サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

空へ伸びる都市空間
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.12
  • 出版社: オーム社
  • サイズ:19cm/134p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-274-02420-2
  • 国内送料無料

紙の本

空へ伸びる都市空間 (テクノライフ選書)

著者 原田 鎮郎 (著)

公的な道路や交通機関、都市インフラなどを組み込んだ、都市全体を立体化した規模と様々な機能を複合させた次世代の超々高層建築「ハイパータワー」について、従来の超高層建築からの...

もっと見る

空へ伸びる都市空間 (テクノライフ選書)

1,512(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

公的な道路や交通機関、都市インフラなどを組み込んだ、都市全体を立体化した規模と様々な機能を複合させた次世代の超々高層建築「ハイパータワー」について、従来の超高層建築からの進化論に触れつつ考察。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

原田 鎮郎

略歴
〈原田鎮郎〉1943年東京都生まれ。早稲田大学大学院建築工学科専攻修士課程修了。現在、(株)環境システム研究所代表取締役。著書に「都市居住のフロンティアデザイン」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

都市全体を立体化し,様々な機能を複合させた次世代の超高層建築「ハイパータワー」のイメージを描く

2000/07/17 09:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 限られた土地や空間をより有効に活用するために20世紀に生まれ,発達してきた超高層建築。最近では,超高層建築の次の世代の建築として,従来の超高層建築を,高さにおいても規模においてもはるかにしのぐ,高さ1000メートル・クラスの超々高層建築,極超高層建築またはハイパービルと呼ばれる新種の建築物の出現がささやかれている。
 こうしたハイパータワーが出現すれば,従来の建築の概念は書き換えられ,そこでは人類がかつて経験したことのない生活が営まれることになるだろう。しかしハイパータワーは技術的な問題をクリアするだけでは実現できない。ハイパータワーは単に背の高い建築物というよりも,むしろ都市全体を立体化するといった方がふさわしい,規模とさまざまな機能を複合させた構造物であるからだ。
 本書は,従来型の超高層建築から,このような次世代型のハイパータワーまで,その進化についてふれながら,ハイパータワーのイメージと未来の都市のあり方について語った一冊である。

(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/07 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

建築 ランキング

建築のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む