サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 人生に迷わない36の極意 プロフェッショナル仕事の流儀

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

人生に迷わない36の極意 プロフェッショナル仕事の流儀(生活人新書)
人生に迷わない36の極意 プロフェッショナル仕事の流儀(生活人新書) 人生に迷わない36の極意 プロフェッショナル仕事の流儀(生活人新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/07
  • 出版社: NHK出版
  • レーベル: 生活人新書
  • サイズ:18cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-088441-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

人生に迷わない36の極意 プロフェッショナル仕事の流儀 (NHK出版新書)

著者 NHK「プロフェッショナル」制作班 (著)

イチロー、井山裕太、宮崎駿…。彼らはどうやって一流になったのか? NHKテレビ「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場したプロフェッショナル36人の、自らを奮い立たせた珠...

もっと見る

人生に迷わない36の極意 プロフェッショナル仕事の流儀 (NHK出版新書)

886(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イチロー、井山裕太、宮崎駿…。彼らはどうやって一流になったのか? NHKテレビ「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場したプロフェッショナル36人の、自らを奮い立たせた珠玉の言葉を感動のエピソードとともに紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/14 09:25

投稿元:ブクログ

36の登場人物を簡単に書いてある。少し軽すぎる。一人ずつ詳しい内容のほうが良いと思う。諦めないことが一番大切だと思う。

2014/08/20 22:04

投稿元:ブクログ

不惑を過ぎてから久しいが、日々迷っているのはどういうことなんだろうと自分が情けなくなってくる。
「極意」とあるが、本書を読む限りにおいては、人生に極意などない、と感じるばかりだ。共通しているのは、常に進歩し続けようという強烈なモチベーションをもっていること。きっかけは様々だけど、それだけは云えると感じた。

2016/05/11 18:33

投稿元:ブクログ

リハビリには、「人生の再出発」という大切な役割があると信じている。

~命が助かって、リハビリをして、それで終わりじゃない~

障害を持ったとしても、人間としていかにいきいきと生きていくか。自分がしたいことをする。おいしいものを食べるとか、見たいものを見るとか、それで自分が生きてるっていうことを実感していただく。つまり、新たな人生を送っていただく。それをサポートしていく、患者さんの力を上げていくっていうのが私たちの医療だと思っています。
by酒向正春(リハビリ医)

2014/11/25 01:59

投稿元:ブクログ

36人の一流のプロを追ったエピソード集。
1人あたり7-8ページなので、少々物足りない面もあるが、読み進めていくと、一流に共通する考え方・姿勢が見えてくる。
個人的に特に印象に残った3点を、インタビューの抜粋や内容の要約とともに以下にまとめた。

【①一流は、挫折や失敗経験を忘れずに、バネにしている】
⇒イチロー(メジャーリーガー):「屈辱によって、自分を支えてきた。心は瞬間的に痛みを覚えるけれども、それで自分を支えてきた」

⇒国中均(はやぶさを手掛けた宇宙工学者):かつて研究分野に対して、学会・研究所内・企業などからの厳しい対応を受けた。そして、当時企業から届いた、研究を見下した内容の文章を今でも手帳に張り、”負の応援”としてエネルギーにしている。

⇒井山裕太(現囲碁界最強棋士):「負けて涙を流しているだけだったら何万回打っても強くなれない。自分なりに考え、反省することが大切」

⇒坂井信幸(脳神経外科医/脳卒中治療の砦):30代の頃、自分の些細なミスで軽い後遺症が残った患者を亡くす経験をしている。坂井の机のなかには、今も治療がうまくいかなかった人たちのデータが入っている。迷ったとき、弱気になりそうなとき、それを見て自分を鼓舞する。

【②一流は、「面倒くさいこと」の重要性を知り、実行している】
⇒吉田全作(あまたの料理人をとりこにするチーズ農家):「自分の思ったことを実現するためには、(中略)必ず面倒くさい方を選ぶんです。そうすると必ず成功しますから。面倒くさいことは誰もしないし、面倒くさい道のほうにヒントが転がっていると、経験的に学んでいるので」

⇒長井鞠子(数々の重要国際会議で指名される会議通訳者):仕事20年目にして、わずかな油断から大失敗を経験。それ以来、「準備と努力は、裏切らない」を信念に、既に大体のジャンルの通訳経験があるにも関わらず、ときには寝食を忘れるほど徹底的な準備をしている。

⇒宮崎駿(映画監督):「世の中大事なことって、たいてい面倒くさいんだよ。面倒くさくないとこで生きていると、面倒くさいのは羨ましいなと思うんです」

【③一流は、先入観に捉われず、「できない」と考えない】
⇒佐藤オオキ(世界で活躍する若手デザイナー):クライアントは、常にその商品を研究しているプロであり、常識を逸脱するアイデアは思いつかない。佐藤は、何もバイアスのかかっていない「子供のようなまなざし」でアイデアを練る。

⇒坂本孝(ブックオフ、俺の―の飲食店シリーズなどの創業者):「ため息とか、それから絶望感のなかに、その人たちがやりたいことを組み合わせてみると、理想的なビジネスモデルができあがる」

⇒林伸太郎(義肢装具士):林は、客の要求に対して「それは無理です」と言わない。可能になるアイデアをひねり出し、繰り返し試作品を作る。あきらめない姿勢は、相手にも「あきらめないでください」と訴えているようにも思える。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む