サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 双子の遺伝子 「エピジェネティクス」が2人の運命を分ける

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

双子の遺伝子 「エピジェネティクス」が2人の運命を分ける

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/12
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:20cm/390p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-02293-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

双子の遺伝子 「エピジェネティクス」が2人の運命を分ける

著者 ティム・スペクター (著),野中 香方子 (訳)

うつ、自閉症、ガン、肥満…。どこまでが遺伝し、どこからが遺伝しないのか? 5000組の双子を研究した権威が、人間の本質に迫る。長寿、ガン治療、iPS細胞に関わるキーワード...

もっと見る

双子の遺伝子 「エピジェネティクス」が2人の運命を分ける

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

双子の遺伝子

2,333(税込)

双子の遺伝子

ポイント :21pt / 紙の本より259おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

うつ、自閉症、ガン、肥満…。どこまでが遺伝し、どこからが遺伝しないのか? 5000組の双子を研究した権威が、人間の本質に迫る。長寿、ガン治療、iPS細胞に関わるキーワード「エピジェネティクス」がわかる一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ティム・スペクター

略歴
〈ティム・スペクター〉ロンドン大学キングス・カレッジの遺伝疫学教授、ガイズ・アンド・セントトーマス病院の名誉顧問医を務める。同病院の双子児研究所の所長も務める。著書に「99%は遺伝子でわかる!」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/07/25 23:10

投稿元:ブクログ

 さくさく読めた本。
 遺伝子ですべては語れないと双子の例を挙げ示している。エピジェネティクスの詳しい原理などは書かれていないのでさくさく読めたのかもしれない。私にとって新しく知ったこと、確証をえたこと、いろいろ突っ込みたくなるような事例を、引用にて記録する。

2015/04/14 00:00

投稿元:ブクログ

http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/opac/opac_details.cgi?amode=11&bibid=TB10070818

2015/06/09 09:17

投稿元:ブクログ

人の能力や性格、病気については、遺伝子によるものなのか後天的な(エピジェネティクス的な)ものなのかを、遺伝的にほぼ同じである双子の例を挙げて解説した書。
 まず、現在分かっているエピジェネティクスは2種類。メチル化と、ヒストン修飾。
 で、同性愛、暴力、能力、精神疾患、肥満、幸福、などの観点から言及。
 また、化学物質や、特定の経験(飢餓など)が、子・孫までに及び遺伝子をメチル化もしくは脱メチル化する事や、周産期の状況がエピジェネティクスを引き起こす。
 これから子供を持ちたいと思う人には、自分やパートナーの親の遺伝子だけでなく経験も既に子供の元となる生殖細胞に刻み込まれているという実感ができて、なかなか読み応えがある。

2015/06/16 11:46

投稿元:ブクログ

人は遺伝子によって多くを決められている。けれどそれは生まれ育った環境により変化していく…? 続けて読んでたわけじゃないから結構内容が飛んでるなぁ…

物理的に物事を考えると世界が違って見えてくるなぁ、とよく思う。
生物的に考えると、自分が違って思えてくる。

遺伝学・バイオテクノロジー ランキング

遺伝学・バイオテクノロジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む