サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 謎解き父さん 世界の見方を変える12問

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

謎解き父さん 世界の見方を変える12問
謎解き父さん 世界の見方を変える12問 謎解き父さん 世界の見方を変える12問
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/31
  • 出版社: 朝日出版社
  • サイズ:21cm/117p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-255-00788-5
  • 国内送料無料

紙の本

謎解き父さん 世界の見方を変える12問

著者 伴田 良輔 (著)

尾行しないで蟻の行動を知る方法、ありえない立体…。数式や専門用語は使わずに、数と無限と世界を考える町山家の物語。マッチ棒のお父さんが繰り出す手品のような12の問題があなた...

もっと見る

謎解き父さん 世界の見方を変える12問

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

尾行しないで蟻の行動を知る方法、ありえない立体…。数式や専門用語は使わずに、数と無限と世界を考える町山家の物語。マッチ棒のお父さんが繰り出す手品のような12の問題があなたの視界を塗りかえます。【「TRC MARC」の商品解説】

タネもしかけもありません。
お父さんが繰り出す、
手品のような12の問題。
答えがわかっても、やっぱり不思議!
マッチ棒のお父さん、角砂糖のお母さん、
長男のマチオ、長女のエリカ、猫のムース
──町山家は「考える家族」。
数式や専門用語をいっさい使わず、
数と無限と世界を考える一家の物語。
『巨匠の傑作パズルベスト100』の著者が、あなたの視界を塗りかえます。
【商品解説】

目次

  • 序章 町山家について
  • 第1問 心の中のホテル
  • 第2問 世界を作る種(たね)
  • 第3問 世界の隙間
  • 第4問 見えないケーキ
  • 第5問 尾行しないで蟻の行動を知る方法
  • 第6問 迷いこんだ蟻
  • 第7問 蟻と蜜
  • 第8問 ありえない立体
  • 第9問 神様のテーブル

著者紹介

伴田 良輔

略歴
〈伴田良輔〉1954年生まれ。京都府出身。作家。翻訳家。版画家。著書に「猫語練習帳」「巨匠の傑作パズルベスト100」「BREASTS」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/04 15:07

投稿元:ブクログ

大人はボケ防止に、子供は柔軟な発想を養うために、数式や専門用語を使わないで頭がクルクルと回転する楽しいパズル本。

2016/10/30 11:46

投稿元:ブクログ

紹介文どおり、奇妙だけど親近感のわく家族と一緒に、これまた奇妙な問題について考える。

著者は『傑作パズル100』の中で、数学問題を身近なもので表現したパズル王サム・ロイドについて語っていて、この本は彼に倣ったものかもしれない。

難しい言葉を使わず、パズルみたいに気軽に楽しめる問題ばかり。毎回最後を締めるお母さんの一言がほんわかする。

ここから先は、それぞれの問題が数学のどんな話題を扱ってるのか調べたもの。調べてみると難しいなーってことが、この本では感覚的にわかるのが、面白いなあ。
おすすめの本!

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む