サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

トラップホール 4(フィールコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

トラップホール 4 (FC)

著者 ねむ ようこ (著)

トラップホール 4 (FC)

1,008(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

トラップホール(4)

540(税込)

トラップホール(4)

ポイント :5pt / 紙の本より468おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「トラップホール 4」が含まれるセット商品

トラップホール(FC) 4巻セット

トラップホール(FC) 4巻セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.8

評価内訳

電子書籍

最終巻

2016/02/14 00:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かったです。最後には戻ってよかったなぁと思いました。ふらふらしながらも行き着くとこに目的が見つかってよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

むかむかするなー

2015/11/13 18:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

地元に戻って一年後、アパレルの会社を立ち上げました…って。
一番大事なとこ描かないでどうする!
そんな世の中簡単じゃないでしょ、しかも二人だけってあり得ないしw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/03 12:06

投稿元:ブクログ

槇くんに、ハル子に、色々重ねて読んでいたので
ちょっと強引やろ!と突っ込みつつ
こういうラストで良かったー!って感じ。

2014/08/08 19:29

投稿元:ブクログ

終わってしまったー。ハル子さんのずるずる感すごかったけど最後はちゃんと終わったなぁ。
もっと続いても良かったと思うので少し残念。また次の作品に期待する。

2014/08/16 20:47

投稿元:ブクログ

婚約破棄でどん底のハル子は心機一転、上京中。
29年間、手堅く生きてきたのに、東京では風変わりな劇団員・歩に拾われ、いつの間にやらスタッフと化して芝居の衣装を作る日々。
しかし、新作の芝居でハル子はここ数カ月の「オトコ関係」を暴露されてしまう。
さらに歩にフラれた大学生・槇が「ハル子と付き合っている」と言いだして――。

帯で「どん底オンナの這い上がりデイズ、堂々完結!」と書かれて、えっ!?完結!? と我が目を疑いましたが、ちゃんとスッキリ完結してて良かったです。
一時期どうなることかと思っていた槇くんとの関係ですが、くっついたり離れたりくっついたりを繰り返して、最終的には落ち着くところに落ち着いたのでほっとしました。本気でもうダメかと思ってましたよ…(笑)

歩ともこじれたまま終わるのかな、と諦めてましたけど、彼女なりの答えを芝居を通してハル子に見せてくれたので、そこは良かったな~と思いました。確かにその通りだ! って思いましたし。

ハル子が東京に来た意味をちゃんと見つけれて帰れたのと、「落とし穴を踏まずにすむ道なんてあるのだろうか? あったとして……そんなのはきっと踏み込むに足らないつまらない道に決まっている」という結論が出たのも、しっくりきていいラストでした。

2015/03/15 10:32

投稿元:ブクログ

一番楽しみにしているマンガが完結してしまいました。
でも、とてもよいラストなので、みんな読むといいよ。
全4巻なので勧めやすいのがいいね。

それから、

 ハル子「私は正しいなんて思えないよ!
 歩「そんなの あとになって わかるんだって!

というやり取りが好きです。

昔から「やらずに後悔より、やって後悔」という信条ですので。でも、この意味を持つ四文字熟語を探しているのだけれどみつからないんですよねえ。(ご存知の方教えてください)
熟慮断行とか、逆の意味の熟語はたくさんあるのだけど見つからないということは……。

たとえば、旅先で見つけたちょっと高いアンティークとか、買わずに帰るとずっと何年も後悔する。たぶん、買って帰っても、家に帰ってそれを見ると、ちゃっちくて後悔するんだけど、そのほうがずっといい。

2015/09/14 21:42

投稿元:ブクログ

もっと続くかと思っていたら、意外に早い終わりでした。作中の時間も意外と短い!
いい終わりでよかった。

2015/07/26 01:37

投稿元:ブクログ

最後にばばばっと話まとめたなー。
今まですごいリアリティーたっぷりだったのに、最後に急にそんな綺麗な感じ?みたいな。
でも漫画だから、最後はすかっとできた方がいいんだろうな。

ちゃんとできてよかったね、みんな。

2014/08/22 23:55

投稿元:ブクログ

あのまんまで(救いのない状態で)終わらせないところが
ねむようこさんの慈悲かな(笑)
だってーーー。
1巻~3巻までって、ありそうでありえないことの連続で
めげそうでめげなくて
ただじゃ起きないところが爽快だったね。

でも、現実的なんだけど非日常で。
マンガってすごいね。別の人生を覗かせてもらえるんだから。

俳優のように別の人生を演じることは無理でも
こうして読ませてもらえるんだもんね。
マンがって、ほんとすごい。
漫画家ってほんとすごい。

2014/10/19 00:05

投稿元:ブクログ

4巻で評価が変わった。すき。

『ナンシーは 自分が立っている所が 美しいのだということに ちっとも気づかなかったのだ』
『恨みや悲しみに かまけることは 勿体の無いことだ』
『今日の月は 今そこにある 見なきゃ ちゃんと見なきゃ』
『目ぇつぶってたら いいとこ 見逃しちゃうよ? そんなの 勿体ないでしょ?』

『落とし穴を 踏まずにすむ道 なんて あるのだろうか?
あったとして
そんなのはきっと 踏み込むに足らない つまらない道に 決まっている』

2014/11/21 21:33

投稿元:ブクログ

ラスト。ひとまずハル子も落ち着きました。
お互いに別の誰かの面影を重ねている、とハル子に指摘される槇。好きってなんだろう?
背水の陣で挑んだハル子の20代最後の数か月。真似できないけど、こんなことしたら生まれ変われそう。

2014/08/09 10:27

投稿元:ブクログ

完結巻です。
感想は、ここに落ち着いたんだぁって感じです。
でも、それがいいよ。それが一番。
と、私は満足でした。

2015/02/13 00:36

投稿元:ブクログ

ふらふらふわふわなハルコ、、やっと落ち着いた!最終巻でした。
慎くんとまたグダグダな関係に陥るかと思ったけど、自分のやりたいことをみつけられてよかったと思う。
現実はそう甘くないけど、新しいことを始める決断力と何を選びとるかの判断力は大事だ。

2016/04/26 22:53

投稿元:ブクログ

まさにトラップホールにはまってるハル子。
結局は自分次第で人生は変わるのである!
自分を見つめて理解して…その先に光が見える!

2014/09/05 06:29

投稿元:ブクログ

1巻で婚約者にふられ、自分に1本貫いているものがない、と自覚した主人公。
2~3巻、周囲の個性的な人々に流され動かされ、夢の中?(沼の中?)をふらふらしていた主人公も今回、4巻、着地しました。

トラップホール
生温いくてきもちいいけど不安。だけど何に悩めば良いのやら、、というような、
注意も考えも散漫になってしまう、まさに”迷って地に足ついてません”という描写がすばらしく、
私は特にそこを面白く読んでいたので、
最終巻は、こんな風に着地したのねハル子さん、といった感じでした。

素敵に、しっかりと、前を向いて地面に足つけて存在しています。着地しています。

”20代なんて、思い返せば、生きていても死んでいても、不安だ~って迷っていたと思う”と
誰かが言っていたのを思い出しました。
一人で人生に迷った事がある方、えーい!と衝動に走ってしまったことがある方は、全巻通して共感してよめるのでは、と思います。

女性コミック ランキング

女性コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む