サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

カシュトゥンガ
カシュトゥンガ カシュトゥンガ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/29
  • 出版社: 祥伝社
  • サイズ:19cm/371p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-63444-5
  • 国内送料無料

紙の本

カシュトゥンガ

著者 水沢 秋生 (著)

掃除当番で放課後の旧校舎に集められた「底辺」の生徒たち。「強者」によって支配される校内には、彼らの居場所はなかった。いつも誰かに怯えている彼らだったが、一人の少女の出現に...

もっと見る

カシュトゥンガ

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

掃除当番で放課後の旧校舎に集められた「底辺」の生徒たち。「強者」によって支配される校内には、彼らの居場所はなかった。いつも誰かに怯えている彼らだったが、一人の少女の出現によって変わっていく。少女の教えてくれた“おまじない”をすれば、「なりたい自分になれる」と信じて。しかし、それは復讐劇のはじまりだった。やがて“おまじない”は全校生徒を侵食し、学校は静かに壊れていく…。【「BOOK」データベースの商品解説】

校内で居場所のない「底辺」の生徒たち。ある少女が教えてくれた「おまじない」をすると「なりたい自分になれる」と信じ、彼らは変わっていく。しかし、それは復讐劇のはじまりだった…。『小説NON』連載をもとに単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

水沢 秋生

略歴
〈水沢秋生〉兵庫県生まれ。フリーライター。2012年「ゴールデンラッキービートルの伝説」で新潮エンターテインメント大賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「ライオット・パーティーへようこそ」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2016/03/02 23:36

投稿元:ブクログ

カシュトゥンガ、それはわたしたちだけのひみつのおまじない。

ヤングアダルト向けのサスペンスホラーというところ?映像化しやすそう。学校の中で悩んでいる子にとって良いところもあるし、悪い影響も与えてしまいそうだけど、読んでみてほしいかも。本当に一番望んでいることが何なのか、見間違えないように。
が、私は大人なので、ちょっと物足りなかった。家庭教師はなんだったの……ヒーローじゃなかったの……

2014/09/25 16:19

投稿元:ブクログ

引きこまれて、ページを捲る手を止められなかった。
「学校」という特殊な空間に押し込められた中学生たち。いや、閉じ込められているのは中学生だけじゃなく、みんな何かしらの「棺」に閉じ込められているのだ。
と、そんなふうに感じてしまうことは確かにある。逃げても逃げても、結局は似たような世界でしか生きていけないような、絶望的な閉塞感。
最近の「学園モノ」には共通してこの「絶望的な閉塞感」がつきまとう。それはたぶん、現実を反映しているからなんだろう。
そんな中で、咲希は、奇跡のように健全である。彼女の健全さを「奇跡のようだ」と感じてしまうこと自体、なんだかやりきれなくなってしまうが。

読んでいる間じゅう、この物語が醸し出す閉塞感にすっかり囚われていたのだが、読み終わっていくつもの疑問がわいてきた。
序章の「私」は結局誰だったんだろう。華那はいったいどういう少女だったのか。途中から愛という少女の視点に重点が置かれるようになったと思ったら、また違う人物の視点に変わったり。いったい誰の物語だったのだろう、とまずは思った。
しかし、もう少し考えてみると、誰か一人の物語、というよりは、「学校」あるいは、「人間社会そのもの」が主人公の物語であったような気もする。
一瞬で入れ替わる加害者と被害者の関係、他人をいじめずにはいられない人間の業、見て見ぬふりをしたり、過小評価してやり過ごしたりしてしまう人間の習性、などは、何も「学校」のみに存在するものではないのだから。
救いがあるような、ないようなラストで終わるこの作品は、いつまでも考えることをやめられない何かがある。

2014/11/04 00:49

投稿元:ブクログ

水沢秋生作品初読み。
女子会で魔女的な集会かと思っていたら意外に悪意に満ちた集会だった^_^;
ビー玉の件は脅し的な意味合いなのだろうけどチョコの件はやりすぎだろ。。。
悪意があろうがなかろうが他人に危害を加えたらダメですな。。

2014/09/25 23:08

投稿元:ブクログ

読んでいる間はそれなりに面白かった。ただ特に突出したものは感じられない。冒頭の語り手がちょっと意外だったくらいか。

2014/10/01 22:19

投稿元:ブクログ

いじめがもたらすもう一つの悲劇をうまく被害者視点に立って描いてる作品だなと思った。

ちょうど、登場している世代が1995年生まれ世代で親近感を感じた。

個人的にはこの本、是非ともテレビドラマ化してほしいなと思った。金10枠で。

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む