サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. サラは銀の涙を探しに

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サラは銀の涙を探しに
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/03
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-775421-6
  • 国内送料無料

紙の本

サラは銀の涙を探しに

著者 橋本 長道 (著)

18歳の女流棋士・北森七海は、長年のライバル・護池サラとの女流タイトル戦に挑む。しかし対局当日にサラは欠場し、そのまま失踪。彼女の行方を追う七海は、ある日、ネット上でサラ...

もっと見る

サラは銀の涙を探しに

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

18歳の女流棋士・北森七海は、長年のライバル・護池サラとの女流タイトル戦に挑む。しかし対局当日にサラは欠場し、そのまま失踪。彼女の行方を追う七海は、ある日、ネット上でサラにそっくりの将棋を指すプレイヤー「SARA」を見つける―。前作『サラの柔らかな香車』から2年、コンピュータ将棋と人間との対局を織り交ぜつつ、人類の限界を超えて勝負に身を投じる棋士の姿を描く、エンターテインメント長編。【「BOOK」データベースの商品解説】

人は、「才能」を超えて、どこまで自分と闘い続けられるか。コンピュータ将棋と人間との対局を織り交ぜつつ、人類の限界を超えて勝負に身を投じる棋士の姿を描く。「サラの柔らかな香車」の続編。【「TRC MARC」の商品解説】

誰が将棋を殺すのか─。「人間VSコンピュータ」の熾烈な対戦。「向こう側の景色」を見るため、限界を超えて勝負に身を捧げる棋士たちの姿を描く長編小説。小説すばる新人賞作家によるシリーズ第2弾。


【商品解説】

著者紹介

橋本 長道

略歴
〈橋本長道〉1984年兵庫県生まれ。元新進棋士奨励会員。神戸大学経済学部卒業。2011年「サラの柔らかな香車」で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。12年同作で将棋ペンクラブ大賞・文芸部門受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2016/02/24 11:15

投稿元:ブクログ

将棋を指している人たちにスポットを当てた小説で、
「サラの柔らかな香車」の続編。
将棋の知識があれば細かいところまでわかるのかもしれないけど、
むしろ将棋を通して人生とは何かを探し求めているような
感じでもあるので将棋の知識がなくても面白い。
ちなみに、前編を読んであると登場人物の変遷などもあったりで、
その変化がどうなっていくのか、というのも柱の中心。
前編では脇役だったところが主役になっており、
脇役とか主役とか関係なく、それぞれの人生が回っているんだなぁ、
と思ったりすると感慨もしばしば。
将棋が題材になってはいるけど、それ以外にも
何を自分の生活の中心に置くのか、というあたりで
面白い小説だと思う。
あと、タイトルの意味が分かると、一抹の寂しさも残ったりする。

2014/11/25 08:09

投稿元:ブクログ

前作と話は繋がっているが、別のことが書きたかったのではないかと思った。サラ以外の天才の話。
将来のvsCP戦として、人間側にこれぐらい検討して欲しいという願望があるのかなと思った。

2016/02/10 00:44

投稿元:ブクログ

サラの柔らかな香車 の続編。
前作の数年後を描いている。
皆が歳を重ね、離れたり、引き寄せられたり。
将棋に没頭するがゆえに、愛情がすれ違っていく。とても純粋な世界が描かれています。

2015/05/23 13:38

投稿元:ブクログ

装丁がイラストになってしまったのが残念…
サラは不在ですが存在感は抜群。
才能に魅せられた人、才能があるけれど大成できなかった人などなど、前作に続き天才って何だろうと考えてしまいました。
コンピュータ将棋など話題のトピックも落としこまれていて、ますます天才とはなんなのかとぐるぐるしてしまい。

実質的な主役の鍵谷が哀しいヤツ過ぎて、後味はあまり良くなかったです。
ちょっと途中が饒舌過ぎて、イマイチ入り込めませんでした。

2015/02/08 21:29

投稿元:ブクログ

「サラの柔らかな香車」続編。
今作は、サラの影響を強く受けた七海・鍵谷メインで話が進む。終盤、鬼気迫る鍵谷を支える七海の姿がつらいけど、一気読み。
ラスト、清々しいような雰囲気をまとっているけど、あまりに切ない結末。。サラは銀の涙を見つけられたのか?サラや鍵谷がまた将棋を指す姿を見たいと心から思う。。なんともやるせない。。

2015/03/27 14:21

投稿元:ブクログ

表紙がイラストになってしまったのは少し残念でもある。碧眼金髪の天才少女棋士サラはなぜ姿を消したのか…。そこには衝撃の事実が…前作より私はこちらが好き。大人になるってこういうことなのかな。

2014/11/26 20:32

投稿元:ブクログ

続編らしいが一作目は読んでなかったが面白かった。鍵谷さんと、白川粋くんの物語に感動。この一局は僕の命だ。この一局が人生なんだ」

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る