サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

渦巻く回廊の鎮魂曲(講談社ノベルス)
渦巻く回廊の鎮魂曲(講談社ノベルス) 渦巻く回廊の鎮魂曲(講談社ノベルス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/08
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/279p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-299015-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

渦巻く回廊の鎮魂曲 (講談社ノベルス 霊媒探偵アーネスト)

著者 風森 章羽 (著)

霊媒師・アーネストのもとに持ち込まれたのは、十六年前、画家・藤村透基の屋敷から消えた少女の捜査依頼。屋敷には渦巻き状の奇妙な回廊があり、最深部には「持ち主の運命を狂わせる...

もっと見る

渦巻く回廊の鎮魂曲 (講談社ノベルス 霊媒探偵アーネスト)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

渦巻く回廊の鎮魂曲 霊媒探偵アーネスト

810(税込)

渦巻く回廊の鎮魂曲 霊媒探偵アーネスト

ポイント :7pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

霊媒師・アーネストのもとに持ち込まれたのは、十六年前、画家・藤村透基の屋敷から消えた少女の捜査依頼。屋敷には渦巻き状の奇妙な回廊があり、最深部には「持ち主の運命を狂わせる」と噂される人形が飾られている。依頼を引き受けた友人のことが気にかかって、若き喫茶店店主の佐貴も藤村邸に同行することに。年に一度開かれる紫陽花観賞会に招かれた二人の前で、新たな殺人事件が発生してしまい―。【「BOOK」データベースの商品解説】

【メフィスト賞(第49回)】霊媒師アーネストのもとに、16年前、画家・藤村透基の屋敷から消えた少女の捜索依頼が持ち込まれた。彼のことが気にかかり、喫茶店店主の佐貴も藤村邸に同行するが、2人の前で新たな殺人事件が発生し…。シリーズ第1弾。【「TRC MARC」の商品解説】

第49回メフィスト賞受賞作

霊媒師一族の末裔、アーネストと
霊感ゼロの喫茶店店主、佐貴。
二人が挑む最初の事件

霊媒師・アーネストのもとに持ち込まれたのは、
十六年前、画家・藤村透基の屋敷から消えた少女の捜索依頼。
屋敷には渦巻き状の奇妙な回廊があり、最深部には
「持ち主の運命を狂わせる」と噂される人形(ビスクドール)が飾られている。
依頼を引き受けた友人のことが気にかかって、
若き喫茶店店主の佐貴も藤村邸に同行することに。
年に一度開かれる紫陽花観賞会に招かれた二人の前で、
新たな殺人事件が発生してしまい――。【商品解説】

著者紹介

風森 章羽

略歴
〈風森章羽〉東京都生まれ。「渦巻く回廊の鎮魂曲」で第49回メフィスト賞を受賞し、デビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/08 20:01

投稿元:ブクログ

霊媒師・アーネストが受けたのは、16年前に画家の藤村透基の屋敷から消えた少女を捜してほしいという奇妙な依頼。お屋敷には、渦巻き状の奇妙な回廊があり、そこには持ち主を狂わせるという人形が・・・そこを訪れたアーネストと友人の佐貴は、そこで新たな殺人事件に遭遇してしまう。

奇妙な館で起こった密室殺人と不吉な噂のある人形・・・そういう設定好きな私にはツボでした!
ただ、霊媒師なので普通のミステリーとは一線を画すので、好き嫌いが分かれそうです。
続編の発売が決まってるので楽しみです。
今作で現れた黒幕が次回作でも登場するのか、アーネストの一族はどんな秘密があるのか、シリーズから目が離せないです(*^_^*)

2016/11/08 20:37

投稿元:ブクログ

面白くてサクサク読みましたが、最後は悲しかった。優しくて じんわりくる最後でした。
霊媒師アーネストの過去も気になるので、続編も読んでみるつもりです。

2014/10/16 19:04

投稿元:ブクログ

霊媒師一族の末裔・アーネストと
3年前に死んだ叔父の後を継いだ喫茶店店主・佐貴。
二人が挑む最初の事件。


<あらすじ>
霊媒師・アーネストのもとに持ち込まれたのは、
16年前、画家・藤村透基の屋敷から消えた少女・ミリの捜索依頼。
依頼主は藤村透基の孫・月都。
ミリは月都の姉・水里と仲が良かったらしい。
そして水里は16年前、ミリを殺したらしい。
だが死体はなく、ミリの素性は誰も知らないという。
そんな水里は3年前、父である藤村志基の死後、体調を崩し臥せっているとのこと。

依頼を引き受けたアーネスト。佐貴も同行することに。

藤村邸に向かう途中で、同じく藤村邸に用があるという謎の探偵・鳥出をピックアップ。
道中、喫茶店に飾ってあった藤村透基の絵が盗まれるという事件もありながら、
藤村邸に到着。

藤村邸には渦巻き状の奇妙な回廊があり、最深部には人形が飾られており、その人形をメンテしてる三神や、藤村透基の弟子だった人の息子・飯嶋などがいた。
そんな屋敷をアーネスト達が散策しつつ調査していたとき、殺人事件が発生する。

被害者は 水里の元婚約者の長岡和彦。
遺体には紫陽花のナイフが刺さっており、そのナイフは16年前、水里がミリを殺したときに使用し、以後ミリと共に姿を消していたものらしい。

屋敷の外には和彦が乗ってきた車があり、車中には、
喫茶店に飾ってあった藤村透基の絵と、
3年前佐貴の叔父が死んだ轢き逃げ事件の調査報告書があった。
その報告書は1年前、鳥出が和彦に依頼されて作成したもので、今回島出が藤村邸に来たのも和彦からの依頼で、和彦は鳥出をオトリにして屋敷に侵入し、水里との接触を図ろうとしていたらしい。

そんなこんなあった翌日、鳥出の死体が発見される。。。


<オチ>
アーネストは鳥出を憑依させ、鳥出が推理を披露する。

ミリの正体は飯嶋で、
すべては水里が大好きな飯嶋が起こした犯行だった。

藤村志基は、娘の水里に贋作を描かせていた。
佐貴の喫茶店に飾ってあった絵は水里が描いた贋作で、
佐貴の叔父はその絵が原因で藤村志基に轢き殺され、
飯嶋は水里を救うため藤村志基を殺した。
そして和彦がそのネタを掴み、脅そうしてきたので殺した。
島出は水里の真相を知りそうだったから殺した。

実は藤村志基の死後すぐに水里は自殺していて、
人形師であり霊媒師でもあった三神が水里の遺体に命を吹き込んでいた。

2014/09/02 00:46

投稿元:ブクログ

これはBLですか?いいえ、意外にコテコテな王道の館ものです!(嬉)
というわけで、お耽美な雰囲気漂う美青年が描かれた装丁と、数多の色モノ作品を輩出してきた「メフィスト賞受賞作」とあって、非常〜に身構えながら手に取った今作。
ところがどっこい、目次の次に現れた見取り図を見て購入を即決。一部の女子層狙いすぎィ!なキャラも霞むような、素晴らしき見取り図です。で…でんでん虫…!←読んだ人には分かって頂けるかと(笑)

周木先生とといい殊能先生といい、メフィストの作家の見取り図って、本格・新本格の王道の見取り図を越えようという気概が感じられる館がチョイチョイ出てくるから、見逃せないのよな〜。
かつてミステリに胸踊らせた少年達が、キラキラお目々を光らせて、「こういうのどう?見たことないっしょ?!」って胸を張ってる姿が見える気がするのよね〜(笑)。

閑話休題。本編内容と感想です。
〜ここから概要〜
数年前に失踪した友人を探して欲しいという依頼を受け、人里離れた山奥の屋敷を訪れたアーネストと佐貴。奇妙な館に住む奇妙な住人達と、招かれざる奇妙な訪問者達が出会ったその日に、悲劇の火蓋は切って落とされた!
でんでん虫← な館の最深部で死体となって発見された男は、いかに密室とかした部屋の中に運ばれたのか?
そして、謎を追究していたある人物も、翌朝同じ状態で遺体となって発見されるが…。
〜ここまで概要〜

キラキラな外見に、てっきりツンデレ英国紳士なんだろうと見当をつけて、実際にその傾向はあったんですが、どうもこの霊媒探偵、第一作目にしては印象が薄い。
かえって、もう一人のホームズポジションを途中まで務めた彼の方がしっかり探偵してましたね。いや、職業が探偵だったからそりゃそうか…。

しかも、最後の犯人指摘もびっくりな手法を使ってましたからね〜(°_°)アーネストは、もしかしたら「名探偵」ではなく、「超優秀なワトソン」の役割を今回は演じていたかもしれません。
だって、犯人に推理の穴を指摘されて、「うーん困っちゃったな〜」ってなった結果、「彼」に後を委ねたわけですからね〜(笑)。続刊以降、名探偵として成長していく彼の姿が楽しめるかもしれません( ^ω^ )
アーネストのお友達・佐貴くんも、しっかり探偵に閃きを与えるワトソンの仕事をしっかりしてましたな〜( ^ω^

でも、あの黒幕はちょっと演出が凝り過ぎな気がする〜(笑)。
周木先生のシリーズの黒幕もそうだけど、名探偵とのファーストラウンドものといえば、やっぱり「すべF」の犀川先生VS真賀田博士のインパクトには及ばないのよねえ(贔屓丸出し)。

兎にも角にも\(^o^)/
被害者の為に黙祷を捧げ、死者を慰めるように体温を失った手を握る、ツンな仮面の下に繊細な優しさを持つ新たな名探偵候補の登場を、喜んで歓迎いたします。
あ〜あ、また追っかけるシリーズ増えちゃったよ〜\(^o^)/←嬉しい

2014/12/21 15:22

投稿元:ブクログ

第49回メフィスト賞受賞作。
渦巻き状の回廊がある奇妙な館、本を開けると館の見取り図という本格ガジェットにテンションが上がったが、内容は表紙のイメージのようなマイルドなオカルトミステリ。探偵役が霊媒師なのだが、ラストで使う特殊能力をなぜ最初から使わないのかと突っ込みたくなった。何か限定条件があるのかもしれないけど…
シリーズ化して対決モノになるのだろうが、今のところ良くも悪くも軽くて薄味な感じ。

2014/07/20 23:22

投稿元:ブクログ

普通にデビュー作としては面白いミステリーでした、起こる事件と謎、そして館。いい感じ。あと、後ろであと引く影の真犯人…最近こういうの多いなあ。なんというかそういうのばっかりって意外にさめていくんですよね。やっぱり探偵対犯人が本格ミステリーは理想。

2015/11/06 15:10

投稿元:ブクログ

イラスト表紙のわりには(失礼)まともなミステリーで…(なんだか文章が読み進み辛かったが)。他の方が書かれてたが、建物図はトリック解明後も欲しかった。シリーズ化が決まってるからか、主要登場人物に謎を残してて気にはなるが、追いかけるかはわからないな…

2016/05/09 20:47

投稿元:ブクログ

第49回メフィスト賞受賞作

霊媒師一族の末裔、アーネストと
霊感ゼロの喫茶店店主、佐貴。
二人が挑む最初の事件

霊媒師・アーネストのもとに持ち込まれたのは、
十六年前、画家・藤村透基の屋敷から消えた少女の捜索依頼。
屋敷には渦巻き状の奇妙な回廊があり、最深部には
「持ち主の運命を狂わせる」と噂される人形(ビスクドール)が飾られている。
依頼を引き受けた友人のことが気にかかって、
若き喫茶店店主の佐貴も藤村邸に同行することに。
年に一度開かれる紫陽花観賞会に招かれた二人の前で、
新たな殺人事件が発生してしまい――。

2014/07/28 19:04

投稿元:ブクログ

”渦巻く回廊の鎮魂曲 霊媒探偵アーネスト”風森章羽著 講談社ノベルス(2014/05

発売)
(表紙:雪広うたこ)

・・・第49回メフィスト賞受賞作。霊媒師アーネストが受けたのは十六年前の少女消

失事件の依頼。くせのある住人達がいる、奇妙な人形が飾られている屋敷を捜索する

アーネストと友人の佐貫だが、新たな殺人の幕があがってしまう。

・・・霊媒能力はおまけ程度。なくても解決できています。となると霊媒という胡散

臭さは薄れるのですが、霊媒師を主人公にしている意味も薄れるんですわな。
回廊の謎も私の苦手な”建築業者を呼べばわかるやろ!”ってな物でしたし、ちょっ

とおすすめしにくい作品でした。

・・・事件の黒幕なんかは多少いい味を出していたのでキャラクター偏重の作品にも

感じられました。

・・・シリーズ第二弾”清らかな煉獄”が2014年秋発売予定。

2014/07/14 17:13

投稿元:ブクログ

主役であろうはずの“霊媒探偵アーネスト”が終盤になるまであまり表立って来ないのでジレジレ。しかも謎解き自体はアーネスト君ではなく、もしかして結局の所あの人?という事か?霊的な物もあまり無く。とは言え、謎が解け犯人が分かってからエンドまで怒涛の展開は面白かったです。次回に向けての含みもあり、期待できそうです。

2014/11/27 21:50

投稿元:ブクログ

メフィスト賞、という言葉と表紙のBL臭(どちらも好物)にフラフラーっと惹かれて購入。

まず、BL臭については、ほのかに香る程度です。BLも好物な私としては今後の展開が楽しみですが、一般読者を置いてけぼりにしないよう、この程度のほのかさに抑えて欲しいような気もします。メインの登場人物が全員男性な時点で個人的には十分です。

ミステリーに関してもほどほど、ですね。
本格的、というわけではないです。一応納得はしますが、とってもスッキリ終わった!という感覚もない。
主人公に突出した推理能力を持たせてもいませんし、今後もほどほどにミステリーな作品が続くのでは、と勝手に想像します。

これといってとっても良い!という要素はないですが、好物が混ざった作品は今まであまり読んでいないので、今後、このシリーズは読み続けると思います。

通勤・通学時間や休憩時間に読む「ほどよい」作品を求める人にオススメです。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む