サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

花舞う夜に奪う愛(幻冬舎ルチル文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

花舞う夜に奪う愛 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 和泉桂 (著),yoco (絵)

花宮伯爵家の次男で記者の雪人にとって、兄の親友の売れっ子作家・天笠はよき相談相手。怪盗「夜叉」に遭遇し、唇を奪われた雪人は!?【「TRC MARC」の商品解説】花宮子爵家...

もっと見る

花舞う夜に奪う愛 (幻冬舎ルチル文庫)

680(税込)

花舞う夜に奪う愛

680 (税込)

花舞う夜に奪う愛

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

花宮伯爵家の次男で記者の雪人にとって、兄の親友の売れっ子作家・天笠はよき相談相手。怪盗「夜叉」に遭遇し、唇を奪われた雪人は!?【「TRC MARC」の商品解説】

花宮子爵家の次男で記者の雪人は、兄の親友の売れっ子作家・天笠の推理で出向いた屋敷で怪盗「夜叉」に遭遇し、唇を奪われ……!?【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/01/31 17:44

投稿元:ブクログ

面白かったです。

この作品については、特にオススメポイントが二つあります。まず、一つめは作品の舞台が大正時代であるということ。BLにも明治や大正、はたまた江戸時代が舞台となっている作品ももちろんありますが、コチラは時代背景と作品の雰囲気がうまく溶け合っていて、とても良い感じです。ただ、時代小説っぽいという感じでしかないのは、もう少し時代背景など描き込む必要があったのかなとも思います。
二つ目はBLにはやや珍しい推理モノであることでしょうか。
売れっ子大衆作家(実は義賊夜叉)の晃一も主人公の雪人(子爵家の次男、フリーの記者)も基本的に善い人たちで、アクというものが殆どありません。もう少し醜い部分とかが出でいれば、作品もぐっと読み応えが増したのではないでしょうか。

2017/03/13 04:15

投稿元:ブクログ

▼あらすじ

花宮伯爵家の次男で記者の幸人は、
兄の親友の売れっ子作家・天笠の推理で出向いた屋敷で
怪盗「夜叉」に遭遇し、唇を奪われ……!?

***

表紙だけで100点満点をあげたい作品。
こんなにセンスの良い表紙イラストを描ける絵師さんはそうは居ません。
挿絵も作品の雰囲気に合っていて大変素晴らしく、流石としか言いようがないです。

じゃあ、肝心なお話はというと…若干、イラスト負けしてるといった印象でした。
大正時代、怪盗、推理ものというテーマがとにかく大好物な為、
過度に期待し過ぎた点もあるかとは思うのですが、何ていうか…王道過ぎる??
怪盗の正体も読者にはバレバレだし、大正の雰囲気も思ってたほど
私には感じられませんでした。全体的にあっさりとした印象で、
料理に例えるなら使われている素材は凄く良くて見た目も美味しそうなのに、
いざ食べてみたら味付けが薄いというか、深みが足りないというか…。
うーん…あともう一押し!って感じなんですよね。ああ…本当に勿体無い…。

一見、紳士で常識のありそうな攻めが思ってたより執着じみていた点や、
失踪した受けの兄の行方など意外性があって面白かった点もあるにはあるのですが、
いかんせん物語の世界観にいまいち入り込めなかった為、さくさくっと読んで
最終的にはあまり印象に残らない形で終わってしまいました。
先述した通り、素材はとても良いのでこれでもっと読み応えがあれば
自分の中で最高の一冊になっていたに違いありません。

どうやらスピンオフも出るようですが、そちらには手を出さないかも…。^^;
yoha先生のイラストは文句無しに素晴らしかったので、評価はおまけして★4です。