サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

アート建築複合態
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/14
  • 出版社: 鹿島出版会
  • サイズ:21cm/374p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-306-04604-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

アート建築複合態

著者 ハル・フォスター (著),瀧本 雅志 (訳)

美術批評家にして近現代美術史の研究者である著者が、いま注目される現代建築家たちを取り上げ、芸術・文化・社会等における精査が危急の問題である「アート建築複合態」を論じる。現...

もっと見る

アート建築複合態

5,184(税込)

ポイント :48pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

美術批評家にして近現代美術史の研究者である著者が、いま注目される現代建築家たちを取り上げ、芸術・文化・社会等における精査が危急の問題である「アート建築複合態」を論じる。現代建築の問題傾向を摑むのにも役立つ一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

建築とアートの再編をめぐる批判的文化論。アンサンブルとしての複合態(コンプレックス)は資本主義のうちでいかに目的化されたか。視覚文化論のイデオローグが記す、「経済的なもの」に包摂された文化的営みへの病状診断。【商品解説】

目次

  •  第1章 イメージ建築
  • 第1部 グローバル・スタイル
  •  第2章 ポップな市政学
  •  第3章 新たなる水晶宮
  •  第4章 ライトなモダニティ
  • 第2部 アートに対峙する建築
  •  

著者紹介

ハル・フォスター

略歴
〈ハル・フォスター〉1955年シアトル生まれ。ニューヨーク市立大学にて博士号取得。プリンストン大学美術史考古学科教授。著書に「第一ポップ時代」「デザインと犯罪」「反美学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/02/14 18:02

投稿元:ブクログ

ハル・フォスターの「アート建築複合態」を読む。

建築の近代史を、本書を参考に門外漢的にざっくりまとめると、

 1)土着建築の時代

 2)モダニズム/国際主義の台頭(規格化と反装飾、土着性の喪失、越境的/建築のメディア化)
  ⇒ル・コルビュジェ、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファンデルローエ、丹下健三……

 3)ハイテク工学主義の活躍(機能主義と工学技術優位の形態決定、ポストモダン)
  ⇒ハイテク御三家:リチャード・ロジャース、ノーマンフォスター、レンゾ・ピアノらとそのフォロワー

 4)視覚効果優位の時代
  ⇒DS+R、ザハ・ハディド、ヘルツォーク&ド・ムーロン、SANAA、伊藤豊雄……

となりそうだ(間違っているかもしれないけど……)。

本書では近年、建築とアート(特に抽象絵画と彫刻)との相互の乗り入れが活発になっていることが示される。CADの発達によって立体表現の制約がなくなり、工学的な技術発展がそれを後押しし、国際的に活躍する建築家の職能は完全に“アート”の領域に踏み出ししつつあるという。

ただ、そのせいもあってか東京オリンピックの騒動においては、神の目線から見たランドスケープ的な象徴性(つまり外形の新奇性)だけが議論の的となり、その場所における人間体験の企画は不思議と話題にのぼらなかったように記憶している。

ザハ・ハディドの初期のプランを森喜朗が「腐った牡蠣」と称したのがその象徴で、結局のところその形態の根拠や機能的側面、工学技術的な達成にはスポットが当たっていなかったのではないか(少なくとも、世間的には)。

本書によると、ザハ・ハディドはもともとロシア前衛アートに薫陶受けた抽象画をデジタル技術を用いて制作していたらしい(世界(89度))。過去の建築作品にも「正面から見ているのに、パースが歪んで見えるような形態をあえて採用したような建屋(ヴィトラ社の消防署 - http://gigazine.net/news/20071211_cool_fire_station/)」を作っていて、どうやら「視覚の実験」から物事を発想しているようなのだ。

おそらくザハ・ハディドが作りたかったのは、「パース図画上の特異性」でもって語られる建築史上のメルクマールであって、場の歴史性の継承や競技場としての体験/ユーザビリティではなかったように思えてしまう。だから結果的に隈研吾案でになってよかったのではないか……と、個人的には思ったりする(そもそも競技場を建て直す必要があるかどうかは別にして)。

ちょっと2000年代以降の「アート建築複合態」は、素人目には少々「新しすぎる」ようだ。メディア受けするような形態の捻じれを過剰に競い合う、不毛な市場に見えなくもない。

個人的には「2)モダニズム」と「3)ハイテク工学主義」のちょうど間、レンゾ・ピアノの職人的な遊び心が発揮された、機能主義に立脚する準ハイテク建築という方向性が好きだし、おそらくはこの方向性と土着的な素材の融合がいいのではないかなぁ、というぼんやりとした感想をもった。

まぁ、単純にレンゾ・ピアノについては、オフグリッドの住宅ユニット「Diogene - http://www.rpbw.com/project/97/diogene/」の構想と、自身の工房で工具が大量にかかった壁をバックに嬉しそうに微笑むその肖像(http://blogs.c.yimg.jp/…/mi…/folder/572060/57/34243457/img_0)がすごく格好いいなぁ、と思っているだけなのだが。

なんやかんやで結局は、皮相的な好みに終始してしまう世界なのかもしれない……

後半の現代アートの側に焦点を当てた章はものすごく難解で読みにくい。ただ、彫刻家リチャード・セラに著者はたいそう入れ込んでいて、アート側から建築に介入する作り手として重要であることは、ひしひしと感じられる。

建築 ランキング

建築のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む