サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. おねだり熟女 人妻に誘われ、友達の母にせがまれ…

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

おねだり熟女 人妻に誘われ、友達の母にせがまれ…(フランス書院文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

おねだり熟女 人妻に誘われ、友達の母にせがまれ… (フランス書院文庫)

著者 庵乃 音人 (著)

いきる硬直を牝洞の最奥へ優しく導く隣人妻・由梨。母性溢れる豊乳で甘えさせてくれる幼なじみの母・咲子。魅せられ、おしおきされ、イタズラされ、おねだりされ…【「BOOK」デー...

もっと見る

おねだり熟女 人妻に誘われ、友達の母にせがまれ… (フランス書院文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いきる硬直を牝洞の最奥へ優しく導く隣人妻・由梨。母性溢れる豊乳で甘えさせてくれる幼なじみの母・咲子。魅せられ、おしおきされ、イタズラされ、おねだりされ…【「BOOK」データベースの商品解説】

「もっと奥まで挿れて。まだ出しちゃダメよ?」
いきる硬直を牝洞の最奥へ優しく導く隣人妻・由梨。
「私のこと、本当のママだと思っていいのよ」
母性溢れる豊乳で甘えさせてくれる幼なじみの母・咲子。
魅せられ、おしおきされ、イタズラされ、おねだりされ……
34歳と37歳――二つの美肉をとことん味わう熟女体験!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大いなる母性とショタコンに溢れた愛情物語

2014/09/07 17:50

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近の「黒本」としては珍しく非相姦ながら、主人公が憧れる友人の母と隣の熟女という人気(?)のヒロインを配置した作品である。何より溢れんばかりの母性とショタコン気味な想いで高校生主人公をこれでもか!と愛でる作風が特徴であろう。

【由梨】以前から主人公をいろいろと気にかけている34歳の隣人妻。
【咲子】亡くなった友人の母ながら主人公が憧憬と愛情を傾けている37歳。

奔放で派手な印象の由梨に対して清楚で奥ゆかしい咲子という2人ヒロインは王道中の王道。この安定感によってスムーズに物語へと没頭でき、由梨との関係性や主人公への想い、逆に咲子へと向けられた主人公の秘めた想いなどがすっと入ってくる良さがある。そう、「切なさ」をテーマに掲げる作者にあって本作は、想いを寄せるも通じ切らない由梨の切なさと、咲子への想いが通じ切らない主人公の切なさ、そして亡息の友人に想いを告げられて困惑する咲子の切なさが渾然一体となる物語なのである。

話の筋立てとしては、由梨の頑張りが目立つ。自分が咲子よりも早く出会っていればと悔やむ一方で主人公と咲子との仲を取り持つキューピッドの役目も最後は担う。いわゆる「報われない対抗ヒロイン」ではあるが、前半ではしっかり出番があり、最後の最後にもちゃっかりご相伴に預かれるところは旗振り役でもあった由梨に作者が報いたのかもしれない。余談だが、主人公に対しては「由梨さん」と自称するために台詞では時々主人公と混同しそうなことがあった。

その由梨の奮闘に反して今回は主人公の幼さというか、思慮の浅さが少し目立った気もする。咲子との約束を反故にして関係を結ぶところなどは、若気の至りで却って現実味はあるものの、むしろ一時期の「黒本」誘惑系作品で見られたヘタレ主人公に似たものを感じた。ただ、押しに弱い咲子が困惑しながらも次第に昂ぶってしまう官能美は出ていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フランス書院 ランキング

フランス書院のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む