サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. クルスク大戦車戦 独ソ機甲部隊の史上最大の激突

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クルスク大戦車戦 独ソ機甲部隊の史上最大の激突(光人社NF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/17
  • 出版社: 潮書房光人社
  • レーベル: 光人社NF文庫
  • サイズ:16cm/441p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7698-2842-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

クルスク大戦車戦 独ソ機甲部隊の史上最大の激突 (光人社NF文庫)

著者 山崎 雅弘 (著)

第二次大戦下、ドイツ軍とソ連軍の間で繰りひろげられた史上最大の戦車戦“クルスクの攻防戦”の実態とはいかなるものだったのか。戦術、政治、人物、兵器など、さまざまな視点から再...

もっと見る

クルスク大戦車戦 独ソ機甲部隊の史上最大の激突 (光人社NF文庫)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第二次大戦下、ドイツ軍とソ連軍の間で繰りひろげられた史上最大の戦車戦“クルスクの攻防戦”の実態とはいかなるものだったのか。戦術、政治、人物、兵器など、さまざまな視点から再評価し、大会戦の全貌に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/07/11 13:41

投稿元:ブクログ

内容のほとんどが資料的なものなので、アクション小説的な部分はちょっとだけです。
読む人を選ぶ本でしたね。研究者とかヲの人とか向けだったかも。
地図と文章に出てくる地名の対応がもう少しわかりやすかったらなぁと思いました。例えば、文章で出てくる重要な地名については地図でもフォントを変えるとかね。
ま、これもそっち方面の人たちにとっては、明示するまでもなく、地図上でよくわかることなのかもしれませんけど。

2014/08/19 18:07

投稿元:ブクログ

第二次世界大戦中のソ連において、独ソ両軍がロシア南西部のクルスクで激突した戦車戦について書かれた戦記(2014/07/31発行)。

本書は、パウル・カレルの著書「焦土作戦」やソ連の公刊戦史などで伝えられた「クルスクの戦い」の史観を持っている方をターゲットとした本で、主にデヴィッド・M・グランツとジョナサン M・ハウスの「The Battle Kursk」や、その他、グランツが20世紀末前後に発表した独ソ戦に関する研究書を元に書かれています。 このためある程度、事実の更新がされていますが、最新のモノでは在りません。

例えば、パウル・カレルの著書「焦土作戦」で書かれているクルスクの戦いは、戦後アメリカ軍の要求に応じ記述された元ドイツ陸軍参謀総長クルト・ツァイツラー上級大将の回想がソースであり、OKHや南方軍集団の戦場日誌と云った一次資料からクルスク挟撃作戦「ツィタデレル」の案は南方軍集団司令官マンシュタイン元帥が出し、当時の陸軍参謀総長ツァイツラー大将が強く支持、ヒトラーを説得して実行させたというローマン・テッペルの研究には触れられていません。 かと云って、別の新事実の紹介や新解釈の提示がされているわけでも在りません。 この他マイナス点として、図が読みずらい上(おそらく著者は2色印刷で図を作成していないため、独ソ両軍の識別が判りずらくなっています)、ドイツの戦車連隊を装甲連隊と記述していたり、”第503重戦車大隊第1大隊”と云った訳の判らない部隊が記述されていたり、おかしな所も見受けられます。

とは云え、致命的な程ひどい内容の本と云うわけでは在りません。 只、それなりに注意が必要な感じはします。 上記の通り、図が読みずらかったり疑問を感じる記述箇所が在りますので、ある程度、戦史もしくは近代西洋史の知識がある方でないと、誤解を招く読みずらい本ではないかと思いました。

世界史 ランキング

世界史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む