サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 韓国擁護論 日韓基本条約五十年の前に

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

韓国擁護論 日韓基本条約五十年の前に
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/30
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:19cm/182p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-336-05821-8
  • 国内送料無料

紙の本

韓国擁護論 日韓基本条約五十年の前に

著者 二日市 壮 (著)

反日と嫌韓は両国にとって不幸な事態であり何も生み出さない。元NHK記者が、日本による韓国への加害の歴史、韓国における「反日」の構造を描き、韓国への要望と提言を行う。【「T...

もっと見る

韓国擁護論 日韓基本条約五十年の前に

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

反日と嫌韓は両国にとって不幸な事態であり何も生み出さない。元NHK記者が、日本による韓国への加害の歴史、韓国における「反日」の構造を描き、韓国への要望と提言を行う。【「TRC MARC」の商品解説】

本書は、現在の日韓両国関係の原因となっている韓国併合、靖国、慰安婦など歴史的な問題や、韓国の反日の経緯について、韓国側の認識をまずは受けとめ、日本人が自国について問い直すための知識と視点を提供する。その上で、韓国の言い分をそのまま認めるのではなく、韓国に対して主張するべきことは主張するという、日本人が向かうべき方向を示し、隣国だけでなく、広くアジアそして世界との関係の未来像を明るく照らそうとするものである。著者は元NHK記者。【商品解説】

目次

  • まえがき
  • 目次
  • 第一章 靖国と慰安婦
  •     靖国神社とは
  •     侵略支えた靖国神社
  •     A級戦犯十四人を合祀、韓国・台湾の人も
  •     首相の靖国参拝
  •     途絶えた天皇の参拝
  •     中国の抗議受け参拝やめる
  •     決まらない国立追悼施設

著者紹介

二日市 壮

略歴
〈二日市壮〉1936年兵庫県生まれ。法政大学社会学部卒業。NHK記者として公害などを取材。名古屋大学、中京大学講師を経て渡韓。仁川大学、韓国外大で日本語を教える。共著に「京浜工業地帯」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/08 01:07

投稿元:ブクログ

韓国は日本を仮想敵国にして軍拡している。
中曽根さんの靖国神社参拝中止の背景には、後藤田官房長官の強い反戦意識があった。小渕首相の時の野中官房長官も同じだった。
簡単に謝らない、他人のせいにする、相手が誤れば徹底的にたたく、これが韓国流の喧嘩である。

2014/10/16 19:52

投稿元:ブクログ

本書は、現在の日韓両国関係の原因となっている韓国併合、靖国、慰安婦など歴史的な問題や、韓国の反日の経緯について、韓国側の認識をまずは受けとめ、日本人が自国について問い直すための知識と視点を提供する。その上で、韓国の言い分をそのまま認めるのではなく、韓国に対して主張するべきことは主張するという、日本人が向かうべき方向を示し、隣国だけでなく、広くアジアそして世界との関係の未来像を明るく照らそうとするものである。著者は元NHK記者。

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む