでもらいたい。
彼女の「元気印」が読者にも勇気、元気を与えてくれるはずだ。

2014/06/04 17:46

投稿元:ブクログ

セクシー女優の麻美ゆまちゃんの自叙伝。

あの笑顔の裏には色々な事情を抱えた闇があったんですね。

タイトルの「Re Start」とあるように第二の麻美ゆまちゃんの活躍に期待しています。

闘病記・手記 ランキング

闘病記・手記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む