サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ムーミン谷の絵辞典 英語・日本語・フィンランド語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ムーミン谷の絵辞典 英語・日本語・フィンランド語
ムーミン谷の絵辞典 英語・日本語・フィンランド語 ムーミン谷の絵辞典 英語・日本語・フィンランド語
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/05/23
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:29cm/127p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-06-218845-6
  • 国内送料無料

紙の本

ムーミン谷の絵辞典 英語・日本語・フィンランド語

著者 トーベ・ヤンソン (絵・文),ヨエル・ヤコブソン (編),末延 弘子 (訳)

ムーミンたちの1日のすごし方を、英語・日本語・フィンランド語で紹介した絵辞典。キャラクター紹介、知っておくと役に立つことばも収録する。ムーミン谷の地図のポスター付き。【「...

もっと見る

ムーミン谷の絵辞典 英語・日本語・フィンランド語

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ムーミンたちの1日のすごし方を、英語・日本語・フィンランド語で紹介した絵辞典。キャラクター紹介、知っておくと役に立つことばも収録する。ムーミン谷の地図のポスター付き。【「TRC MARC」の商品解説】

ムーミンたちと楽しく1日をすごしながら、1200もの英語をおぼえることができる、かわいい絵本のような辞典です。
ムーミン童話の生みの親、トーベ・ヤンソンのかわいいイラストがいっぱいです。

ムーミンたちの生まれた国、フィンランド語ものっていて、お役立ち。「マリメッコって、マリのドレスって意味だったのね」なんて発見がいっぱいあるかも。

<オールカラー&ムーミン谷のイラスト地図ポスター入り!>【商品解説】

目次

  • To the reader 読者のみなさんへ Lukijalle
  • Characters キャラクター紹介 Hahmot
  • Morning 朝/Aamu
    • Waking up 目ざめ Herääminen
    • Starting the Day 朝のしたく Aamutoimet
    • Morning Chores in the Kitchen 朝の煮たき Aamupuuhat keittiössä
    • At the Breakfast Table 朝の食卓で Aamiaispöydässä
    • Pets and other Animals ペットとそのほかの動物 Lemmikit ja muut eläimet
  • Midday 正午/Keskipäivä
    • On an Outing in the Forest 森ヘピクニック Retkelle metsään

著者紹介

トーベ・ヤンソン

略歴
画家・作家。1914年8月9日フィンランドの首都ヘルシンキ生まれ。父は彫刻家、母は画家という芸術家一家に育ち、15歳のころには、挿絵画家としての仕事をはじめた。1948年に出版した『たのしいムーミン一家』が世界中で評判に。1966年国際アンデルセン賞大賞、1984年フィンランド国家文学賞受賞。絵も文章も手がけた「ムーミン童話」シリーズ(全9巻)のほか、小説『少女ソフィアの夏』、自伝的作品『彫刻家の娘』などがある。2001年6月逝去。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮駅前店

とにかく楽しい!

ジュンク堂書店三宮駅前店さん

英語とフィンランド語と日本語が一度にわかるようになってる本。
原作が持つ雰囲気を味わいたくてもフィンランド語は難しいらしい。原語にトライするのはちょっと・・・。
と思っていたところにとっても良い本がありました。
カタカナでルビも付いているので、声に出して読めば原作の雰囲気を垣間見ることができそう。
別に出ている「ムーミン童話の百科事典」もたくさんことばが載っていて、読んでいて楽しい本ですが、こちらはピクチャーディクショナリ。オールカラーの絵がたくさんあってにぎやかで見てるだけでも楽しい。あのおはなしのあの場面の挿絵だな、と気づくと本冊をまた読み返したくなります。
おまけにページ数の表記にも工夫があってさらに楽しい。
ムーミンファンなら買うしかない1冊です。もちろんわたしも買いました。

三宮駅前店 高垣

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/19 15:52

投稿元:ブクログ

ムーミンカフェで時間つぶしつつ置いてあったのを読んだ。可愛い、そして美しい。急いで手に入れたいという本ではないのでいずれ、いずれ。

2014/07/20 10:48

投稿元:ブクログ

ちびのミイの弟がスナフキン。
ニョロニョロは耳が聞こえない。気圧計におじぎをするために、一年に一度、総会を開く。

2015/08/29 08:38

投稿元:ブクログ

フィンランド語の勉強によさそうだったので。

絵辞典で、カタカナでのルビもあるので読み方に迷いにくい。
英語の文章も載っているので、英語の勉強にもいい。この本と同じくらいの読みやすさなら、ムーミンの物語も英語版で読みたいと思う。

2014/08/27 22:38

投稿元:ブクログ

最初に出てきた絵が、私のTシャツとおんなじだあ。やっぱり、ミイがスナフキンのお姉さんというのは本当だったのだ。

事典・図鑑・百科 ランキング

事典・図鑑・百科のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む