サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

セーフティ・ネットの経済学
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 日本経済新聞社
  • サイズ:20cm/248p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-532-13183-9
  • 国内送料無料

紙の本

セーフティ・ネットの経済学

著者 橘木 俊詔 (著)

病気、失業、老後など人生上のさまざまな事態に備えるための制度はどうあるべきか。年金、保険、生活保護、預金保険などの分析を通じて問題点を探り、将来に向けて改革案を提言する。...

もっと見る

セーフティ・ネットの経済学

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

病気、失業、老後など人生上のさまざまな事態に備えるための制度はどうあるべきか。年金、保険、生活保護、預金保険などの分析を通じて問題点を探り、将来に向けて改革案を提言する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

橘木 俊詔

略歴
〈橘木俊詔〉1943年兵庫県生まれ。小樽商科大学商学部卒業。現在、京都大学経済研究所教授。著書に「昇進のしくみ」「ライフサイクルの経済学」「日本の経済格差」などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本経済新聞2000/3/12朝刊

2000/10/21 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:八代 尚宏 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 経済活動の国際化のなかで、市場の役割が高まっている。市場機構が円滑に働くためには、セーフティ・ネット(社会的安全網)が不可欠である。本書は、著者の専門分野である公的・企業年金、医療・失業保険、生活保護、生命保険、預金保険等について、セーフティ・ネットという斬新な観点から統一的な視点でまとめたものである。
 セーフティ・ネットの役割としては、(1)万一の事故による被害の最小限度化(2)老齢など予想された事象への備え(3)個人のリスクをともなう積極的な行動の促進等があげられる。この半面、個人が当初からセーフティ・ネットに依存するような制度の悪用(モラルハザード)の問題も生じている。
 こうしたセーフティ・ネットの得失は、(1)政府と民間のどちらが運営主体か(2)個人の強制加入か自由選択か(3)公的制度の場合、その財源は税か社会保険料か等によっても大きく異なる。
 著者の主要な結論は、(1)長期的な家族や企業等、民間の役割の低下と政府の役割の高まり(2)国民生活のナショナル・ミニマムの確実な保障(3)損得勘定に陥り勝ちな保険料方式から社会全体で負担する税方式への移行とされる。
 セーフティ・ネット論では、ナショナル・ミニマムを、どの程度の水準に設定するかが、最大の争点となる。本書では、政府保障の範囲として、公的年金は基礎年金部分に、また医療保険は基礎的医療費を賄う水準にとどめ、その財源を税で賄う「税と社会保障との統合」を提唱している。
 著者は年金改革に関して、民営化等、他の改革論への批判に多くのページを割いている。しかし、著者の改革の論理からすれば、基礎的な所得水準よりも、勤労時の所得格差を老後に持ち越す報酬比例年金や、無制限に近い医療給付を保障する現行の社会保障制度自体への批判を、より明確な形で示す必要性があったのではないだろうか。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

社会保障 ランキング

社会保障のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む