サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. アカマイ 知られざるインターネットの巨人

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

アカマイ 知られざるインターネットの巨人(角川EPUB選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

アカマイ 知られざるインターネットの巨人 (角川EPUB選書)

著者 小川 晃通 (著)

ネットを流れる情報の3分の1を運んでいる多国籍企業アカマイ。公的機関から大手コンテンツ事業者まで、世界中の顧客に安全で迅速なトラフィックを約束する超大企業の全容を明らかに...

もっと見る

アカマイ 知られざるインターネットの巨人 (角川EPUB選書)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

アカマイ 知られざるインターネットの巨人

972(税込)

アカマイ 知られざるインターネットの巨人

ポイント :9pt / 紙の本より648おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ネットを流れる情報の3分の1を運んでいる多国籍企業アカマイ。公的機関から大手コンテンツ事業者まで、世界中の顧客に安全で迅速なトラフィックを約束する超大企業の全容を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小川 晃通

略歴
〈小川晃通〉1976年生まれ。慶應義塾大学政策メディア研究科にて博士号取得。ソニー株式会社を経て、ブロガーとして活動。アルファブロガーアワード2011受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.6

評価内訳

2016/11/21 17:35

投稿元:ブクログ

アカマイがGoogleやFacebookのような分かりやすいIT企業ではなく、縁の下の力持ち(的なところを独占している巨人)であること(=副題の意味)がよくわかった。

2015/01/13 19:34

投稿元:ブクログ

知られざるインターネットの巨人。これほどまで人々に関わっていながらあまり知られていないという企業というのは珍しい。IT業界に従事していても知らない人は多い。それだけインターネットが急激に拡大してきたこと、そしてインターネットサービスがユーザーが裏側を知らずに済む仕組みで構築されてきているか、ということだと思う。初心者にも分かりやすいネットワークの仕組みを学びながら、アカマイのサービスも知ることができる良書

2014/11/29 14:43

投稿元:ブクログ

普段意識することはないけど、ほとんどの人が間接的にお世話になっているはずの企業、「アカマイ」について書かれた本。

アカマイの創業から現在のビジネスまで、インターネットの基本を交えてわかりやすく書かれています。


ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4784086.html

2015/09/07 08:14

投稿元:ブクログ

良書だけど、ターゲット層がずれている。平易に解説されてるけどこの説明が必要な読者はこの話に興味がない。興味がある読者にとっては説明がまどろっこしくて読みにくい。

2014/11/10 07:40

投稿元:ブクログ

アカマイの解説本。直接ではないが色々お世話にはなっている会社なので興味があったので読む。
内容は悪く無いし一通り分かったのでいいけど、定価で買ってたら薄さに怒ったかも。電子書籍で買うと量が分からないまま買ってしまうのは紙に対する欠点だよな。

2016/03/17 12:17

投稿元:ブクログ

※オーディブルにて
雑学的に拝聴。音声だけだとなかなか仕組み解説を理解するのが難しかったので、このような本は視覚媒体の方がよいかも。

2015/03/07 11:24

投稿元:ブクログ

発売直後に読んだ。自分の専門分野だから読みやすかった。技術の話はともかく、物語部分はとても面白く読めた。

2014/10/01 20:28

投稿元:ブクログ

知られざるインターネットの巨人、アカマイについて一般人向けに書かれた本。アカマイはインターネットの現状を映す鏡であるという著者の最後の言葉に納得。『顧客からの要求はリアルなビジネス上のニーズを反映するものですし、インターネット事業者の業界でのトレンドは、情報通信技術トレンドに連動しています。それらに合わせて新しいサービスを作り続けるアカマイの変化を見ることで、「インターネットそのものがどのように変化しているのか」を垣間見ることができるのかもしれません。』

あと、技術的なところのメモ。
・クライアントがオープンリゾルバを使っている場合、クライアントの位置をどのように推定するのか(ISPのキャッシュDNSサーバに頼れない場合)。
・tracerouteの実装。最後の1 stepはICMP Time Exceededではとらえられないので、UDP(ICMP Port Unreachが返る)を使うか、ICMP Echoを使う。
・トランジットとピアリングの厳密な定義は? 最近はピアリングの方が高くつく状況もあるそうな。

2014/09/24 16:01

投稿元:ブクログ

「インターネット」は自分にとって原点。インターネットの仕組みやアカマイの技術的特性、ビジネス的特性がとても分かりやすく解説されている。インターネットの仕組みを理解したいと思う人にとっては、最近の出版された中では、最も優れた本なんじゃないかと思う。

2014/10/04 10:35

投稿元:ブクログ

社名(アカマイ)を知らなくても、スマホ/PCユーザーならば、アカマイのサービスは、必ず使ってるようです。

詳しくは本の中に・・・( ̄▽  ̄*)


アカマイという企業の紹介本のようですが、半分以上は、インターネットの歴史、解説がいっぱいです。

初期のインターネットからお付き合いのある方には、懐かしく、面白い話でしたが、

IPアドレス、DNSサーバー、トラフィックなどなど・・・

ネットワークの仕組みに興味のない方には、むずかしー話ばかりです。ご注意を。

2015/11/02 18:20

投稿元:ブクログ

アカマイという企業を知るには、タイトル通りうってつけの一冊。また、インターネットの技術的側面を簡便にまとめているため、この本を読むことでその知識も少し身につくかも。

2014/11/23 11:55

投稿元:ブクログ

時価総額1兆円超えの世界的IT企業アカマイ。
アカマイという謎の会社にフォーカスを当てた1冊ですが、中身は非常に薄い…

アカマイ誕生の経緯や技術アーキテクトの解説はありますが、
一般論的なインターネット概論や途中途中で挟まれる無駄な用語解説が
著者/編集サイドのカサ増し心境が透けて見えてしまうのが残念です。

非公開カンパニーアカマイに対し踏み込んだ取材ができなかった故の
浅い解説本なので読み飛ばしながら読むことをお勧めします。

2014/10/28 15:19

投稿元:ブクログ

Windows Updateやウイルス対策ソフトの定義を更新するときにも、アカマイが代行していることもある、とわかった。 p23
 
つまり、ほとんどの一般ユーザーが、知らないうちにアカマイのサーバーにアクセスしている可能性があるということだ。

インターネットの解説の本を読んだことがある人も、一企業が使っている技術を通して説明しているこの本は、一味違った新鮮な気持ちで読める本です。

2015/08/26 02:03

投稿元:ブクログ

アカマイの事業内容がわかるのと、意外とインターネットの仕組みについて、簡単だけど知れたところがよかった。BGP とかトランジットとか、ASとかtier1とか。
平易な文で書かれているので読みやすいのもよかった。

2014/09/15 23:53

投稿元:ブクログ

アカマイというインターネットの中の隠れた巨人の断面を垣間見ることができる。その理解のために本書は約半分をインタネット解説に費やしている。インターネット何たるかを久しぶりに復習するには良い書籍と思う。googleとかFacebookはコンテンツ提供者だ。インターネットはネットワークそのものだと思い起こさせてくれる。ただしアカマイ自体の組織、エコシステムへのアプローチには物足りなさが残ることは正直な感想です。