サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ちいさなかみさま

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/21
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:19cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-388386-3
  • 国内送料無料

紙の本

ちいさなかみさま

著者 石井 光太 (著),今日 マチ子 (絵)

たとえ絶望の中にあっても、人が見つける「光」―それをちいさなかみさまと名づけました。気鋭二人の初コラボレーションによる、珠玉のショートストーリーたち。【「BOOK」データ...

もっと見る

ちいさなかみさま

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

たとえ絶望の中にあっても、人が見つける「光」―それをちいさなかみさまと名づけました。気鋭二人の初コラボレーションによる、珠玉のショートストーリーたち。【「BOOK」データベースの商品解説】

たとえ絶望の中にあっても、人が見つける「光」−。人々の心に宿る「ちいさなかみさま」をめぐる、じんわりと静かに胸を打つ掌編の数々を収録。『ビッグコミックスペリオール』連載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

石井光太が描く珠玉の小さなストーリーたち

厳しい現実の中で絶望を感じると人は必死に光を見出そうとします。そんな救いを求めた時、支えとなるものを石井氏は“ちいさなかみさま”と名付けました。

本書は、石井氏が実際の市井の人々に取材をするなかで見つけた、それぞれの人々の心に宿る“ちいさなかみさま”を描いたものです。

その小さいけれども胸を打つストーリーの数々は、閉塞感と生きにくさに満ちた時代の中で、あなたに「生きる希望」を感じさせてくれるでしょう。

【編集担当からのおすすめ情報】
ビッグコミックスペリオール誌で2年間連載をショートストーリー「ちいさなかみさま」。好評を得た同連載を1冊にまとめて単行本化しました。ノンフィクションにとどまらず、数多くの読者層から支持を受けている石井氏、繊細で独特な画風が魅力の今日氏という二人のコラボレーションをぜひご一読ください!【商品解説】

著者紹介

石井 光太

略歴
〈石井光太〉1977年東京都生まれ。ノンフィクションライター。「物乞う仏陀」でデビュー。国内外の様々なテーマを緻密な取材から執筆。著書に「神の棄てた裸体」「遺体」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

ちいさな感動、1冊で2回楽しめます

ジュンク堂書店新潟店さん

ほのかな感動が文章全体から伝わってくる感じがわかります。
そして、本編を読み終えたあとにもう一度挿し絵を見てみると、物語の風景が頭の中により鮮明に浮かんできます。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/28 17:14

投稿元:ブクログ

好きな作家同士のコラボ。
本屋で見かけて即購入。
内容は超短編集で一話を5分くらいで読み終える。
おそらく雑誌掲載のものをまとめた単行本だと思うが最初はただまとめただけという印象があったが読み進めるうちに少しずつ物語に入り込めるようになってきた。
石井光太の文章は『遺体』もそうだったが感情移入をするのが他の作家よりも遅い感じがする。
しかし一度物語に入り込むとかなり気持ちの奥のほうにメッセージが届くように思う。
また主人公が第三者と作者自身とどちらの場合もあるがやはり人から聞いたことよりも実体験したことを表現した物語のほうが気持ちに残った気がする。
『雲の上の順番』『蜜の味』『笑顔は幻でしょうか』などが印象的。

2014/11/15 13:53

投稿元:ブクログ

一見、非合理的に見えることでも「だれかにとって」の大切な心のよりどころとなることもある。「だれかにとって必要でないこと」が「だれかにとって必要なこと」である、ということ。そんな話を集めた、ショートストーリー。読みやすくて、絵もかわいくて、いい本。
「三十年前のサッカーボール」という話が好きです。ちいさなかみさま、という平仮名表記も、いい。石井光太さんの、やわらかい感性がうかがえる。

2014/12/08 10:14

投稿元:ブクログ

どんなに辛く、大変な状況でも、多くの人たちに「ちいさなかみさま」がいることに心が温かくなります。
私の大切な人にも「ちいさなかみさま」がいてほしい。そう思いました。

2015/01/15 21:18

投稿元:ブクログ

珍しい出来事ではない中にいる、「ちいさなかみさま」の話。
自分の行動範囲の中にも「ちいさなかみさま」がいるかもしれない。それに気がつくかどうかは、自分の感性しだい。
相手の行動や、何かをした人のことに気付く気持ちを持って生活したい。