サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 上司の常識は、部下にとって非常識 イライラと気苦労がなくなる部下育成の技術

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

上司の常識は、部下にとって非常識 イライラと気苦労がなくなる部下育成の技術
上司の常識は、部下にとって非常識 イライラと気苦労がなくなる部下育成の技術 上司の常識は、部下にとって非常識 イライラと気苦労がなくなる部下育成の技術

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

上司の常識は、部下にとって非常識 イライラと気苦労がなくなる部下育成の技術

著者 榎本 博明 (著)

上司と部下のコミュニケーションや相互理解を難しくしている時代的背景や、上司と部下の思いがすれ違う理由を解説。職場でありがちな上司と部下の具体的な会話を例にとって、部下の心...

もっと見る

上司の常識は、部下にとって非常識 イライラと気苦労がなくなる部下育成の技術

1,382(税込)

上司の常識は、部下にとって非常識

1,244 (税込)

上司の常識は、部下にとって非常識

ポイント :11pt / 紙の本より138おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

上司と部下のコミュニケーションや相互理解を難しくしている時代的背景や、上司と部下の思いがすれ違う理由を解説。職場でありがちな上司と部下の具体的な会話を例にとって、部下の心理メカニズムを解剖し、その対処法を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

榎本 博明

略歴
〈榎本博明〉1955年東京生まれ。東京都立大学大学院心理学専攻博士課程中退。心理学博士。MP人間科学研究所代表。著書に「「上から目線」の構造」「「やりたい仕事」病」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/26 08:39

投稿元:ブクログ

要するに、上司が部下に接するときには、世代の違いと立場の違いを踏まえなさい、ということだと思います。

とかく若者は「最近の若い人は…」と言われがちですが、世代が違えば育った環境が異なるわけで、その結果として、世代が上の人が若い人を理解できない状態になるのは、もっともなことだと思います。

だからこそ、自分と若い人では違うことを客観的事実として認め、その上で接していくことが大切になるのだと思います。
部下にわかってもらおうとすることよりも、部下を理解しようとすることの方が大切な時代になった、と言ってもいいのかもしれません。

2014/12/15 12:46

投稿元:ブクログ

今どきの部下の扱い方が分からないと感じるのは、その行動の背景にある心理メカニズムが分からないからだと著者は言います。

上司が理解に苦しむ部下の心が読めるようにするために、職場でありがちな上司と部下の具体的な会話を例にして部下の心理メカニズムを解き明かし、どう対処すべきか示してくれています。

また、人格形成に大きな影響をあたえている時代背景を知ることにより、適切な対処法や部下対応力が高まり、部下の信頼を得るために自らの態度や行動のどこを改善すれば良いかも分かるようになってくるでしょう。

上司目線だけでなく部下が上司をどのように見ているかという視点でも書かれているので、理解できないと嘆くだけでなく直すべきところは改善しお互いが歩み寄ることでよりよい職場環境になり、部署全体のモチベーションも高まるはずだとしています。http://businessbook-no-susume.com/

2015/04/11 23:09

投稿元:ブクログ

生きるため、欲しいものを買うためにどんな叱責にも耐え働き続けてきた上司と、小さな頃からキャリアデザインを意識し、やりたい仕事を一生懸命探し、自己主張する事を良しとされてきた部下。環境、価値観が異なることによるギャップをどう上司側が埋めるかを記した書籍。
上司が困ることは、ある程度予測がつくものではあったが、読んで改めて、上司の本当に求めていることを汲み取って働こうと感じた。しかし、鵜呑みにはできない点もある。定時で帰ることに関しても、仕事を終えられていない人が普段どれだけの熱量でもって仕事に臨んでいるかも考慮するべきだと考える。また、人の仕事に気を回し過ぎて、残業する雰囲気を作ってしまっては本末転倒であると考える。いずれにしても、自分の中でバランス・軸を持ち、仕事に臨む事、流されない事が重要であると感じた。

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む